この前、高級ホテルに泊まった時に気づいてしまいました。「・・・ん?家のシャワーと違う?なんか気持ちいいぞ!」めったに行くことがないので、その違いにビックリしました!このシャワーを家でも毎日浴びたい!その一心で、ポイントとなるシャワーヘッドにについて調べてみました。

シャワーヘッドの交換

どうやって、どの部分を交換すればいいのか。実は自分で簡単にできるようです。

出典:TOTO

 

イメージはこんな感じ。ヘッドの部分を替えるだけで、OKです。

業者さんに頼まなくても簡単にできるので、ヘッドの購入費のみ!

 

オススメ、シャワーヘッド3選

サロンスタイルシャワー

多くのサロンで利用されているシャワーの構造を家庭用に集約しているシャワーです。

お肌への優しさに徹底的にこだわっています。ステンレス製の精密な散水板は平均0.3mmの水流を作り出します。柔らかな水の流れは肌への刺激が少なく、敏感肌を守ります。

出典:Arromic

一番のポイントはきめ細やかな水流です。商品のレビューによると、「敏感肌の方は肌の調子が良くなった!」など、高評価でした。別売りですが、ビタミンCボールをヘッドの部分に装着することができ、水道水の中に含まれている塩素やカルシウムを除去できます。塩素はお肌や髪の毛にダメージを与え、カルシウムは髪の軋みや汚れの原因になるといわれていますが、塩素を100%除去しカルシウムを低減する効果があります。敏感肌、髪の軋みにお悩みの方は必見です。

それに、見た目がゴージャスですよね。インテリアの1つとして取り入れても、お風呂場の雰囲気が変わりますよ。

アリアミスト ボリーナ

このシャワーヘッドの特徴はシャワー以外の用途で活躍するところです。

micro02

出典:田中金属製作所

 

マイクロナノバブル温浴

ボリーナは、外気を吸入して泡を出すのではなく、特殊構造で水中に溶け込んでいる空気をマイクロナノバブルに変えて放出しています。シャワー本体を湯船に沈めておくだけで、マイクロナノバブルをどんどん出してくれます。

出典:楽天

シャワーから浴槽にお湯を足すだけでオッケー。通常の泡は気泡径が2mm程度ですが、数十ミクロン(1ミクロン=1/1000mm)の泡を発生させることができ、毛穴に詰まった古い脂や角質まで取り除いてくれます。体臭対策にもなりますよ。

 

LEDシャワーヘッド

出典:楽天

水温によって変色するセンサー付きLEDシャワーヘッドです。

・32℃以下→グリーン。

・33℃~41℃→ブルー。

・42℃~46℃→レッド。

・46℃以上→フラッシュレッド。

しかも、水力発電なので、電池不要です。

自宅のシャワーがいきなり、カラフルになれば戸惑いますが(男性目線の感想)、女性は喜んでくれるでしょう(笑)

友達にプレゼントするのも面白いのでは?

 

他にも、調べてみると、いろんなタイプのシャワーヘッドがあります。

購入前に家のシャワーヘッドに適合するか、確認が必要ですが、変換アダプタがセットになっているものを買えば、別のメーカーでも取り付け可能です。

毎日入っている、普通のお風呂が、ちょっとしたアイテムを加えるだけで、特別な空間になります。

あなたも一度、試してみてはいかがですか?