おふろ部

おふろ×健康

極寒風呂とさよならする 3つの方法

2017-01-25

そろそろ本格的に寒くなってきましたね。寒い季節ほど、温かいお湯に浸かって体の芯から温まりたいですよね~。でも浴室が寒いと、おふろに入ること自体が嫌になりません?

そこで、今回は浴室を暖かくする方法を紹介します。

 

寒さの根源をシャットアウト

浴室が寒い理由、それはどこからともなくやってくる冷気です。しかし、進入経路は分かっています。換気扇 or 窓 のどちらかなのです。

まず、確認してもらいたいのは換気扇の設定です。あまり気にせず、ずーっと「24時間換気」にしていませんか?今夜から入浴中は消して入りましょう。

次に窓です。寒い日に窓を開けて入っている人は少ないかと思いますが、閉めるだけでは冷気を遮断しきれていません。簡単に遮断するために断熱シートを貼りましょう!

出典:楽天

出典:楽天

 

湯気の効果で暖かく

お風呂に入った時に湯気が充満していれば最高ですよね。家族の誰かが入った後の2番目の入浴ならその恩恵を受けとることができますが、1番風呂は寒いですよね。

そんなときは…シャワーで湯船のお湯張りをしてみましょう!

出典:寒さ対策100選

出典:寒さ対策100選

ポイントはお湯の設定温度を通常より1度くらい高めに設定すること。そうしないと湯船のお湯がぬるくなってしまいます。ガス代は上がってしまいますが、寒くて体を洗っている時にシャワーを浴び続けるよりは節約になると思います。

寒さは足元から?

やはり足元が冷たいと寒く感じますよね?冷たいタイルの上ではなく、マットの上で体を洗ってはいかがですか。

出典:楽天

出典:楽天

 

この3つの対策をすると、寒い日でも臆することなく、おふろに直行できますね。

また、寒い時期にはヒートショックにも注意してください。できるだけ浴室を暖めて、温度差を無くことが1番の対策です。

 

と言っても、寒くなればなるほど、おふろは気持ちいいですよね。冬のおふろを楽しみましょう!!

バンディ

一人暮らしの独身時代、湯船に一切入らなかったバンディです。結婚を機に湯船に浸かり始めました。ただシャワーを浴びる「作業場」から「疲れをリセットする場」に変わりつつあります。今はお風呂ダイエットを実験中。笑

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー