おふろ部

おふろ×健康

お酒好き必見!お風呂スキでもそれってリスキー??!

2019-06-13

 

なんて暑さだっ!

 

暑くてビールがとまらない、食欲もとまらない、運動意欲はとまってます。
ウマヅラです。

最近疲れやすいカラダになってきており、これはもう立派な夏バテでしょうかね。

いやいや、食欲があるからまだ夏バテじゃない!と自分に鞭打って(ウマだけに)日々過ごしているところでございます。

 

疲れやすい、あるいは食欲不振になりますと、それはもう立派な夏バテですよね。

皆さんはどうでしょうか?まだまだ初夏ですが、疲れは溜まっていませんか?

 

疲れているし、暑いし、お風呂に入った後は、キンキンに冷えたビールっ♪ビールっ♪
と冷蔵庫に向かいたくなる気持ちはよーーーく分かりますが、それって実は、リスキーなのはご存知でしたか?

 

お風呂+飲酒は血圧のアップダウンが…

 

皆さんはヒートショックという言葉をご存知でしょうか?

特に冬に起こる現象ですが、脱衣所が寒いと欠陥が収縮し血圧が上がり、逆にあったまろうと熱いお湯に入った途端は血圧が急上昇し、長時間入浴すると血圧を下げたりと、心臓に負担をかけることです。

 

これに飲酒(アルコール)が加わるとどうなるか…

アルコールは血圧を一時的に下げることもありますが、長い間、飲み続けると、血圧を上げ、高血圧症の原因になると考えられています。多くの研究で、日々の飲酒量が多いほど血圧の平均値が上がって、高血圧症になるリスクも高まることがはっきりしてきました。
出典:国立循環器病研究センター

つまりアルコールの働きは単純ではないということですね。

ですので、飲酒してからの入浴は、余計にカラダに負担を与えることになります。

いやはや、ウマヅラも飲酒後は入浴衝動にかられて何度も入浴したことがありますが、あの行為って実は危険だったんですね。

今は夏ですから脱衣所も冷えたりすることもないので、まだカラダへの負担が冬に比べると少ないかもしれませんが、油断しないようにしましょう。

 

じゃあ飲酒したらお風呂入ったらダメなのかな?いやいや、滅相もございません、ここはおふろ部です。

 

血圧のアップダウンで
フラフラしたくない。

でも夏のジメっとしたこのカラダの
汗は流したい。

 

そんなときは…

シャワーが効果的と考えます。しかもぬるま湯です。

 

熱いお湯で血圧を上げるなら、ぬるめのお湯で少しずつ体温を上げてやればいいということですね。

 

万が一、クラッときて意識を失うようなことがあっても、浴槽よりシャワーの方がまだ安全側なのではないでしょうか。

 

でも飲みすぎたが故に、シャワー中、倒れてケガでもしたら大変です。

ですので、今日は飲みすぎたなぁと感じたらそこはグッとこらえるか、冷めるまで待ちましょう。

 

普段は入浴。
お酒を飲んだらシャワー。

これが合言葉なのかもしれませんね。

しかしこれはあくまでも夏場でしか使えない入浴法で、真冬にぬるま湯のシャワーだけっていうのはツラいかもしれません。。。

 

いやはや、研究あるのみですね。

 

おまけ

 

それから、二日酔いのときの朝風呂にも注意してください。

 

カラダの水分が少なくなっている可能性が高いので、そのまま入浴してしまうと脱水症状になるかもしれません。

ですので、入浴前には必ず水分を摂るようにしましょう。

夏場のビールはより一層旨味が増します。

 

でも、飲みすぎて大好きな入浴タイムに支障をきたすことは本末転倒です。

 

結局のところですが、飲みすぎはよくないという所に行き着きますね。

 

夏バテには入浴が大事ですが、それ以上に大事なのは健康管理だということを忘れずに、この夏も楽しみましょう。

ウマヅラ

ウマヅラ

3度のメシよりプリン好き、どーもウマヅラです。1年間でウエスト3cm増のため、趣味のゴルフで汗を流しています。そんな汗をかいた後は・・・やはりビールですよね(いやいや、風呂入らんのかいっ!)よろしくお願いします。

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー