おふろ部

おふろ×アイデア

たまには贅沢を♪花火と温泉の両方楽しめる旅館3選☆

2016-08-17

お盆休みも終わると、あっという間に夏が終わってしまいますよね。。。

夏の風物詩である花火大会!皆さん、今年はもう行かれましたか?

 

花火大会って見ている時はすごくきれいですが、どこへ行っても暑いし、人がいっぱいで疲れますよね~。。。

そこで今回は、お風呂にゆっくりと浸かりながら、誰の目も気にせず花火を見ることができる旅館をご紹介します!!!

 

1.【城崎円山川温泉】 銀花

兵庫県豊岡市にある城崎温泉は、外湯巡りが基本となっており、川沿いには7つの外湯が並んでいます。その歴史は深く、平安時代から続いているといわれています。銀花は、客室から花火の見ることができる旅館です。

自分だけの空間で花火を楽しめたら幸せですよね~!!

【城崎温泉 夢物語2016 夢花火】

開催期間:2016年7月25日(月)~8月24日(水)の間、8月10日(水)~15日(月)を除く平日

打ち上げ数:約200発(各日)

 

2.【熱海温泉】 湯の花膳

熱海温泉は、“日本の三大温泉”の一つとも言われており、一生に一回は行ってみたい憧れの温泉ですよね。

湯の花膳では、客室から花火を見ることができ、打ち上げ会場は目の前だそうです。

花火大会は、一年を通して行われているため、夏以外でも楽しめます!

【熱海海上花火大会】

夏の開催日:2016年7月24日(日)、29日(金)、8月5日(金)、 8日(月)、18日(木)、21日(日)、26日(金)

打ち上げ数:約5,000発(各日)

 

3.【洞爺湖温泉】 ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート

洞爺湖(とうやこ)温泉は、“北海道三大美景”の1つにも数えられるカルデラ湖・洞爺湖と有珠山の眺望が自慢の温泉です。

火山と共に生きることを受け入れて立ち上がった町で、花火だけでなく、自然の威力と美しさも感じとることができるそうです。

もちろん、ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾートの展望風呂付き客室からはゆったりと花火大会が鑑賞でき、春から秋まで毎日楽しめます♪

【洞爺湖ロングラン花火大会】

開催期間:2016年4月28日(木)~10月31日(月)

打ち上げ数:約450発(各日)

 

まだ夏は終わっていません!

今回ご紹介した3つの旅館は、まだ花火大会が実施している場所なので、「まだ見ていない!」という方は、是非この夏のご褒美に、温泉にゆっくり入りながら花火を楽しんではいかがですか?

オッキィ

オッキィ

姫路出身・神戸勤務・20代後半・社会人。昔から末端冷え症が悩みで、冬はお風呂で温まらないと眠れません。おふろ部を通じて『おふろ』の新たな価値を見出したいです!

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー