おふろ部

皆さん、こんにちは!miyaです!

 

最近ショートヘアになりまして!
ロングヘアの時より枝毛を気にすることが減ったり、アイロンでくるくる巻くことが減ったりと、
以前より髪の毛へのダメージはないよな~と思っていました…
ヘアケアもさぼらずちゃんとしていたし!

 

なのに!!

美容師さんに髪の毛痛んでるね~って言われてしまったんです(-_-;)

 

ヘアケアもしているし、アイロンの温度は高くしていないので、原因が分からず…
ヘアオイルを変えてみようかな~と思い、私のバイト先がドラックストアなので
休憩時間、お店で商品を見ていたら…!

 

一目見たら何を使っているかわかるデザインのヘアオイルを見つけたんです!!
皆さんも見たらすぐにわかると思います!
それがこちら ↓↓

出典:HAIP RECIPE

 

 

 

 

 

皆さん、分かりましたか?(笑)
そうです!お米のヘアオイルライスオイルなんです!

 

私自身、お米のスキンケア商品があるのは知っていたんですが…
お米のヘアオイルがあることは知りませんでした!

 

ライスオイル ってどんなものなの?
気になりますよね?

・・・・・・

 

 

出典:HAIP RECIPE

 

 

HAIR RECIPE(ヘアレシピ) 和の実  さらとろライスオイル

容量(53ml)で、価格は2,200円(税込み)と

他のヘアオイルと比べると容量に対して、少しお高いかもしれません💦

 

 

では、ライスオイルとはどんなものなのか紹介します!

 

 

ライスオイルって?

 

 

出典:HAIR RECIPE

 

超浸透でしっとり保湿
分厚く硬いキューティクルにまでしっかり浸透。
新感覚「さらとろ」テクスチャー

出典:HAIR RECIPE

 

さらとろテクスチャーが髪の毛にしみわたるようです!!

(かなり気になります…)

出典:HAIR RECIPE

 

100%天然由来成分で、UVブロック
天然由来100%成分のみで、髪や地肌を紫外線からしっかりブロック

出典:HAIR RECIPE

 

UVブロックは、女子の味方ですよね!!

出典:HAIR RECIPE

 

マルチユース
食べられるほどの100%ピュアライスオイルだから、
これ1つで全身のケアも。地肌・手・ボディに。

出典:HAIR RECIPE

 

全身にも使えて、髪の毛、地肌の両方にも使うことができる!

これ1つで全身ケアができるなんて嬉しいですよね!

 

 

100%ピュアとは…

100%ピュア
食べられる*1 国産ライスオイル*2
0%
シリコン・サルフェート・パラベン・
鉱物油・着色料

*1食用を目的としておりません
*2コメヌカ油(浸透性ツヤ成分)

出典:HAIR RECIPE

 

 

“食べられる”というキャッチコピーにとても驚いて、興味が湧きました!

 

 

 

 

そして、「ライスオイル」がタイトルにある、スーパーフードと呼ばれるには

理由があるんです!

 

 

スーパーフードとは…

 

近年では、お米由来の「ライスオイル」はその豊富な栄養素から、スーパーフードとしても着目されています。
お米の油分が髪や肌にツヤを与えることを知っていた日本の女性は、かつてお米のとぎ汁で洗髪したり、米ぬかで肌を磨くことで美しさを保っていたのです。
出典:HAIR RECIPE

 

日本の女性は、お米の油分が髪や肌にツヤを与えることを昔から知っていたなんて!
お米のとぎ汁を化粧水にしている人がいることを聞いたことがあり、

昔から伝えられてきたことだったんですね!!

 

最近では「お米のエキス配合」や「米ぬかエキス配合」の化粧水などをよく見るようになったなと感じています。

お米には肌にいい成分がありそうですよね!

 

さらに!

 

米ぬかと米胚芽から抽出されるライスオイル。
それは、門外不出の精製方法で、お米1000粒
からわずか1滴しか採れない貴重な
国産オイルです。
出典:HAIR RECIPE

 

1000粒に1滴?!とても貴重でそれなのに国産でもある!!

すごいですよね!!

栄養がぎゅっと詰まっている感じが伝わってきて、お高いのも納得です!

 

そんな髪のスーパーフード「ライスオイル」はドラックストアなど身近なお店で購入することができます!

お風呂のあとのドライヤーや、ヘアアイロンを使用した時に髪の毛の乾燥が気になった方は、

ぜひ、お店で手に取ってみてください!

 

免責事項

 

miya

家でのお風呂は長風呂ではないけど、温泉では長風呂します。おふろ部を通してお風呂や温泉について色んなことを知りたいです!

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー