おふろ部

オリーブ

おふろ×アイデア

「オリーブオイルってすごい!?」お風呂で簡単美髪ケア♪

2019-05-17

はじめまして!

お風呂は入っている間にウトウトして、1時間くらいお風呂に入ってしまう こじまる です(o^^o)

これからお風呂に役立つ情報をお届けできるよう頑張ります♪

よろしくお願いします!!

 

 

もう春ですね!新しい環境に変わる方も多いのでは??

第一印象はとっても大切。中高生時代は髪が広がってモサモサした子…が第一印象となってしまった私としては、新しい場所ではツヤツヤさらさら女子でいきたいっっ!!

そこで、家でできるケアを調べてみました。

するとなんと!オリーブオイルでツヤツヤの髪になれちゃう方法を見つけちゃいました!!

 

 

なぜオリーブオイルで??

今回は食用ではなく、美容用のオリーブオイルを使っていきます。

 

古来より、オリーブオイルは食べるだけではなく、美容にも良いオイルとして重宝されてきました。
オリーブオイルは「酸化しにくいオイル」という特長がありますが、これは、オリーブオイルに不飽和脂肪酸であるオレイン酸が70%以上も豊富に含まれているからです。

オレイン酸は人の皮脂に含まれている脂肪酸で、お肌にうるおいを与えるための大切な成分です。オレイン酸が不足すると、皮脂のバランスが崩れて皮膚が乾燥したり、逆に皮脂量が増えて毛穴が詰まったりします。

頭皮もお顔の皮膚と同じ構造をしていますが、頭皮のほうが皮脂腺の数が多く、皮脂の分泌も活発です。
オリーブオイル中にはオレイン酸が豊富に含まれているため、頭皮の皮脂汚れとなじんで落とす効果が期待できます。

また、オリーブオイルにはビタミンEやポリフェノールなど、頭皮、毛髪を健やかに保つ成分が含まれています。オリーブオイルはスキンケアだけではなく、ヘアケアにも適しているオイルなのです。

 

出典:オリーヴの森

 

オリーブオイルをヘアケアに使うことによって髪の汚れを落としてくれるだけでなく、ビタミンEやポリフェノールの効果で毛髪の栄養を補ってくれるようですね!(^^)

 

 

どうやってやるの??

それでは一体どうやってケアしていくのかをご紹介します!

今回はこちらのサイトを参考にさせていただきました↓

オリーヴの森

 

①髪をお湯で十分に洗います。

②シャンプーを髪につけ泡立てたら、シャンプーと同量のオリーブオイルを泡に混ぜます。

③指の腹で、揉み込むように洗います。

*効果の出方が髪質により違うようなので、最初は週に1〜2度から試してみてください。

 

こちらの方法は、髪のまとまりを改善し、パサつきが抑えられるそうです!

 

 

気をつけること

オリーブ・オイルをつけすぎたり混ぜすぎたりするとベタベタになってしまいます。髪の長さにあった適度な量を守りましょう!!

また、やりすぎると逆に頭皮の皮脂が不足してフケや皮脂の過剰分泌などのトラブルにつながりますので、気をつけてくださいね(`・∀・´)

 

 

実際にやってみました!!

先ほどのオリーヴの森のサイトの商品が気になり、使ってみたかったのですが、今回はとりあえず私の家にあったコチラ↓のオリーブオイルを使ってやってみました!

 

出典:無印良品 オリーブオイル

 

 

 

50mlで、価格は税込490円(2019年4月時点)です。

 

1週間に1回、を3回ほどやってみたのですが、頭を洗った時にすっきりとした感じがありました!!しっかり乾かすと、まとまりもよく、アホ毛が落ち着いていたことに感激でした♪

 

私は肩にかからないくらいの長さ、量がかなり多めの髪なのですが、500円玉と同じくらいのオリーブオイルを手のひらにとって伸ばしてからシャンプーの泡に混ぜていきました。先ほどの手順にはシャンプーと同量の、とありましたが髪の多い私は同量だと効果は微妙な感じに…。

 

髪が短めの方、肩にかからないくらいの髪でも量が少なめの方は、もっと少なくても良いかもしれないです!

 

1回失敗した時は、髪の量に対してオリーブオイルが多すぎて、ちょっと油っぽくギトギトした感じがありました…

試される方は自分に合ったオリーブオイルの量、そしてしっかりすすぐ事に気を付けてみてください(^-^)

 

 

 

いかがでしたか?オリーブオイルは体に良いと聞いたことがありましたが、食用にするだけでなく

ヘアケアにも良いということが分かりました♪

みなさんもぜひお風呂でお試しください(*^^*)

 

これで第一印象はサラつや髪になれるかも!!

 

 

免責事項

こじまる

こじまる

旅行と食べるのがだいすきです(´∀`*)

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー