おふろ部

おふろ×アイデア

【学生必見!】温泉にタダで入れるバイトって…?

2017-12-25

みなさんこんにちは!おふろ部ライターのたまです!

突然ですが、みなさんは旅行は好きですか?私は大好きです!でも旅行に行くとどうしてもお金がかかってしまいますよね…そこでお勧めしたいのがリゾートバイト、通称リゾバです。

 

リゾートバイトとは?

リゾートバイト(リゾートアルバイト/リゾバ)とは、ホテル・旅館・スキー場・ペンション・テーマパーク・農家などの北海道~沖縄までの全国優良リゾート施設にて寮に住み込みで働く仕事(派遣、アルバイト、正社員)になります。リゾートバイトのお仕事の期間は、短期、夏休み、スキーシーズン、冬休み、春休み、行楽シーズン、GW、年末年始、常用(正社員・契約社員)など、多数あります。

つまり!

旅行に行くお金がないのなら旅行に行ってお金を稼いでしまおう

ということです。

 

 

通常リゾートバイト(以下リゾバ)は1週間の超短期から3か月を超える長期まで様々な形態があります。今回お勧めしたいのは1~2週間のプチリゾバです。

 

どうして1~2週間なの?

上記のとおりリゾバでは様々な期間を設定して働くことができます。つまり、最初は1~2週間だけ働いてみてその土地、その仕事が気に入ったら延長をしていくという形が最適なのです。また、友人と一緒に働くことができるリゾバ先も多く存在するため、働くときはきちんと働き、休日に思い出を作りたい人たちなどは1~2週間の短期のリゾバをお勧めしています。

 

リゾバ先ってどんなところがあるの?どこがおすすめ?

夏であればプール、冬であればスキー場などでも募集が行われていますが、1年を通して募集が行われていることの多い全国各地の温泉街での就業をお勧めします。まずは行ってみたいところに行くのが1番です。また、後述しますが、温泉地で働く場合、働く施設によっては温泉が入り放題、休みの日に温泉めぐりし放題という点が非常に魅力的です。

 

 

リゾバってどんな人が行くの?

リゾバに行ってお金を稼ぐ人たちは大きく2種類にわかれます。

①住み込みで働くことによってまとまったお金を稼ぐことが目的の人

②旅行や観光が目的の人

多くのサイトでは①の人たちにスポットを当てた内容が多いと思うので今回は②の旅行や観光が目的の人の視点から見たリゾバのメリットをご紹介します!

 

 

リゾバってなにがいいの?普通のアルバイトと何が違うの?

①滞在費、交通費がかからないことが多い

②現地に長く滞在することができる

③現地の方と交流することでその地のディープなスポットに行ける

④滞在先のホテルの温泉に入り放題

 

①滞在費、交通費がかからないことが多い

リゾバの最も大きいメリットはこれです!あくまで、現地で住み込みで働くという形で派遣されるため、多くの旅館で滞在費ナシ、交通費支給のところがほとんどです。なかには食事提供のあるリゾバ先もあります。(派遣先や派遣会社によって条件が異なることがあるため、実際に行く場合は募集要項を確かめてくださいね)

 

 

②現地に長く滞在することができる

①であったように滞在費がかからない上に住み込みで働いているので現地でお金を使ってもマイナスになることがほぼありません!筆者は1週間鬼怒川でリゾバをしていたことがあったのですが、鬼怒川温泉駅周辺の日帰り温泉を10湯以上まわりましたが稼いだ分と使った分を差し引いてもいくらか手元に残るほどでした。通常の旅行と比較しても予算がかなり増えるので有意義に空き時間を過ごすことができます。

 

③現地の方と交流することでその地のディープなスポットに行ける

通常の旅行はパンフレットやインターネットに載っているおすすめ情報をもとに計画を立てて、なるべく多くのスポットを巡る…というような手順が一般的です。しかし、長期間滞在できるリゾバであれば一緒に働いている方々から多くの現地の情報を得ることができ、観光客がいないようなディープなスポットにたくさん行くことができます。これもまたリゾバならではの体験ではないでしょうか?

 

④滞在先のホテルの温泉に入り放題

これも滞在先によって異なるのですが多くの温泉旅館で住み込みで働く場合お客さんの少ない夜の時間、早朝の時間であれば温泉に入り放題!筆者も滞在中は早朝に温泉に入ってからお仕事に向かっていました。

 

以上、旅行に行くお金がないのなら旅行に行ってお金を稼いでしまおう!リゾートバイトのススメでした!

次回はリゾートバイトのおすすめ条件、実際に行ってみた体験記をお届けします。

 

さすらいのたま

さすらいのたま

東大温泉サークルOKRメンバー。湯上りのオロナミンCと嵐を心から愛し、自宅に常に10本はストック。最近はMMDにはまったりといろんなことに手を出している。

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー