おふろ部

みなさん、こんにちは。りょうちんです!

近頃は、新型コロナウィルス感染症の拡大で、外出自粛や在宅勤務が続きお家で過ごすことが多いのではないでしょうか。

毎日、そんなお家ですることといえばお風呂以外にもう一つ肝心なことがありますよね!

そう、

「料理」   

です。

 

お風呂×料理×掃除ということで、今回は料理でよく使うある食材を使ってお風呂掃除ができちゃう方法を紹介します!

 

その食材とは、これ!

そう、「じゃがいも」です。

カレーライスや肉じゃが、お味噌汁など、じゃがいもが料理に登場する場面はたくさんありますよね。

 

今回は、普段はゴミ箱に捨ててしまうじゃがいもの「皮」を使います!

なんと、このじゃがいもの皮をお風呂の鏡や洗面台など、水垢やくもりが発生する場所に塗り塗りすることで、水垢やくもりが綺麗に取れちゃうという噂を聞きつけました。

りょうちんがそれを検証してみたので、ご紹介します!

 

ということで、まずはじゃがいもの皮を用意します。

(じゃがいもはおやつがてらにじゃがバターにしてりょうちんが美味しくいただきました!)

 

そして、この皮を持ってお風呂に向かいます。

浴室の鏡をじっくり覗いてみると……

「汚っ!」

普段は何気なくお風呂に入っているので気づきませんでしたが、積年の汚れは気づいた時にはもう取り返しがつかないのではと思ってしまうほど大変なことになっていました。

 

これは、やばいと思い、一縷の望みを繋ぐ気持ちで普段は捨ててしまうさっきのじゃがいもの皮を手に取り、鏡に塗り塗り、塗り塗り、塗り塗り…..

「ほんまに大丈夫?」

そんな不安を掻き消すように、塗り塗り、塗り塗り、塗り塗り…..

 

塗り塗りすればするほど、鏡は余計に白っぽくなって汚くなっていく気がします。

けれど、その日はそのまま水で洗い落とすこともなく、そのまま放置します。

 

次の日。

昨日、じゃがいもの皮で塗り塗りしたところを水で洗い落として、乾いたタオルでふき取ってみました!

正直、

「あんまり変わってない….」

と一瞬感じましたが、よく見てみると、

「ところどころ綺麗になってるう!」

写真ではあまり伝わりづらいですが、肉眼でみると、慢性的な水垢によるくもりが取れているような気がします。積年のサボりを一晩で返済できることはありませんでしたが、これは繰り返し塗り塗りすることで、綺麗になっていきそうな気がします!

 

この種明かしは、実は「クエン酸」です。

鏡についた水垢汚れは水道水に含まれるカルキが付着したもの。これらの汚れはアルカリ性なので、酸性のクエン酸で退治するのがおススメです。

・・・

【この掃除方法が向いている鏡】
水垢汚れがつきやすい鏡におすすめの方法です。例えばお風呂場の鏡、洗面所の鏡などです。

出典:東京ガス

クエン酸は酸っぱい食べ物に多く含まれているイメージですが、実はじゃがいもにもクエン酸は多く含まれています。

しかも、じゃがいもに含まれるデンプンには膜を張る性質があり、これが蒸気によって発生する鏡のくもり止めになる効果もあるんだとか….

 

そんなこんなで、普段よく料理でつかうじゃがいも、そして普通は捨ててしまう皮、これら食材の力を使って、お風呂掃除に役立ててみてはどうですか?

一度で劇的に変化は生まれないかもしれませんが、何度か試してみてはいかがでしょうか。

りょうちんも、最近は料理にも少し興味があるので、継続してじゃがいもの皮を塗り塗り、塗り塗りしてみようと思います!

 

以上、りょうちんでした~。

 

免責事項

りょうちん

りょうちん

小さい頃から親に連れられ温泉へ行くことが多く、お風呂が大好きです! ちなみに、熱めのお湯に浸かるほうが好きです!

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー