おふろ部

 

皆さんこんにちは!ゆゆの助です!

 

この記事のタイトルを見た人は「第五弾?」「あなたのおふろ見せてください!?」と不思議に思った方が多くいると思います。

 

実は今、おふろ部ライターの皆さんとコラボをしており、それぞれのお風呂の様子を記事にして紹介する企画を行っているんです!

 

【その記事はこちら ↓ 】

第一弾 あなたのおふろ見せてください~風呂ヒゲ編~

第2弾 あなたのお風呂見せてください~モッティー編~

【レトロなお風呂の何だコレ?!】私の風呂紹介~あなたのお風呂を見せてください第3弾~

第4弾 あなたのおふろ見せてください ~ひぃやん編~

人の家のお風呂を見ることでその人の性格や生活観が見え、なかなか見ない光景に不思議とハマる記事が多いです(笑)

 

さて、今回は家族四人で暮らすゆゆの助のお風呂はどうなっているのかを紹介していきます!

 

 

はい!というわけで、まずは正面の写真です。

 

ぱっと見キレイに見えると思います。実は昨日父が掃除をしてくれたおかげでとてもきれいな状態で撮影できました(笑)

 

私は湯船に毎日浸かる派で、長湯になってしまうのが悩みです…

 

シャンプー台はこんな感じです!

 

家族四人がそれぞれ使っているシャンプーやコンディショナーが置いてあります。

 

ちなみに左下にある緑のボトルは有名なハンドクリームを発売している会社のシャンプーとコンディショナーです。

 

これはいったい誰が使っているのかと言うと、なんと母親ではなく父親です(笑)

 

何を目指しているのかは分かりませんが、美容系には意識が高くてこだわりが強いんです!

 

ちなみに皆さん。

 

普通の家庭のお風呂場には必ずある物が私の家のお風呂場にはないんです。
気が付きましたか…?

 

そうなんです。実は窓がないんです!!!

 

 

本当は窓があったのですが、昔家をリフォームした際に「窓ない方が寒くないし、外に気をかけることもないし、失くしてしまおう」という流れでお風呂場の窓を失くしました(笑)

 

こうする事で大声で歌っても外には聞こえず、歌いたい放題です!

 

って言いたいところですが、お風呂場の窓を失くすことで大きな問題が生まれたのです…

 

そうなんです。カビです…

 

とにかく窓を失くしてからカビが生えやすくなり、ずっと「乾燥モード」にしています。

 

 

しかし、乾燥モードにしていても完全にカビが出来ないわけではなく、うっかり乾燥を忘れるとすぐにカビが生えてきます…(涙)

 

そこでお世話になっているのがこの二つの商品

 

「ジョンソン カビキラー」  

 

「ルックプラス おふろの防カビくん煙剤 」 

 

これらの商品は我が家にとって必需品です!!

 

今回はルック おふろの防カビくんを実際に使ってみました。

 

いつもはカビキラーでカビを落とした後にこの商品を使っています。

 

大体これを使用すれば約二カ月ほどカビが生えにくいと言われていますが、我が家の窓がないお風呂では湿気がこもりやすく、カビは一カ月程度で出てきてしまいます…

 

ですがこの商品を使わないよりかは使った方がお風呂を綺麗な状態を保てるので愛用させて頂いています!

 

中に水を入れ缶のような物を入れると…

 

すぐに勢いよく煙が出てきます!

 

「これで黒カビ対策ばっちり!!」

 

 

さて、家族四人、窓なしお風呂事情はいかがでしたか?

 

カビ対策では我が家が一番力を入れていると思います!(笑)

 

何か他にいいカビ対策があれば教えてほしいです。やっぱりカビがないお風呂は最高に気持ちがいいですからね!

 

以上、あなたのおふろ見せてください ~ゆゆの助編~ でした!

 

 

こんにちは!コメンテーターのヨコエです。
すごく綺麗なお風呂で驚いています、!あと浴槽の中の側面が見たことのないデザインでかわいいなと思いました(笑)
お風呂掃除にシャンプーときれい好き!?美意識の高い!?なお父さん素敵です(笑)
私のお風呂にも窓がなくて、特にカビ対策をしていなかったのでとても興味深かったです。おふろの防カビくん実際にやっている写真気になりました。実際にやってみたいと思いましたので早速買いに行きたいと思います!
さて、次回は女性三人暮らしのお風呂を紹介していきたいと思います!今までの男性のライターさん達とどう違うのでしょうか?次回もお楽しみに、!

免責事項

ゆゆの助

ゆゆの助

文房具はグランフロントまで買いに行くゆゆの助です‼ お風呂はあまり好きではないけど、一度入ると長風呂になります… だらだら入ってしまうのが悩みです(´・_・`) お風呂の最適温度は42℃!

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー