おふろ部

ベッドの上のバスローブ

おふろ×マナー

【大人の常識】バスローブの正しい使い方知ってる?パジャマとの違いは?

2019-06-25

おふろ部ライターのしょーです。皆さんゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?私は10連休フル活用して、ニューヨークと香港へ10日間行ってきました!

来月には海の日の3連休がありますし、今年は旅行へ行かれる方が多い一年になりそうです。

 

旅先ならではのアイテムといえば、バスローブ

日頃からバスローブを使う習慣がない日本人にとって、ホテルにあるバスローブはちょっとした旅の楽しみでもあるでしょう。

 

でも皆さん、バスローブには正しい使い方があるのをご存じですか?

この記事では、バスローブ主流の欧米諸国へ複数渡航している私が、バスローブの正しい使い方をご紹介します。

 

 

 

 

【そもそもバスローブとパジャマはどう違う?】

 

バスローブ

 

テレビ番組のホテルでのシーンで、芸能人が室内でバスローブを着たまま過ごしている様子がよく見られます。

 

しかし、私たちが日頃から入浴後に着るものは、パジャマなどのゆったりとした服装です。バスローブとパジャマはどう違うのでしょうか?

 

 

名称と生地の違い?

実は用途そのものが違います。

 

 

欧米では、お風呂上がりの濡れた体を、バスローブを着ることによって拭き取ってしまうことが本来の使い方です。バスローブ自体がバスタオルの役割をします。

 

そして、バスローブを着るのはおふろを上がってから、寝室などの着替えを置いている部屋へ移動する間だけです。

 

バスタオルで体を拭いてからバスローブを羽織り、リビングでゆったり過ごすのは本来の使い方ではありません。ホテルの室内であればまだ問題ありませんが、そのままの格好で廊下の自動販売機や製氷機まで向かうのは、少しの時間であっても避けたいですね。

 

 

 

 

【あまり知られていないバスローブの機能】

 

泡風呂に入る子供

 

バスローブはバスタオル代わりに使用し、着替えを置いている部屋へ移動する間に着るものだということをご紹介しました。

 

そして、バスローブはバスタオルにはない魅力的な機能があります。

 

おふろ上がりは体がポカポカしていて、バスタオルで拭いても拭いても体が濡れたままですよね。吹き出る汗を吸収したパジャマを着続けると、体が冷えて湯冷めしてしまいます。

 

厚いタオル地でできたバスローブなら、パジャマに着替えるまでの間に汗を吸収してくれるので、パジャマが汗を吸って湯冷めすることがありません。

 

 

 

 

【バスローブはいつまで着るのがいい?】

 

歯磨きする女性

 

バスローブは汗を吸収して湯冷めを防ぐ機能があることをご紹介しました。

ただし、さすがのバスローブでも長時間着たままだと、吸収した水分が冷えて体も冷えてしまいます。

 

汗が引いて体温が落ち着くまでの間だけ着るのがおすすめです。私の場合、髪を乾かして、歯を磨いてから着替えて、大抵10分です。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?バスローブの正しい使い方を知れば、旅先でのおふろもこれまで以上に楽しんでいただけます。

旅行の際は、今回ご紹介した内容をぜひ思い出してください。

 

 

 

免責事項

しょー

しょー

暇さえあれば海外へすぐに飛んでいってしまうしょーです。欧米でもバスタブのある家庭 では月1回程度お湯につかりますが、日本のように疲れを取るためではなくあくまで清潔 のため。(なのでお湯につかりながらシャンプーもしますし、家族でも一緒には入りませ ん!)リラックスの場、そしてコミュニケーションの場でもある日本のおふろの魅力を、僕 目線でお伝えします。

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー