おふろ部

アイテム全体写真

みなさん、はじめまして!

シャンプーは必ず2回するという謎のこだわりを持っているkottieです!

 

 

最近、ようやく海外旅行が解禁され始めましたね✨

 

しかし…

「気分転換で海外旅行に行きたいけど、やっぱりまだコロナが怖いから、なかなか決心できない…。」

「海外旅行に行きたいけど、そもそもお金貯まってないしなあ(´;ω;`)」

 

 

そう思っているそこのあなたっっっ!!!!

実は、お風呂で簡単に外国を感じることができる商品があります!!

 

 

その名も「リトルアナザートリップ」

アイテム全体写真

 

この商品は、「もう一つの旅」をコンセプトに、さまざまな国のバスソルトを集めた商品になっています。

 

友人からプレゼントしてもらい、このアイテムに出会いました

見た目が可愛すぎて、なかなか使用する決心がつきません(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

では、さっそく気になるバスソルトの国を紹介します\(^_^)/

 

 

 

まずは、イタリア

リトルアナザートリップ イタリア

古代ローマの時代に公衆浴場があったぐらいですから、イタリアは外せませんね!

リトルアナザートリップの中では、「イタリアン プーリアソルト」と名前が付けられており、アドリア海の海水を使用し、イタリアのプーリア地方の塩田で作られた天日塩らしいです。

自宅で気軽に「テルマエ」を感じてみませんか?

 

 

お次は、パキスタン

リトルアナザートリップ パキスタン

パキスタンと温泉…なかなかイメージがつかない…

でもその分、どんな感じのバスソルトなのか、気になりますね!

こちらは「ヒマラヤ ロックソルト」といって、ミネラル豊富な岩塩だそうで、太古の地殻変動で閉じ込められた海水が長い年月をかけて結晶化したものです!

このとてつもない年月をかけてつくられた自然塩をぜひ肌で感じてみたいところです。

 

 

3つ目は、イスラエル

リトルアナザートリップ イスラエル

イスラエルは日本の四国ほどの大きさですが、実はイスラエルには大小合わせて5つほど温泉があるんです!意外に多くの温泉を有しているイスラエルのソルトは、「デッドシーソルト」。名前の通り、ミネラルが凝縮された死海の塩なんだとか!

死海は美容アイテムに使われることも多く、ツルツルお肌を期待できるかもしれませんね。

地表で最も低い場所にある塩湖の塩、お風呂で感じてみませんか!?

 

 

4つ目は、オーストラリア

リトルアナザートリップ オーストラリア

オーストラリアは日本と異なり、元々バスタブにつかる習慣がないそうで、温泉というイメージもわかないですよね…。そんなオーストラリアのバスソルトは、「オーストラリア マーメイドソルト」。名前もなんだか可愛いですね!

南極からきている南オーストラリアの海水を天日塩にさせたものになっているそう。

 

 

そして最後は、フランス

リトルアナザートリップ フランス

フランスの温泉は、医療用としてローマ時代から親しまれてきました。今では治療目的だけでなく、健康増進や美容のために温泉に訪れる人も多いそうです!

このリトルアナザートリップでは「ブルターニュ アルグソルト」と名前が付けられており、ブルターニュ産の天然塩に海藻保湿成分がプラスされているそうですよ!乾燥する季節に使ってみたいです。

 

 

いかがでしたか!?

どの国も魅力的ですよね!!

 

ボトルも可愛いので、バスソルト使用後にインテリアとしても使えそうです✨

 

 

また、そもそもバスソルト自体、とても魅力的な効果を持っているんですよ!

発汗と温浴効果

(中略)それは発汗を促すことで新陳代謝をアップし、体を芯から温めてくれることです。さらに、バスソルトに含まれるミネラルによって血行促進や代謝促進効果も期待できます。(中略)

 

保湿効果

バスソルトを入れたお湯に入ると、肌の水分量が入浴前より増えたり、湯上がり後の乾燥速度を緩やかにしてくれるそう。(後略)

出典:毎日のお風呂が楽しみに!入浴効果を高める【おすすめバスソルト14選】 | キナリノ

 

代謝が良くなることで、むくみが取れやすくなると聞いたことがあります!

バスソルトがそれを叶えてくれるんですね!

 

しかもそれが「リトルアナザートリップ」なら、旅行気分を味わいながらボディケアもできる・・・ますます使うのが楽しみで仕方がありません!!

 

興味を持ってくれた方は、日本では味わえない「外国のお風呂」をぜひ堪能してみてください

 

 

 

免責事項

池山由伽子

猫と戯れることをこよなく愛するこってぃーです‼️

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー