おふろ部

おふろ×アイデア

【検証】バスを3日で1万1000円分乗り回せるのか? in 九州【前編】

2018-05-07

こんにちは!温泉大好きはしもです。春って、暑くもなく寒くもなく、絶好の旅行シーズンですよね!

普段とはちょっと違う旅行をしてみたいというあなたに、九州のバス乗り回し旅行をご紹介しましょう。

ところで、「なんでおふろ部でバスの記事書いてるの・・・?」と思ったあなた、バス(bath=おふろ)つながりで書いてるだけで特におふろは関係ないと思っていませんか?

そんなことはありません!当然、温泉を楽しみながらバスを乗り回すのです!これを読めばあなたも九州バス(bath, bus)旅行に行きたくなるでしょう。

 

 

3日で1万1000円!衝撃のコスパ切符とは

 

3日で1万1000円というのは、「 SUNQパスという九州のバスフリーパスのお値段です。

 

出典:「ご利用可能路線」-SUNQパス

 

路線図を見てもおわかりのように、SUNQパスは、九州を走るほぼ全てのバスに乗り放題というトンデモナイ切符なのです。路線バスといっても、高速バスも含むので、色々な場所をめぐるのにピッタリなのです。

SUNQパスのどこがスゴイのか、僕なりに3つにまとめてみました。

 

  1. ①安い
    1万1000円のモトは簡単にとれてしまいます!
  2. ②何でも乗れる
    夜行バスや空港リムジンなども乗れるので行きたいところに簡単に行けます!
  3. ③わかりやすい
    ほとんどのバスに乗れるので、乗りたいバスでSUNQパスが使えるかどうか気にする必要がありません。

 

出典:「九州島内のバス乗り放題、SUNQパスとは?」-SUNQパス

 

ただでさえほぼ全てのバスが対象路線だから迷わずに済むのに、バスの車体に利用対象かどうかステッカーが貼ってあるおかげでいっそうわかりやすくなっているのです。

ちなみに、1万1000円は九州全土が乗り放題の「全九州版」3日間のお値段で、その他にも「北部九州3日間」、「南部九州3日間」、「全九州4日間」と全部で4種類のフリーパスが発売されています。

SUNQパスは「全九州4日間」「全九州3日間」と「北部九州3日間」「南部九州3日間」の4種類あります。

1.「全九州」は九州全7県+下関を回れて、3日間11,000円、4日間14,000円。

2.「北部九州」は下関、福岡、佐賀、長崎、大分、熊本をおトクに回れて、3日間9,000円。

3.南部九州」は熊本・宮崎・鹿児島をおトクに回れて、3日間8,000円。

出典:「九州島内のバス乗り放題、SUNQパスとは?」-SUNQパス

 

自分の行きたい範囲や日数に合わせて種類を選べるのが魅力ですね。

 

 

病みつきになる高速バス乗り回し

 

ということで、さんざんSUNQパスの魅力をお伝えしてきましたが、ここからは実際の活用例をご紹介します。

春休みの3日間を使ってさんざんバスを乗り回した時の旅行記です。

 

ここからは、この表を使っていくら分トクしたのかを書いていこうと思います。

 

会社 区間 定価 所要時間 これまでの
トクした分
備考
 ○○交通  △△→×× x,xxx円  x時間xx分  ▲11,000円

 

いきなり宮崎県縦断!

旅のスタートは宮崎県北部の延岡市。延岡に本社を構える旭化成の工場を見て満足したのですぐにバスに乗ります。

 

 

会社 区間 定価 所要時間 これまでの
トクした分
備考
 宮崎交通  延岡駅→
カリーノ宮崎前
1,500円  1時間50分  ▲9,500円

延岡と宮崎を結ぶ高速バス「ひむか」は、1時間に1本出ていて予約不要なので簡単に乗れます。ぐっすり寝ていたらいつの間にか宮崎市に入っていました。せっかく宮崎市に来たので チキン南蛮発祥の店でチキン南蛮を味わい、少し街中を散策しました。

 

 

雨が強くなってきたのでサッと路線バスに乗り、宮崎駅に向かいます。こういう時にお金を気にしなくていいのが楽でいいですね。

会社 区間 定価 所要時間 これまでの
トクした分
備考
 宮崎交通  県庁前→
宮崎駅東口
200円  10分  ▲9,300円

 

 

コンセント・Wi-fiつきの快適バスも乗り放題!

宮崎から熊本県を目指します。乗るバスは、九州新幹線に接続するために用意された「B&Sみやざき号」。コンセント・Wi-fiつきの超快適なバスも、SUNQパスがあればタダで乗れちゃうんです!

会社 区間 定価 所要時間 これまでの
トクした分
備考
 JRほか  宮崎駅→
新八代駅前
4,720円  2時間20分  ▲4,580円  宮交窓口で
予約が必要

新幹線に合わせておよそ1時間に1本出ているこのバス、乗車には宮崎交通の窓口で座席指定を受ける必要があるのでご注意を!

 

インターネットをしながら外を眺めているうちに、すぐ新八代駅に着きました。ここから今日泊まる水俣市まではいい時間のバスがないため、鉄道を使います。水俣駅までの料金は普通列車で1,410円でした。

 

 

コミュニティバスを使いこなして穴場も楽々

 

この日の宿は、水俣駅からバスで30分あまりの湯の鶴温泉にしました。バス(bus)旅でおふろ(bath)……ってしつこいですね(笑)。湯の鶴温泉は山の中にあって車でないとたどり着けないのですが、水俣市営のコミュニティバスが出ているおかげで運転に自信のない僕でも簡単に行けてしまいます。

会社 区間 定価 所要時間 これまでの
トクした分
備考
 水俣市  水俣駅→
湯ノ元
300円  35分  ▲4,280円

 

 

1泊3食つき5,000円の驚安温泉宿が最高すぎる

泊まったのは「喜久屋旅館」。レトロな建物といい、源泉かけ流しの温泉といい、美味しくてボリュームも申し分ない食事といい、きれいで広いお部屋といい、全てが大満足でした。

 

 

これで1泊5,000円ってヤバくないですか!?

ちなみに、温泉の泉質は「単純硫黄泉」でした。かすかなとろみが特徴で、硫黄くさくありません。

 

出典:「あんしん・あんぜんな温泉利用のいろは 平成26年8月」のパンフレットの一部を抜粋

 

硫黄泉は殺菌効果が高く、アクネ菌によって引き起こされるニキビにも効果があります。前日に脂っこいものを食べてベタついていた肌がすっきりしました。

また、飲泉も行われていて、まろやかな温泉水を飲むこともできました。糖尿病・高コレステロール血症が飲用の適応症(効果のある症状や状態)なので、体にかなり効くと思います。

 

水俣でじっくり環境学習

2日目ももちろんバスに乗って一日が始まります。 市のホームページを見れば、コミュニティバスの路線図と時刻表が調べられて便利です。

会社 区間 定価 所要時間 これまでのトクした分 備考
 水俣市 湯ノ元→
陣原団地前
300円  45分  ▲3,920円

最初に訪れたのは「 水俣病歴史考証館」。

水俣病事件の訴訟の際に掲げられた黒地に白で「怨」と染め抜いた旗や、汚染された海水を与えて水俣病が発症することを確認する実験に使われたネコの檻など、水俣病事件に関する生々しい資料がたくさん展示してありました。

 

 

そして、エコパーク水俣も訪れました。有機水銀による汚染が最もひどかった百間湾を埋め立てて作られた広い公園で、チッソ水俣工場の排水溝跡が残されています。慰霊碑や 水俣病資料館も見てきました。現在、水俣市が水俣病事件とどのように向き合っているのかがよく感じ取れました。

 

 

温泉もしっかり楽しむ

会社 区間 定価 所要時間 これまでのトクした分 備考
 九州産交 水俣病資料館下
→つなぎ温泉前
520円  30分  ▲3,420円

1日歩き回った疲れを癒すために訪れたのが「 つなぎ温泉」。入浴料金400円に100円を追加すれば、モノレールに乗って小高い山の中腹に作られた展望露天風呂に入ることができます。スタッフの方に声をかければいつでもモノレールを動かしてくれるので、自分のペースで絶景温泉を楽しめます。

ここも泉質は単純温泉でしたが、湯の鶴温泉とは違ってアルカリ性が特徴です。

 

単純温泉……なめらかな肌あたりで、ざらつきや汚れをやさしく落とすせっけんと同じような作用がある。(中略)入った後は、いらないものをすっかり落とした肌になっているので、お手入れのチャンス。できれば10分以内に保湿ケアを行えば美容効果は倍増する。

出典: 「温泉の美容効果を高めるための『泉質選び』『入浴作法』」-女性自身

 

石鹸と同じアルカリ性のお湯なので、たくさん歩いてベタついた肌をサッパリしてくれました!

終バスで途中下車したため次のバスはありませんでした。友達と一緒に泊まる八代の宿までは鉄道で向かいます。駅にも近くて安心ですね。津奈木駅から八代駅までは、1,130円でした。

 

 

これだけは覚えてほしい!SUNQパスの魅力

 

3日間バスを乗り回す九州バス旅行、今回は2日目まで書いて残りは次回に回したいと思います。あらためて、僕がさんざんお世話になった「SUNQパス」の魅力をまとめました。

 

  1. ①びっくりするほど安い
    11,000円で購入したSUNQパスですが、2日目終了時点であと3,420円使えばモトが取れる状態に。
  2. ②とにかく何でも乗れる
    コンセント・Wi-fiつきで4,720円のバスがSUNQパスで乗れちゃうなんてコスパ良すぎですよね!
  3. ③何でも乗れるからわかりやすい
    「雨降ってるし今来たバスに乗るか~」ができてしまうわかりやすさ、ストレスフリーに楽しめます。

 

次回は逆転サヨナラホームラン並のSUNQパス使い倒しを披露したいと思います。2日間であと3,420円でモトが取れるところまで使い倒した僕のSUNQパスは、あといくら分使われるのでしょうか……?

次回に乞うご期待!

 

 

※バスの運賃などは2018年4月現在です。

免責事項

はしも

はしも

温泉大好き東大生。2017年は1年で100ヶ所以上の温泉を訪れました。東大温泉サークルOKRの代表として、日々温泉と真剣に向き合っています。温泉以外の趣味は、鉄道と料理。温泉旅行の合間に楽しんでます。

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー