おふろ部

瞑想

おふろ×リラックス, おふろ×健康

あのメンタリストD氏も実践!!お風呂で○○するだけで集中力がUP!

byMr.Y

2019-06-04

こんにちはー!

日々の集中力のなさに課題を感じているMr.Yです。

今回が初投稿となります。

これからよろしくお願いします!

 

さて、先ほど述べたように集中力がない私は
授業中やテスト前の成績で、毎回痛い目を見ていますが
同じような経験をしている人も多いはず!
ということで

 

集中力を高めたい!自己コントロール能力を身に着けたい!リラックスしたい!

 

そんな皆様にピッタリな方法をご紹介します。
その方法は毎日お風呂であることを三分間するだけなのですが
その驚愕の方法とは・・・・・

 

ずばり、、、、「瞑想」です!!

 

「どうして瞑想なの?」や「なんだ瞑想かよ」など思われた方も多いかもしれません。
ですが、これはあのメンタリストDaigoさんも実践しているのです。
これからその驚くべき方法を披露します。

基本的に瞑想は前頭葉を鍛えるトレーニングなんです。コツとしては姿勢をよくして、軽くリラックス。目を閉じて、呼吸の回数を1分間に4回から6回まで落とします。ゆっくり息を吸ってゆっくり吐く。5秒以上かけて吸って5秒以上かけて吐くのを繰り返します。これだけなので、お風呂での習慣にすると良いかも知れません。

出典:「湯の国」湯煙コラムVOL.110 Daigo

これを繰り返すだけです。
これだけ?と思われる方もいると思いますが、これだけなんです。

すぐには効果は出ませんが、瞑想は1日5分でも続けることが大事だといいます。
Daigo氏いわく・・・・

瞑想は1日5分程度でも、続けることが大事なんです。合計が3時間を超えたあたりから、集中力や自制心が高まってきます。11時間を超えてくると脳の中にある自制心や集中力をつかさどる場所の神経の連絡が良くなります。さらにそれを2、3カ月くらい続けていくと脳の形が変わります。すると自然に自己コントロール能力が生まれます。

出典:「湯の国」湯煙コラムVOL.110 Daigo

と語っているように、瞑想は集中力や自己コントロール能力の向上に期待できます。
そして、この効果を引き上げるために有効なのが、ラベンダーの入浴剤やアロマです!
サイトにはこうあります。

香りには記憶を定着させる効果があるので、入浴剤を入れたりします。ラベンダーにはリラックスや睡眠を誘う効用があると言われますが、そういった状態のほうが、物事が頭にスッと入ってきます。つまり、リラックス系の香りは、本の内容を記憶するのに効率がいいんです。

出典:「湯の国」湯煙コラムVOL.110 Daigo

このことからラベンダーの入浴剤に効果があることが解ります。

それでは、私も実際にやってみました。

まず、今回使用する入浴剤はこちら!
KNEIPP表面KNIEPP裏面

こちらの商品はドイツのメーカーKnipp(クナイプ)の「バスソルト ラベンダーの香り」です。
今回はこの商品を使用しますが、正直ラベンダーの香りがするものなら
何でもいいかなと思います。
(お近くの薬局店などでご購入ください)

お風呂中1

これをお風呂に投入すると、このようになりました。
そして、ここからが本番、瞑想です。
姿勢を整えてリラックス、目を閉じて、ただただ腹式呼吸。
呼吸がゆっくりになるように意識して・・・・・

お風呂中2←瞑想中です(・3・)

 

こうして、実際に今回は約3分間瞑想を行いました。
ここで驚嘆したことが
ラベンダーの香りもあってか
呼吸を繰り返しているうちに、いつにのまにか
瞑想・呼吸に集中し、没入できていたことです。

このことは、集中力の欠如している僕にとって稀有なことで
瞑想が終わった時に心を揺さぶられました(笑)

 

以上、瞑想初日のレポートでした。
この瞑想は自分にとって癖になりそうです。
三日坊主がちな自分でも、続けていけそうな方法だと思いました。

 

集中力を高めたい、自己コントロール能力を身に着けたい、リラックスしたい方々にとって

 

このようにお風呂でリラックスしつつ
簡単に集中力が高められる瞑想はピッタリな方法だと思います。
ぜひ、皆様も毎日のお風呂と共にお試しください。

 

私はこれからも瞑想を続けて、長期的な効果が本当にあるのか検証していきます!
その結果もまた記事にできたらと考えているのでお楽しみに!

 

それでは!

 

免責事項

Mr.Y

Mr.Y

Mr.Y とかけまして「おふろ」とときます そのこころはどちらも「溜まっているでしょう」 というと、お風呂にはお湯が溜まりますが 私は日々の激務のストレスが溜まっています。 そのストレスを湯船につかることで、消化するのが日課。 ここでは皆様に快適なお風呂ラ イフをお届けします!

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー