おふろ部

おふろ×グッズ

お風呂に浮いている「あの汚れ」を手軽に取ってキレイなお風呂に!

2017-09-13

 

 

9月に入り、だいぶ涼しくなってきて、

よりいっそうお風呂が恋しくなる季節になってきましたね♪

 

そんなウキウキした気分でいざ浴槽に入ろうと思いフタを開けたとき、

こんな経験をしたことのある方いるのではないでしょうか?

 

「なんだこりゃ!!!???(;゚Д゚)」

「白いモヤモヤしたものとか謎の毛が浮いてる!!!!」

「きたねええええええ!!!」

 

と。(笑)

 

 

そう、浴槽に浮いている湯アカや髪の毛です・・・!!

 

特に私は、父や兄が入った後なんかは正直入る気が失せるときもあります(笑)

 

しかも、その汚れを桶などですくおうと思っても、

上手くすくえなかったり、一緒にお湯を流すためお湯を無駄にしていて

お湯がもったいないな、もっと簡単に取れたらいいな~と思うこともありました。

 

そう思っていた矢先!!

便利グッズの宝庫、ダイソー様でそんな悩みを解決できる便利グッズ見つけました!

それがこちら!!

『パッチン!お風呂ネットワイド』(税込み108円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのグッズは、

お風呂の湯アカや髪の毛を、簡単にキャッチ!

玉をはじくだけで、ゴミ捨てラクラク!

ネットだから節水もできる!

 

という、汚れを簡単にすくえて、ゴミも楽に捨てられる、また節水もできるという

私の願いが実現したかのような素晴らしいグッズです!!

 

使い方はこちらです!

 ①まず、このグッズの表面(いわゆる玉がついていないほう)を使って浴槽に浮いている湯アカなどをすくう。

②髪の毛や湯アカなどが溜まったら、表面をゴミ箱・ゴミ袋に向け、裏面の玉を5㎝くらい引っぱり、はなす!!

③玉がネットを弾き、すぐにネットはきれいに!!

 

 

実際に私のお風呂で試そうと思い、浴槽を見てみると、

なぜか今日に限っていつもよりキレイで、髪の毛1本しかなかったのですが、

せっかくなのでこのグッズですくってみました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお!!思ったよりも簡単にとれました・・・!!(笑)

 

ん~。本当はいっぱいゴミが溜まってそれをパーーン!と

はじいて捨てるところを見せたかったので、

浴槽の汚れではないのですが、ティッシュペーパーを濡らしたものを

このネットにつけて、どのくらい簡単に汚れが取れるのか実験してみました!

 

・ネットに濡らしたティッシュペーパーをのせる。

(※見やすいようにティッシュペーパーに色を付けています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ネットの表面をゴミ箱に向けて裏返し、裏面の玉を引っ張る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・玉をはなす!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回玉をはじいただけで、結構な量のティッシュが落ちました!!

しかし、まだ微妙に残っているのでもう一度やってみます!

 

・ティッシュペーパーが残ってる上側(やじるしの方)に玉を移動させ、引っ張る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・玉をはなす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おお!!今度はほとんど落ちました!!やったー!!( *´艸`)

 

ネットについた汚れを捨てる際、手を汚さないでゴミ箱に捨てられるのは

かなりありがたいですね!!

 

しかも、このネットの裏面の玉は、上下に位置を移動させることができるので、

ネットに汚れが残っても、キレイに取ることができます!

 

そして、なんといってもこのグッズはネットになっているため、

無駄なお湯を捨てることもなく、節水にもなるというのが最高です!!

また、100円で買えるというのもコスパが良すぎます!!

 

これで、父や兄のお風呂の後でもキレイなお風呂に入れる~!(*´▽`*)

出典:TOTO

今回は、簡単に汚れが取れて、節水もできる!

そんな便利グッズを紹介しました!

 

皆さんもぜひこのお風呂ネットを使い、きれいで居心地の良いお風呂タイムにしてみてくださいね!♪

 

ぴぴちゃ

ぴぴちゃ

入浴後に脱衣所でYouTubeを見ながら、髪の毛をタオルドライするのが日課なぴぴちゃです◎いつの間にか1時間以上脱衣所にいたりします(笑)お父さんが帰ってきたら、脱衣所を抜け出してますε≡≡ヘ( ´O`)ノ

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー