おふろ部

 

最近暑い日が続いていますね。

中には「夏バテして食欲がわかない~」なんて人もいるでしょうか。

私はそんな時、さっぱりとしたものや香りなどで食欲がわくので辛い物が食べたくなります。

辛いものに関しては、食べると汗をかいてなんだかスッキリした気分になります!

つい最近も、韓国料理やショップが多いことで有名な新大久保へ行き辛い韓国料理を食べてきましたが、やはり食べ始めると汗が出てきました。

 

ここでふと思いました。辛い物を食べてさらに入浴することで汗をたくさんかき、倍の痩せ効果があるのではないか?と!!

 

そこで、その関係について調べてみる事にしました!

 

発汗には3種類ある

 

調べているうちに分かったのですが、発汗にも種類があり、それは下の3つに分類されるみたいなのです。

 

①温熱性発汗

気温の上昇や運動や食事などで体温上昇した時に、高くなった体温を一定に保つ働きをしている。

②精神性発汗

人前での発表や試験などストレスや、緊張、不安などの心理的要因によって出る汗のこと。

③味覚性発汗

カレーなど辛い物を食べる事で唾液を多く出し、消化を助けるために出る汗のこと。

 

辛い物を食べてかく汗は③の味覚性発汗で、お風呂に入ってかく汗は①の温熱性発汗になるのです。

韓国には辛い食べ物がたくさんあるので、韓国の方は味覚性発汗する機会が多いから肌が綺麗なのですね!

 

、、、しかし!ここでさらに気になることが!!!

韓国料理の多くに使われている「唐辛子」にはカプサイシンという成分があり、この辛さによってかく汗は、味覚性発汗とは少し違うようなのです。

 

唐辛子に含まれるカプサイシンと美容との関係

 

味覚性発汗は、食物を食べることで、唾液を多く出し、消化を助けるためにでる汗のことであり、一方、カプサイシンは、「脳」と「皮膚」にある温度受容器のニューロンを直接刺激することで汗をかかせるのです。通常の外気温が高くなったときの発汗とカプサイシンによる汗の違いは、前者がまず皮膚温のセンサーが優先して反応しているのに対し、後者は、皮膚温のセンサーだけでなく、脳温のセンサーも同時に反応していることです。また、この脳のセンサーが優位の場合には、交感神経の発汗指令だけでなく、副腎からアドレナリンというホルモンの分泌も促進させます。ちなみにこのアドレナリンは、皮脂腺の新陳代謝を盛んにして、皮脂の分泌を高め、皮膚に油分を供給もしてくれます。ですから、カプサイシンからの汗は、「水分」だけでなく、「油分」も多く含まれていたのです。つまり、韓国料理は、皮膚の「保湿性」と「保油性」の両者を高め、美肌効果に役立っていると言えるのです。

出典:美BEAUTE(ビボーテ)

 

 

ここで私は思いました。

カプサイシンの汗をかいた後、速攻入浴したら美肌成分が無くなるのでは?

辛い食べ物が苦手な人はどうする?、、、と。

 

心配ありません。なんと近年このカプサイシン入りの入浴剤が販売されています。

カプサイシン入りの入浴剤を入れて入浴すると、お湯に溶け込んだカプサイシンが皮膚から吸収されて血液の流れが良くなり、体温が上昇します。結果たくさん汗をかくということなのです!

 

カプサイシンは、唐辛子の辛味をもたらす主成分で、香辛料から抽出されます。代謝を高める効果があるので、ダイエットサポートのサプリや発汗を促す入浴剤などに使われています。

出典:ドクターシーラボ公式通販

 

 

 

始めに言っていた、辛い物を食べてお風呂に入ったら倍の痩せ効果が期待できるのでは!

という私の想像を超えて、痩せ効果&韓国の女性のような美肌に近づく効果もある入浴法もあることが分かりました。

 

みなさん、ぜひお試しください!

 

免責事項

 

 

 

 

chon

chon

楽ちん!時短!一石二鳥!という言葉大好きです。それで好きなことに時間を使えたらSO HAPPY♡おふろ部を通してお得な情報を記事にしていきたいな~と!

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー