おふろ部

みなさんこんにちは
yumaです!

 

9月にはいりだいぶ暑さが和らいできましたね。

しかし、お風呂上がりに髪の毛を乾かすのって、体はぽかぽか&ドッライヤーの熱のせいで暑くないですすか?

 

 

私はよく思います…

ドライヤーを使うと汗が止まらないんです!

髪の毛を乾かすことが面倒くさくて、お風呂がいやだーって思うことが、多々あります…

でも適当にドライヤーで乾かして寝ちゃうと次の日、髪の毛のうねりがすごいことに(;_;)

髪の毛のうねりはヘアアレンジする時に厄介ですよね…

 

 

”効率よく、そして早く髪の毛を乾かして、さらにうねりを解決できる方法”はあるのでしょうか!?

気になったので調べてみました!

 

 

早く乾かすにはタオルターバンするといい!

 

お風呂上がりは、バスタオルで拭いても、結構髪の毛は濡れているんです。

ドライヤーをかける前に、しっかりタオルドライすることで、ドライヤーを使う時間を少なくすることができます。
出典:資生堂

 

でも、バスタオルで髪の毛を拭くのって結構時間がかかりますよね?

面倒なタオルドライが簡単にできちゃうおすすめの商品があります!

 

『マジカル吸収ターバン』 DAISO 税込108円

 

こちらは、私がいつも使用している商品です!

タオルで髪の毛を巻くのが苦手な人におすすめです!

 

 

ボタンとゴムが付いているので、簡単に髪の毛をタオルに包んだまままとめることができます!

 

そして、タオル自体がマイクロファイバーなので、吸水性抜群!
髪の毛を乾かすのがとっても楽です!

 

 

正しい乾かし方

 

 

☆乾かし方のポイントは2点!

 

 

①お風呂上がりは必ず髪の毛を乾かしましょう!

濡れた状態が髪の毛にとって一番良くないのです。

 

(前略)ぬれたままだとキューティクルを傷つけ、傷みの原因になります。
出典:資生堂

 

ドライヤーと髪の毛の距離に気をつけよう!

ドライヤーを使う時は、熱で髪の毛を傷めないように、ある程度離して乾かしましょう。

 

ドライヤーは、髪から10センチ(親指と人差し指を軽く広げた程度)以上離して使います。
出典:資生堂

 

 

☆手順

 

 

ただ適当に乾かしてしまうと、髪の毛が多い所がどうしても半乾きになってしまいます。

半乾きはうねりの原因になるので、乾かす場所を決めて、順番に乾かしていきましょう!

乾かし方の手順は美容院・美容室 SAMSONの資料を参考にさせていただいました!

 

 

①洗い流さないトリートメントをつける

トリートメントの量は、
ショート:1プッシュ
ミディアム:2~3プッシュ

付けすぎは、乾きづらくし、ベタつく原因なので注意しましょう!

 

 

②前髪がある方は前髪を乾かしましょう

前髪は、短いのですぐ乾いてしまいます。
自然乾燥だとうねったまま乾いてしまう可能性が!

上から当たるようにして乾かすと、パックリ分かれること無く綺麗な前髪になります!

 

 

③乾きにくい襟足

髪が重なって乾きにくい場所です。
手ぐしを通しながら風の通り道を作ってあげましょう!

 

 

④後頭部

ここも乾きにくい場所です!
根元を起こす感じで乾かしましょう!

 

 

⑤耳上側後頭部

耳の上の髪の毛は乾かし忘れやすい場所です。

中を乾かすイメージでドライヤー当てましょう!

 

 

⑥頭頂部

髪の毛を持ち上げて空気をしっかり入れて乾かすとボリュームが出ます!

 

 

⑦仕上げ

8割くらい乾いたらブローをしましょう!
ブラシに対して斜め45度から風を当てるようにすると綺麗に仕上がります♪

 

 

そして!

 

冷風でツヤ感UP
毛先に冷風を当てるとツヤ感が出るんです!
ヘアスタイルも崩れないので、仕上げにやってみましょう!

 

冷風を当てるだけで“ツヤ感”が出るなんて女子にとって嬉しい限りです!

 

 

実際にやってみると!!

今までどこから乾かすか決めずにドライヤーを当てていましたが、部分ごとに乾かすことで効率よく乾かすことができます!!

 

 

最後に、冷風をかけることで、サラサラになり、時間が経っても広がりません!

 

なにより、次の日のスタイリングがしやすい!
うねりが全くないので、ヘアーアイロンでのアレンジがしやすいです!

 

 

結果には個人差はあると思いますが、

「早く髪の毛を乾かしたい!」かつ「髪の毛のうねりをなくしたい!」

と思っている人は今回紹介した方法を試してみてください!

 

 

免責事項

yuma

yuma

音楽聴きながらおふろに入るのが至福の時間!「痩せよ」が口癖で、おふろで健康的にダイエットできるよう頑張っています!

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー