おふろ部

おふろ×アイデア

【コンビニエンスストアの約5倍】あなたの選択は、24万分の1の選択

2019-09-20

(このグラフの意味は、後ほど・・・・)

皆さん、こんにちは!
涼しくなったり、暑くなったり、涼しくなったり・・
ストレスが溜まる日々、そんな時こそ、お風呂に入ってリフレッシュ♪ですね。

気づけば9月も後半にさしかかろうとしています。気分転換も兼ねて、髪型をパーマヘアーにしまして・・・毎日のお風呂で、髪の毛を洗うとき、しっかり泡立ちます!!
『美容師さん、いつも綺麗に切ってくれてありがとう!』と感謝の日々です。
いや~リフレッシュ、リフレッシュ♪♪

ん?ふと思ったのですが・・・・
私はもう同じ美容師の方に切ってもらって、長い年月となりますが・・・
みなさんどうやって、髪を切る場所を選んでいますか???

 

立地?・値段?・技術?・・・etc・・・
様々だと思います・・・。

そもそも、美容院って多いイメージありませんか?

気になったので調べましたので、先ほどのグラフの登場です♪

(参考)

・病院施設数:厚生労働省 医療施設動態調査(平成29年1月末概数)

・コンビニエンスストア:「コンビニエンスストア統計データ」一般社団法人(平成29年7月)

・美容所数:厚生労働省(平成27年度末)

 

調べてみると、なんとコンビニエンスストアが約5万件、病院施設が約18万件、美容院は約23万件となっています。
美容院の数は、コンビニエンスストアの約5倍になりますので・・・
コンビニエンスストア1件見つかると、その間に美容院が5件あることになります。
たしかに・・私が行っている店の通りでも、コンビニエンスストが1件しかありませんが、美容院は、数えれるだけでも、5件以上あります。

なぜ、そんなに美容院が多いのか??

とてもシンプルで、多くの美容師が独立して、個人店を立ち上げるからです。
アシスタントからスタートして、スタイリストデビューして、固定のお客様を抱えるようになってから、独立するかどうかの決断が迫られます。
『自分がイメージしているやりたい事が、縛られずに実施することができる。また、将来のことも考えて、このままじゃダメだ!と考え、独立した』(grit 坂さんの意見)
など様々な理由から、独立する方が多いようです。

『自分で店を持ちたい』というシンプルの考えではなく、将来を見据えて独立を目指している方が多いみたいです。

結果・・・・
日本中に美容院の店舗数が多くなっています。

わたしの選ぶ基準は・・・・

初めは『値段』だけ!で判断していましたが・・・行って初めてわかる
・店の雰囲気(ちょうど良い心地よさ
・担当の方と誕生日が一緒の親近感(話しやすさ
・子どもも一緒に行ける(安心感
・私の前髪クセ毛の特徴を把握してくれる(技術
・髪の増え方を把握してくれて、かっこよく?してくれる(技術

という、色んな点に惚れてしまい、今では、長い年月が経過しました。
(私の薦めもあり、嫁も同じ店に行っています。)

同じ店にいくことで、世間話だけでなく、プライベートの話まで・・・
例えば・・・
・髪のケアの話
・プロポーズや恋愛相談
・おふろ部の記事の相談・・etc
色んな話ができることも1つの判断基準になると思います。

 

 

ここで、わたしの美容師から得たプチ情報~~(自宅でできる炭酸スパ)
とても簡単!市販している炭酸水(糖分なし)を頭にかけて、マッサージするだけ!たった、これだけで、頭皮の不純物を除去してくれますし、血行促進・髪のツヤが良くなります。実際にやってみましたが・・・とてもスッキリ~!になります。是非、自宅でお試しを!!!
このように多くある美容院でも、
みなさんが、どこに髪を切りにいこうかな~と悩んで、
ネット検索して、選んだ店は、
『約24万店舗の中から、選ばれた1つ店』

となります。
今と違う店でもいいかな~と思う方は、たくさ~~~ん美容院はまだありますので、自分に合った店を探してみてもいいかなと思います。

 

みなさんの24万分の1のお店はどちらでしょうか???

 

ち・な・み・に
私が選んだ24万分の1の店は、grit Hair Salonで坂さんという方にお世話になっております。
この店は、「切ったその日」だけでなく、その後も見据えた髪にしてくれます!

出典:grit Hair Salon

 

免責事項

ジャパ

ジャパ

お・と・く商品大好きで、三十路までのカウントダウンがスタートしたジャパです。疲れが溜まりやすくなる!と先輩から聞いていましたが、嘘だと思っていました・・・・・本当です(個人差あり)。我が家のお風呂に仲間入りしたカエル君とアヒルちゃんと仲良く浸かることが日々楽しみです。

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー