おふろ部

おふろ×アイデア

【ちょっと意外!】暑い夏に最適な水風呂に秘められた効果とは!?

2016-08-20

各地で猛暑が続き、過ごしにくい日が続きますね。
みなさんはいかがお過ごしですか?
僕は少し外に出るだけでも暑すぎてすぐに汗ばむという毎日を過ごしています(笑)
日中、すぐに汗をかいて不快に感じる方や暑すぎて気が滅入っているという方も多いかと思います。
そこで、今回はそんな方たちにリフレッシュも兼ねてオススメしたいのが多彩な効果を持つ水風呂です!

 

そういえば水風呂の温度って?

人それぞれの好みにもよりますが、日本人の一般的な入浴温度は大体40℃前後、半身浴を行う場合はぬるめの38℃前後だと言われています。一方、水風呂の入浴温度は蛇口をひねると出てくる水道水と同じ位の16℃~24℃です。

この通り一般的な入浴温度と比べてかなり温度が低いため水風呂に入る際は注意が必要となります。

 

水風呂の正しい入浴方法!

いきなりザブーンと水風呂に入ると急激な温度変化で心臓や血管に大きく負担をかけてしまい危険です。

また、このようなツイートもあるためしっかりと冷水に体を慣らしてから入浴することをオススメします。

しっかりと冷水に体を慣らしてから入るための入浴方法は次の通りです。

 

順番に手足の四肢にかけ水をして温度差になれる必要があります。その後下半身、腕、肩と心臓から遠い順に水風呂のかけ水をしていきます。そして最後にゆっくりと水風呂に下半身だけをゆっくり入れて、その後上半身と全身を水風呂に浸していきます。
出典:武蔵小山温泉 清水湯

 

なんだか必ずかけ水をしてから入水する水泳の授業と似ていますね!(笑)

 

ちなみに長時間入ると体が芯から冷えすぎて体に負担がかかるため入浴時間は5~10分程度が適切です。

また、入浴タイミングは「【最高のリラックス!】暇な日のたった1時間?昼風呂とは!」にもあるようにお昼のほうがよりリフレッシュできて良いかもしれませんね!

 

水風呂に秘められし多彩な効果とは?

d7f0e5cd9298ca459ea6b85739fadfcb_s

実は、水風呂には単に冷たくて気持ちがいいということだけでなく様々な効果があります。

 

1. 美肌効果

冷水により汗腺が刺激され肌が引き締められます。加えて、温度変化による血管の収縮によって血行が促進され新陳代謝を向上させるためハリのある若々しい肌を保ちやすくなります。

 

2. ダイエット効果

水風呂に入り体温が低下し始めると、体は体温を維持しようと脂肪を燃焼させカロリーを消費するためダイエットにつながります。

 

3. 免疫力UP効果

温度変化により血管が活発に収縮し強化されることで内臓機能の正常化につながり体の免疫力がUPします。

 

最近では美肌効果やダイエット効果、免疫力UP効果以外にアトピー性皮膚炎や花粉症の改善にも効果があると言われているそうです!

 

参照:なごみの湯

 

さて、水風呂の効果についてはここまで!

浴槽に水を溜めるだけなので実際に僕も入ってみましたよ!

 

自宅で水風呂、入ってみた

自宅で水風呂に入ったのは初めてでしたが、ひんや~りとしてすごく気持ち良かったです!!

冷房の効いた部屋もいいですが、クーラーとはまた違った涼しさでリフレッシュできました。

お風呂から出た後の爽快感もgood!

クーラーの効いた部屋ではこの爽快感、味わえないと思います。(笑)

お昼前ぐらいに入ったので気分もスッキリし、有意義な午後を過ごせました。

まだまだ暑いのでまた入りたいと思います!

 

また、Twitterのあちらこちらで水風呂気持ち良いとのツイートも!

 

※水風呂は心臓や血管への負担が大きいため心臓疾患や高血圧の高齢者の方などは控えることをオススメします。

 

 

 

いかがでしたか?
たくさんの効果を持つ水風呂、暑い夏こそ気持ちよく入浴できると思います!!
ぜひ、リフレッシュも兼ねて試してみてはどうでしょうか?

やましお

やましお

兄一人、妹一人の次男坊。 おふろの中ではたいてい好きな音楽を聴いて過ごす男子大学生。 いつかおふろにテレビを設置し、ライブ映像を観ながらお湯に浸かるのが目標です(笑)

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー