おふろ部

おふろ×温泉施設

【悲報】念願の草津温泉湯もみショーで…

2020-01-17

新年明けましておめでとうございます

 

お久しぶりです。なななばななです^ ^

 

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

年末年始、どこか行かれましたか?

 

 

私は、草津温泉に行って参りました!!

いや~とってもいいところでした〜

 

 

念願の湯もみと踊りショーも見ることができ、

嬉しかった!

 

のですが…

私の位置からは全体の半分しか見ることができませんでした(:_;)

 

初めて湯もみを見て思ったのは、

最初のポジションめっちゃ大事!

 

小さいお子様がいる方は特に!!!
場所によってはせっかくの湯もみが全く見えません。

 

 

湯もみ会場には、1階席と2階席があり、

約250人入ることができます。

なので、入れないということはよっぽどないとは思いますが、

せっかく見るならちゃんと楽しみたいですよね。

 

そこで今回は、

湯もみと踊りショーを存分に楽しむために、

場所による見え方の違いをお伝えしたいと思います。

 

 

やっぱり特等席 1階 前列

 

1階の最前列は何といっても距離がとっても近い!!

湯もみの臨場感を一番感じられます!

せっかく見るならやっぱり、一番近くがいいですよね。

 

 

 

 

湯もみ体験がしたいなら 1階 舞台付近

湯もみ体験は1回のショーで、40名限定
しかも、先着順

湯船への入り口は、舞台の両脇にあるので、
湯もみと踊りショーの途中で開催される「湯もみ体験」に参加したい方は、

1階の舞台付近がおすすめ!

 

 

 

 

半分しか見えない 2階 サイド

私は今回、2階のサイドから座って見たのですが…

こんな感じで、半分しか見えませんでした(‘_’)

少し高めの柵があるのでちょっと見にくかったです。

 

柵の隙間から頑張って見れば手前も見れるかなという感じでした。

 

ちなみに、2階の中央の席からなら湯船全体を見ることができます。

 

2階で見る際の1番の注意点は、

立ち見だととても見にくいことです。

後の方にいた男の子は全く見えていなかったようで、

お母さんやお父さんは見る場所に困っていました。

 

途中から男の子と席を変わり、立って見ていたのですが、

ほとんど湯もみは見えませんでしたT^T

身長155㎝の私でも見えなかったので、小さなお子様は全く見えないと思います。

 

写真も撮りにくかったので、

撮るのを諦めて音を楽しんでいました(笑)

 

 

 

 

いい場所をとるためにはどのくらい前から並べばいいの??

 

湯もみと踊りショーは、1日に

午前9時30分、10時、10時30分
午後3時30分、4時、4時30分

の6回公演があります

 

午前のチケット販売は9時から!

 

週末や繁盛期は販売開始の30分前から行列ができることもあるそうです。

 

 

私は日曜日に行ったのですが、9時にはすでに長い列ができていて、

購入できたのは9時20分くらいでした。

 

9時30分からの公演に入ることもできましたが、いっぱいだったので、

10時からの公演を見ることにしました。

 

9時40分に並びに行った時には、多くの人が並んでいました。

1階席の前の方は埋まっており、立って見にくそうだったので2階へ。

 

2階は正面の座席以外はまだまだ空いていました。

 

 

1階の前の方で見たいなら30分以上前から並ぶのがベストだと思います。

 

時間に余裕をもって並んで、湯もみショーを存分に楽しんでください!!

 

 

 

料金は大人600円、小学生300円

ですが、割引券の提示で550円になります!
割引券はこちらから

 

 

 

いかがでしたか?

 

草津温泉とってもいいところだったので、また湯もみも見に行きたいと思います!
次こそは1階正面の席で!!

 

皆さんもぜひ、湯もみと踊りショーを見に行ってみてください!

そして、ベストポジションで湯もみを楽しんでください☆

 

それではまたお会いしましょう

チョイナ チョイナ~

 

 

〈公式HP〉草津温泉 熱乃湯
住所 〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津414
TEL 熱乃湯  0279-88-3613   草津温泉観光協会   0279-88-0800

 

 

免責事項

なななばなな

なななばなな

こんにちは! 笑うと鼻にシワができちゃう、なななばななです☺ 温泉と食べることが大好きです。 ぬるめの温泉でボーっとしてる時間が幸せ。 最近は、温泉に入って美味しいご飯を食べて、ゲームをするだけの超のんびり旅行にはまってます。

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー