おふろ部

みなさん、こんにちは!おふろ部新人ライターのひぃやんです。皆さんの心にちょっとでも引っかかる記事になればと思いますので、よろしくお願いいたします。

私は温泉や銭湯など、お風呂に入ることは好きなのですが、家ではなんとなくおっくうになってしまいます。それはなぜか。

 

  「掃除が面倒くさい!!!」

 

毎日入るのだからどんどん汚れていくし、毎日少しずつでもキレイにしておけば清潔に保てることもわかっています。でも面倒くさい!

そうは言っても、せっかくおふろ部のライターになったんだからキレイなお風呂にしようと、お風呂掃除で検索。

お風呂掃除で検索した時の候補

(Siriよ、確かに男だけどその候補は今はやめて・・・)

 

候補の筆頭にもなるくらい、重曹を使うことがたくさん出てきますが、その中で重曹風呂という気になるワードが!

重曹は皮脂の汚れや老廃物を洗い流し、丸くて細かい粒子はスクラブ効果もあります。浴槽のお湯がサラサラになり、古い角質などの汚れを取るのにも最適です。また、弱アルカリ性の重曹は酸性系の匂いを中和消臭するので、脂肪酸や酢酸など、酸っぱい臭いの体臭が気になる人にもおすすめです。
(中略)
重曹風呂に入浴後のお風呂掃除が楽になっていることにも注目です。浴槽に付いた皮脂などの油汚れは、重曹の効果で洗い流すことができます。

出典:KAJITAKU「話題の重曹風呂とは?!効能は?作り方から注意点・掃除方法まで!」

カラダの汚れも落としてくれて、その後のお風呂掃除も楽になるなんて、まさに一石二鳥やん!
というわけで、家にはなかったのでさっそく重曹を入手。

入手した重曹の画像

 

 

やってみよう!重曹風呂 その入浴効果は?

初めて何かを試すときってドキドキしますが、食用としても使えるというだけでもちょっと安心感がありますよね。さてさて、どれだけ入れたらいいのかな?

浴槽にお湯を張って市販の重曹を入れてよくかき混ぜるだけです。分量に厳密な決まりはありませんが、一般的な浴槽に入れるお湯の量(200リットル)に対し、重曹を大さじ1〜3杯入れれば重曹風呂の完成です。

出典:KAJITAKU「話題の重曹風呂とは?!効能は?作り方から注意点・掃除方法まで!」

少ししか入れなくて効果がないのも嫌だし、大さじ3杯投入し混ぜます・・・特に変化はありません。色が変わったり、シュワシュワと発泡することもないようです。

さあ、ではお風呂に入ってみます。お湯がサラサラになるということでしたが、あまり違いは感じませんでした。ですが、風呂上りに体を拭くと、なんだか普段よりサラッとしている?自分があまり感じていないだけで、やっぱり重曹を入れた効果が出ているのかもしれません。
しかし、正直期待していたほどではなかったかなとガッカリしていました。

ですが!!!

翌日、何も入れていないお風呂に入ったとき・・・

 

「あれ!?昨日とぜんぜん違う!!」

 

サラッ?スベッ? なんと表現したらいいのか、お湯の肌触りが明らかに違います。体を拭いていても、前日のほうが明らかにサラサラしていました。期待値が高すぎて効果がないように思ってしまっていましたが、重曹の効果はバッチリなようです!
あとでわかったのですが、重曹=炭酸水素ナトリウムを一定以上含む炭酸水素塩泉という泉質があるそうです。和歌山県の龍神温泉や大分の別府温泉郷などにもある泉質で、効能は「美肌の湯」「清涼の湯」。つまり、重曹を入れることで、家でも美肌効果のある温泉に入るのと同じということです。
続けていけばスベスベ美肌が手に入るかも!

 

 

本当にお掃除効果はあるの?

と、重曹風呂の効果に驚いて忘れかけていましたが、

重曹風呂に入浴後のお風呂掃除が楽になっていることにも注目です。浴槽に付いた皮脂などの油汚れは、重曹の効果で洗い流すことができます。

出典:KAJITAKU「話題の重曹風呂とは?!効能は?作り方から注意点・掃除方法まで!」

お風呂掃除もできて一石二鳥になるのか?お湯を一晩張っておいて確かめてみます。

 

重曹投入直後

重曹を投入した直後の浴槽画像

翌朝

重曹投入から一晩おいた浴槽の画像

 

すみません、変化がわかりません。
入浴効果のときもそうだったし、自分がにぶいだけで本当はきれいになっているのかな?お湯を抜いて浴槽を触ってみても、重曹の効果は感じられません。
うーん、重曹の量が少なかった?浸け置きだけではダメ?掃除効果はやはり思ったような効果が見えませんでした。入浴効果よりもこちらの方が期待していただけに、残念です。

 

 

お肌に良い効果アリ!しかし注意点も・・・

美肌効果があって、お風呂掃除・・・は今回大きな効果は見られませんでしたが、重曹風呂はお風呂を楽しむきっかけになるかもしれませんよ!
しかし注意点もあるので気をつけてください。

 

【入れすぎ、やりすぎは逆効果】
重曹は弱アルカリ性です。入れる量を増やすとお湯のアルカリ性が強くなります。対して皆さんのお肌は弱酸性なので、アルカリ性の強い水に長時間浸かると、皮脂が分解されてしまい肌荒れの原因になってしまいます。
同じように、毎日のように重曹風呂に入るのも、お肌をいためることにつながりかねません。

 

ということで、週1~2回からはじめてみてはいかがでしょうか。

 

免責事項

ひぃやん

ひぃやん

足を伸ばしてゆっくり湯船に浸かることがお風呂での幸せだと感じるアラサー社会人♂下戸だけど、露天風呂でお酒を嗜む贅沢にあこがれています

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー