おふろ部

おふろ×アイデア, おふろ×ダイエット, おふろ×リラックス, おふろ×健康, おふろ×美人

【寒いの苦手な冷え性さん集まれ!】身体を温める入浴法とは?

2020-03-10

皆さん、こんにちは。

ぴっかです。

 

 

春は、近いとは言えまだまだ本当に寒いですね

寒がりさんには、大変な日々が続いています。。。

 

 

 

こんな時、恋しくなるのが湯船。

 

ただただ、温かいお湯に入るだけでも充分幸せなのですが、

 

せっかくならもっと体を温めたい!と思いませんか?

 

 

ということで、今回は、

 

温活にもってこい!体を温める入浴法を紹介いたします。

 

どの入浴法も無理は禁物です。

のぼせる前にお風呂から上がるようにしてください。

そして、水分補給も忘れずにお願いします。

 

1、ぬる目のお湯でゆっくり全身浴

 

 

身体を温めるには、高温のお湯でしょ!!って思ったそこのあなた、

 

その入浴法、かえって体を冷やしているかもしれません!

 

熱すぎるお湯だと、逆に湯冷めしやすいと言われています。

 

中には、熱い風呂のほうが好きという人もいるかもしれません。しかし、42度を超える湯はリラックスとは正反対の交感神経を優位にしてしまうため、おすすめできないと早坂先生。41度と42度の湯を比較した実験では、42度では入浴直後の体温こそ高かったものの、1時間後には41度の方が体の温まりが保たれたという結果も出ているのです。

 

出典:シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方|ウーマンエキサイト

 

では、何度のお湯にどれくらいつかるのがいいのでしょうか?

 

40度のお湯に10~15分浸かる

出典:シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方|ウーマンエキサイト

 

がベストみたいです!

 

一度この入浴法、試してみてください!

 

 

、お湯に素敵な、入浴剤を入れること

 

 

街中では、沢山の身体を温める入浴剤が出ていますよね。

 

ゆずや、生姜などなど、いかにも身体を温めてくれそうなモノたちが含まれた入浴剤でいっぱいです。

 

お気に入りの入浴剤で身体を温めてみるのもオススメです。

 

 

 3、その温めた体を冷やさないようにするために。。。

 

 

せっかく身体を温めた後は

 

 

髪の毛をすぐ乾かすことを忘れずに!

 

冷えて濡れた髪の毛からどんどん体が冷えてきてしまう前に乾かすことで、

 

お風呂の後もぽかぽか幸せな気持ちに浸りましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

免責事項

ぴっか

ぴっか

"こんにちは!お風呂大好きぴっかです。 お風呂は、私にとって最高の癒しの場です。 そして、なんと言っても好きなのがお風呂上がりの匂い!できれば常にお風呂上がりの状 態でいたいと思っています笑 こんな私が発信するお風呂の魅力、是非お楽しみください!"

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー