おふろ部

おふろ×アイデア, おふろ×美人

[肌だけじゃない!]日焼けした髪のケアしていますか・・・??

bymin

2018-07-20

みなさんこんにちは!

すっかり暑くなり、私は日焼け対策として日焼け止めが欠かせなくなりました。

そのため、ケアを家でも行っています。

ところでみなさん、日焼けした後の肌のケアは行うと思いますが、髪のケア、行っていますか??

私は今まであまり気にしてませんでした・・・

しかし、実は肌と同じように髪も日焼けによりダメージを受けているのでケアが必要なのです!

 

では、髪のケアはどのようにしたらよいのでしょうか??

今回はお風呂での日焼けした髪のケアを紹介します。

 

 

 

 

日焼けによる髪のダメージは??

髪は基本的に露出しているため、肌の2倍以上の紫外線量を浴びています!!

そして、紫外線の影響で髪のキューティクルがはがれ、枝毛や切れ毛ができたり、髪の色が抜け赤茶っぽい色になってしまいます。

 

髪は常に露出していて日光にさらされやすいため、顔の2倍以上もの紫外線量を浴びているといわれています。髪の毛は主に、アミノ酸のシスティンが結合したタンパク質でできていますが、紫外線はこの結合を分解してしまいます。そして、髪の表面を保護するキューティクルもはがれていくため、枝毛や切れ毛、裂毛などの現象が起きるのです。

さらに、紫外線は髪の色の元となっているメラニン色素も破壊するので、日焼けすると髪の色が抜けて赤茶色になってしまいます。

出典:スキンケア大学

 

だいぶダメージを受けていますね・・・

当てはまる方も多いのではないでしょうか?

私は結構当てはまっています・・・

これはケアをしなければ!

 

 

 

 

日焼けした髪のケア方法

髪は死んでしまった細胞で、自己再生能力がないため、ケアをしっかり行いましょう!

 

毛髪は爪と同じく、肌の角層が変化してできた、いわば死んだ細胞の集まりなのです。

新陳代謝をしないわけですから、自己再生能力がありません。

一度、傷んでしまった髪を、元に治すことは不可能なのです。

出典:ボーテQA

 

日焼けしてしまった髪には、入浴前に強いブラッシングをせず、キューティクル保護効果のあるダメージケア用のシャンプーやトリートメントでケアしましょう。

その後、洗い流さないトリートメントでさらにケアし、ドライヤーで乾かしましょう。

UV対策のトリートメントなどもあるので、使うとさらにケアできると思います。

 

特別日焼けをしていない日でも、優しくシャンプーやブラッシングを行うことや、髪のダメージを軽減するため、タオルドライをしっかり行った後にドライヤーで乾かすなど、日頃からケアすることが大切です!

その際タオルドライはゴシゴシするのではなく、髪をタオルに挟み軽く叩くように行うと髪への負担を抑えることができると思います。

 

日焼けをしたあとの髪は、キューティクル保護効果のあるダメージケア用のシャンプーやトリートメントでケアしましょう。ブラッシングやブロー前には、洗い流さないトリートメントなどで保護するのも忘れないでください。なお、日焼け後は摩擦でダメージが大きくなるので強いブラッシングは禁物です。

出典:スキンケア大学

 

 

 

 

どうでしたか??

髪もやはり日焼けしているのでケアしなければいけませんね・・!

私はドラッグストアでUVケアのトリートメントの商品を見てみようと思います。

みなさんも日焼けの髪のケア、試してみてください!

 

 

 

免責事項

min

min

ゆっくりお風呂に入るのが好き。温泉大好き。

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー