おふろ部

おふろ×グッズ, おふろ×美人

【乾燥&花粉が気になる方必見】温泉がミストに?今オススメしたい”化粧水”とは

2019-05-03

初めまして。

ころんと申します。

 

春になると花粉症に悩まされ、寒くなると風邪に悩まされている大学生です。

独学で外国語(今は英語と韓国語)も勉強していますが、

日本語がちゃんと喋れてないと、周りからよく言われます(笑)

 

数多くあるサイトの中から見ていただきありがとうございます。

 

 

皆さん、お風呂からあがった後に、乾燥が気になることありませんか…?

メイクを落としたり、タオルで顔を拭いたりした後にも、

顔がパリパリになりやすいですよね…

そして、花粉のシーズンが本番になった今、

より肌が敏感になることもありますよね…

そんなあなたにおススメしたいある化粧水があるんです!

それは……

 

アベンヌウォーター という商品です!!

 

簡単に商品の説明をすると、

アベンヌ シリーズは、「肌にいい水」アベンヌ温泉水のはたらきで、肌本来のチカラを呼び覚ますスキンケア製品です。
出典:アベンヌ公式ホームページ

 

 

今回、おふろ部のネタ探しに何を紹介したらいいのかと、

家の中を探していたところ、このアベンヌウォーターを見つけました!!

 

アベンヌウォーターは、フランスの温泉水が使われていることを

以前から知っていた知っていた私は、

これって温泉水から作られてる商品だし、

おふろ部にもってこいじゃない?と思い、

このテーマにしてみました。

 

 

実際に、私も去年の春くらいから使い続けています。

 

私のバイト先がドラッグストアで、肌の調子が良くなかった時、

たまたま、お店で推していた商品がアベンヌウォーターでした。

 

評判も良かったので、試しに買ってみようと思ったのがきっかけです。

ミストが本当に細かくて浴びる時に気持ちいいんです。

 

何するにも肌が敏感になってましたが、ピリピリすることなく使えたから、

これはいけるかもと思って使い続けました。

 

ただ、潤いとしての化粧水として使う分には、

ちょっと物足りないかなって感じで…

 

そしたら、ある口コミを見つけたので、

なるほど〜と思い、

今では、お風呂上がりのスキンケアの時、

化粧水をつける前にプッシュしたり、メイクの時にプッシュしたりしてます。

 

化粧水をつける前に付けると、本当に入りやすいし、

成分も安心なので、私の場合は肌が荒れたということは無いです!

 

 

そして、気になる方もいるでしょう・・・

本体のサイズ!

 

なかなか一気に全サイズ揃えてみることは難しいと思うので、

私が実際に揃えてみました!!!

 

 

 

\じゃじゃ~ん/

 

左からLサイズ(300g)、Sサイズ(150g)、J サイズ(50g)の3サイズです。

 

Lサイズが、めちゃくちゃ大きいですよね。

A4ファイルと比較しても、大きいことが分かると思います。

あと、ちょっと重たいかなと。

使い慣れてきて、量がもっと欲しかったり、

気兼ねなく使いたかったら、このサイズ!

 

Sサイズは、量的に、家でも持ち運びでも使えるオールマイティー派かなと思います。

買う際に迷うなら、このサイズがおすすめ!

 

Jサイズは、本当にコンパクトなので、

小さい鞄でお出かけする時や、ポーチに忍ばせるのはぴったりのサイズです!

金額的にも優しいので、気軽に試したいならこのサイズ!

 

価格は、Jサイズが529円、Sサイズが1,620円、Lサイズが2,376円

(すべて税込、2019年3月現在) となっています。

この価格は、私のアルバイト先のドラッグストアでの価格です。

店舗や通販サイトによっては、多少ばらつきがあるかもしれませんが、

ご参考までに。

 

 

 

 

 

 

お風呂の後のスキンケアから夏の暑~い時期や

冬の乾燥がひどい時期まで一年中さらっと使えるアベンヌウォーター。

 

お風呂からあがった直後、スキンケアすぐにするのは面倒くさいなと思っても、

とりあえず、シュシュっと振りかけるだけでいい点、私のおすすめです!

 

フランスにわざわざ行かなくとも、このアベンヌウォーターさえあれば・・・

いつでもフランスの温泉に浸かった気分になれる・・・かも?(笑)

 

今日からあなたもアベンヌウォーターを使ってみませんか?

興味のある方は是非お試しください!!

 

 

 

免責事項

ころん

ころん

長風呂大好き人間です。38度くらいのお湯が1番が落ち着きます。"風呂は命の洗濯よ"というセリフが某アニメ作品にありますが、私は案外そうでも無い派です(笑)

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー