おふろ部

おふろ×アイデア

【高リスク!?】おふろで携帯電話がNGな理由とは?

2017-02-10

みなさんこんにちは!

相変わらずおふろに1時間くらい入っているふっくんです。

おふろに長時間入る理由は、人それぞれ違うと思いますが、携帯電話を使っていて長風呂になっているという人も多いのではないでしょうか。

先日同じおふろ部のライターであるクリスティーンそのみも、

【非防水iPhone】お風呂で使ってどこまでいける!?

なる記事を書いていました。

しかし実は防水対策を施しても、おふろで携帯電話を使うということはさまざまリスクにさらされます。

そこでiPhone水没経験3回(笑)の僕が、携帯電話をおふろで使ってはいけない理由をご紹介します!

 

 

水没のリスク

出典:【奇跡の生還】水没したiPhoneが復活!実際に僕が行った対処法を紹介します。

当たり前ですが、おふろで携帯電話を使うということは常に水没のリスクを頭に入れておかねばなりません。

僕も以前はおふろでiPhoneを使っていましたが、3回もお湯の中に落としてしまったのでもう使っていません。

1、2回目のときは落とした直後に素早くiPhoneを掴み上げたので、大事には至らずでしたが、先月、実に3回目の水没のときは電源を落とさずにしていたので、起動する際に画面に現れるアップルのマークがついては消える、ついては消えるを繰り返した(いわゆるアップルループ現象)ので、仕方なく非正規店での修理を実施しました。

費用はデータが消滅していなかったために水没修理だけで済みましたが、同時にバッテリーの交換も行い、およそ1万円(!)かかりました…

あと2ヶ月で契約が切れるので、機種変更を考えていたこの時期にコレです(笑)

今回は復旧できたからいいものの、もしできなかった場合はデータも消えます。

なのでおふろで携帯電話を使うのはやめましょう!

 

 

故障の原因

出典:iPhone5s(iOS7.0.3)がさっそく故障しました。[リンゴループ]

これはiPhoneを水没させてしまって、非正規修理店に行って水没復旧をしてもらっていたときに店員さんに聞いた話ですが、どうもおふろの湿気によって携帯電話の中の基盤などに悪影響を及ぼす可能性があるというのです。

おふろで携帯電話を使うと内部に湿気が入り込んでしまい、入り込んでしまった湿気が水滴に変化して基盤などの重要部品に付着します。すると、基盤がショートを引き起こしてしまって故障の原因となります。

つまり、間接的に故障の原因となる引き金を自分で引いてしまっているということになります。

僕も以前はiPhoneをおふろで使用していましたが、この話を聞いてからおふろで使うのをやめました。

もう少し早くやめておけば水没させることもなかったのに…と今さら後悔していますね(笑)

 

 

依存症の原因

出典:スマホ依存症とは?症状や原因や治し方、診断チェックなど!!!

これは自分でふと思ったことですが、一日中スマホを触っている、おふろの中やトイレの中でもiPhoneを触っている…など、心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これって依存症に近い状態だと思います。

スマートフォンやタブレットが普及して、いつでもどこでも誰でも情報を受発信できる時代になっていますが、いつの間にかそれが習慣付いてしまったために、どこへ行くにも肌身離さず携帯電話を持ち歩かなければ気が済まないという依存症になりつつあるのかなと思っています。

ご飯を食べるとき、トイレに行くとき、おふろに入るときなど、これらのメリハリをきちんとつけることで健康的な生活を得られます。

なので、おふろに入るときも携帯電話を持ち込まず、おふろで何も考えない時間をとることで脳を休ませ、画面を見ないことで目と身体を休ませてリラックスし、おふろからあがってから携帯電話を使うというようにメリハリをつけましょう。

 

 

 

最後になりますが、おふろはあくまでリラックスしながら一日の疲れを癒す場なので、携帯電話やゲームなどは一切持ち込まずに脳や目・身体を休ませたいですね。

どうしてもという方は完全防水のケースが売られているので、携帯電話をケースに入れてお使いください。

※防水ケースはコチラ

 

ふっくん

ふっくん

車が大好きで目の下にクマがある寝不足男子。 最近、快眠を得るためにシャワーで済ますのではなく、湯船にしっかり浸かって疲れを癒しています。ぼーっとしてしまい、気づけば一時間以上経っていることも…(笑) そのおかげもあって夜はぐっすり!!

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー