おふろ部

職場のクーラーに寒がるしばりょう

おふろ×リラックス, おふろ×健康

【寒い…寒すぎる…!】夏の冷えの理由は?冷えの解消には○○○が一番!

2019-07-31

夏休みが始まりましたね!いえーい!夏休みなんて関係のない私でも何かが起こりそうな気がしてウキウキそわそわしてしまいます。

 

 

何が起きてもいいようにしなければと思い、近くのデパートに行って高級コスメ(いわゆるデパコスですね)を買いに行きました。
…しかし悩んだ挙句に何も買わずデパートを去りました。
なぜかって?

 

 

寒い!店内が涼しいを通り越して寒い!

 

 

そうです、途中から涼しいを通り越して寒く感じてしまい、買い物どころではなくなってしまったのです。猛暑の中を歩いて入店したときは涼しい空気が気持ちよかったのですが、長時間店内にいると汗も冷えてどんどん寒くなり、むしろ外に出たくなってしまいました。お店でだけでなく、職場や学校で、こんな経験をされたことがある女性は多いのではないでしょうか。夏は女性にとって意外と冷えが辛い季節です。

 

今日はそんな夏の冷え対策を考えていきます!

 

 

○そもそも冷えの原因って?
まずはなんで夏にこんなに冷えてしまうのでしょうか?

 

 

夏の冷えの原因のひとつは、冷房です。通勤中や勤務先の電車やオフィスなど、冷房が効いた場所に長時間いることで、カラダは芯から冷えます。他にもコンビニやスーパーなど、街の至る所がキンキンに冷えている状態です。

さらに、夏の食事にも冷える原因がたくさんあります。冷たい食事に飲み物、おやつにアイスクリーム、夜はビールと、一日を通して冷たい物をとる機会が増えます。このように夏は、冷える原因がたくさん。もはや私たちの生活は冷えて当然と言えます。
出典:Kampoful Life

 

エアコンを寒いと感じる女性

 

 

やはり冷えの原因の一つはクーラーのようです。しかも暑い屋外からクーラーで冷えた場所に入り、長時間過ごすとなると寒暖差に身体もついていけなくなりそう。
そして冷たい飲み物をたくさん飲んでしまうのもよくないですね!わかってはいてもついついキンキンに冷えた日本酒やワインをかっくらっております。そして〆にアイスを食べてます。無理させてごめんね、私の身体。

 

 

 

○冷えの症状と男女差
身体が冷えてくるとどんなことが起こるでしょうか?

内臓が冷えるとおなかを下しやすくなります。暑い夏におなかの調子が悪くなる人が多いのはそのためです。その他、ストレス、運動不足など、現代生活には冷える原因がたくさんありますが、血液の巡りが悪くなると、カラダはこわばり冷えていくのです。
出典:Kampoful Life

 

 

なるほど、確かに冷えているところで長時間過ごしたり、冷たいものを暴飲暴食するとおなかを下します。個人的には冷えると頭痛がしたり、倦怠感が増して何もやる気がおきなくなったりもします。
また、不思議なのがクーラーが効きが強くても冷えに悩まされているのは女性だけなこと。男性ってクーラーがガンガンに効いていても平気そうですが、これはなぜなのでしょうか?

 

 

冷えの自覚症状は男性よりも女性に多く、20歳以上から年齢が上がるほど多くなります。それは、女性が男性に比べ、筋肉量が少なく、脂肪が多いため、冷えると元に戻りにくいためです。また、年をとるとカラダのエネルギーを作る量が減ってきます。そのため、年を追うごとに冷えが改善しづらく、冷えの症状を訴える方が多くなるのです。
出典:Kampoful Life

 

 

マッチョな男性

 

筋肉量が理由だったとは…!てことは女性でもある程度運動して筋肉をつけるとちょっとはマシになるのかも?
加齢による冷えも納得です。子どもの頃はクーラーで寒いと思った記憶がありません。子どもって常に熱を持っている、つまりエネルギーをたくさん持っているからなんですね。

 

そんな私たちが冷え防止のためにできること…それはやっぱり、O・FU・RO!!

 

 

おふろにつかる女性

 

 

 

今日はお風呂の入り方をちょっと見直して、冷え対策につながる入浴方法にしてみましょう。

 

 

○冷えを防止する入浴方法

①ぬるめのお湯に入浴する
冷え性だからと熱いお風呂に入ったり、サウナで大量の汗をかいたりするのは、実は、かえって逆効果です。冷えている時に最適な入浴法は、39度~40度のぬるめのお湯に15分~20分ゆっくり入ることです。額がうっすらと汗ばんできたら、カラダの芯が温まってきたサインなので、それを目安に入浴しましょう。お風呂上りの注意点は、なるべく早く髪を乾かし、冷えないようにすること。やりがちなお風呂上りの冷たい飲み物はせっかく温めたカラダを冷やしてしまうので、注意しましょう。
出典:Kampoful Life

 

サウナや熱いお風呂がだめなんて…衝撃です。
ゆるめのお風呂にじっくりと浸かるほうが身体の奥から温まるというのもびっくりでした。私はこれを読んでからお風呂上りは冷たい飲み物を飲みたいところをぐっと我慢して白湯を飲むようにしています。(死ぬほど暑いですが)

②バスソルトを使用する
バスソルトを入れると塩のミネラル成分がカラダを包み込み、温まったカラダを冷めにくくしてくれます。また、温め効果で、血流の流れを改善してくれるので、冷えたカラダに効果的です。お風呂から出るときには、最後にシャワーで流さないようにするのがポイント。流してしまうと、せっかくのバスソルト効果が半減していまします。市販のバスソルトでも、キッチンで使う塩でも、どちらでも問題ありません。キッチンの塩であれば、1回50gを目安に使ってみましょう。
出典:Kampoful Life

バスソルトって料理に使う塩でもいいんでしょうか!?それでいいならすごくお手軽です!
ためしに家にある塩でやってみたところ、確かに保温力がいつもよりあって冷えにくかったように思います。これで冷え対策になるならかなり便利で経済的です!しかし50gの塩って結構な量で、投入するのに抵抗がありました。

 

 

○最後に
ぬるめのお湯とバスソルトで冷えに打ち勝って、令和初の夏を楽しみましょう!
結局デパコスは買えず、○ANM○KEで出会いを待つしばりょうでした。

 

 

免責事項

しばりょう

しばりょう

湯船に浸かりながら本を読むのが何より至福の社会人。 最近髪をショートヘアにしたところ、ドライヤーの時間が5分になり、これからはショートヘアで行こうと決めた。 誕生日でバスグッズをもらったが、使いどころがわからずいつまでも置いているタイプ。

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー