おふろ部

おふろ×アイデア, おふろ×健康

【マスク着用が当たり前になった今だからこそ!】お肌のダメージケア考えてみた

2020-06-17

最近,口周りの肌荒れがきになるひぃやんです。

 

全国的に梅雨に入り,じめじめとした湿気と,近頃は外に出るにもマスクが必須になってしまってメガネが曇ったり息苦しくてしんどいのに,追い打ちをかけるように肌荒れ。

 

いったい何が原因なのか! 思い当たることと言えば・・・

 

マスク

 

花粉症でもないし,メガネがすぐ曇ってしまうこともあり,これまでは風邪をひいた時くらいしか着けてきませんでした。

ですが,この世界的な流行の中しない訳にもいかず,毎日マスクをしています。

思えば,マスクをしだしてから肌荒れが目立つように。しかもマスクに覆われている口周りだし。

 

実際,マスクを長時間着けていることで,おおわれている部分の肌はダメージを受けやすい状態になっているようです。

●マスクで肌荒れする原因

①ムレ

会話・咳・くしゃみなどで飛んだ唾液による雑菌が,マスク内で繁殖してしまい,肌荒れの原因になることも。マスクの中は,高温多湿。雑菌が繁殖しやすい環境なのです。

②乾燥

ムレているから水分はたっぷりあると思いがちですが,マスクを外した直後は肌表面の水分が蒸発し乾燥します。それを長時間放置すると乾燥から肌荒れにつながることも。

③摩擦

マスク繊維と肌がこすれることによって,肌のバリア機能が低下してしまいます。それが肌荒れや乾燥の原因になることも…。

出典:サンドラッグ

もしマスクが原因ならまだしばらくは着用が必要な状態が続きそうだし,肌荒れは今後も避けられない!?

予防はもちろんだけど,すでに肌荒れしてしまってるし,ケアをしっかりしないと・・・。

ということで,自分でできるダメージケアは? と調べてみました。

すると,おふろでやるのが効果的だと思うケア方法にたどりつきました。

 

 

その1 洗顔

口周りの肌荒れですから,なんといっても洗顔が大事。まずはマスク内にこもった雑菌を洗い落としましょう。

おふろでなくてもできるって? 私のようなずぼら人間は何かと一緒じゃないとなかなか出来ないんです。

なので,おふろで一緒にやってしまうのが効率的!

 

普段家で使っている洗顔料でいいので,高密度な泡のほうが洗顔時の肌へのストレスも軽減されるため,たっぷり泡立ててから洗いましょう。

きめ細かく高密度な方が,たくさんある泡と泡の間に洗浄成分を保持して流れ出るのを抑えることができます。つまり,きめ細かい泡はその分,肌への作用が優しいということです。

出典:花王の顔

そして,ゴシゴシと洗いすぎるとかえってダメージを受けてしまうので,やさしく,また洗顔後はぬるめのお湯ですすぐようにしましょう。

メイク落としや洗顔のたびに肌をゴシゴシとこすったり,スクラブ洗顔や毛穴パック,ピーリングなどを頻繁に行ったりしていると,角層が傷ついて水分が逃げやすい肌状態になってしまいます。

(中略)

すすぎは必ずぬるま湯で行い,洗顔料が肌に残らないようすみずみまで洗い流してから,清潔なタオルを肌に押し当てるようにして水気を拭き取ります。

出典:医肌研究所

 

 

その2 保湿

多くの人は普段からされているかもしれませんが,私みたいなずぼらはついつい保湿をさぼりがち。

ですがせっかく洗顔で汚れを落としても,保湿をさぼることで逆に肌ダメージを受けやすい状態になってしまうことも!

洗顔後の肌はとっても乾燥しやすい状態。

それは,洗顔によって肌のうるおいを守る皮脂膜やNMF(天然保湿因子)が一緒に洗い流されてしまうため。

肌のうるおいを守る「バリア」が洗い流されてしまうことで,一時的に肌のバリア機能が弱まってしまい,うるおいが流出しやすく乾燥しやすい状態になってしまうのです。

出典:Dr.PHIL

なので,化粧水と乳液を使った保湿は必須です。おふろ上がりにまとめてやっちゃえ!

化粧水には洗顔によって汚れと一緒に流された水分を補う役割が,乳液には肌に膜をして水分蒸発を防ぐ役割があるので,化粧水→乳液の順番で使い,洗顔で洗い流したうるおいを守る「バリア」を再構築!

 

洗顔と保湿は,普段から毎日の入浴とセットでされている方も多いとは思いますが,それぞれの役割まで考えたことは少ないのではないでしょうか。この機会にマスクによる肌荒れも意識しながらケアをしていきましょう。

 

 

その3 よく寝る

おふろ関係ないやん! ですが,大事です。

どれだけ気を付けて洗顔,保湿をしたところで良くならないこともありますよね? それって,体自身の肌荒れ改善能力が不足している可能性があるんです。

 

私たちの肌は,一定のサイクルでターンオーバーをして新しい肌へと生まれ変わりますが,睡眠中により活発になります。

すこやかな肌を保つためのターンオーバー(肌代謝)は睡眠中に活発化します。

出典:ハイチオール

そのため,寝不足になるとこのサイクルが乱れてしまい,古い角質が肌表面に残ったままになるなど,肌荒れの原因になってしまいます。

 

なので,洗顔・保湿が大事なのはもちろん,まずしっかりと寝ること!

 

 

さて,お肌のダメージケアを挙げましたが,多くの人はもともと当たり前にされているケア方法かもしれません。

ですが,「マスク常時着用が当たり前な日常」に変化してきている今,これまで以上に気を付ける必要があるのかもしれませんね。

私のように「これまで気にしてなかった」けど,マスクを着けるようになって気になりだした人も,ダメージケアを見なおしてみてはいかがでしょうか?

 

 

さらに,これからの季節で日焼けによるダメージも気になる方は,こちらの記事も参考にしてみてください。 夏の肌は疲れ気味】日差しで弱った肌は、〇〇〇でじっくりケアを♡

 

 

免責事項

 

ひぃやん

ひぃやん

足を伸ばしてゆっくり湯船に浸かることがお風呂での幸せだと感じるアラサー社会人♂下戸だけど、露天風呂でお酒を嗜む贅沢にあこがれています

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー