おふろ部

おふろ×アイデア

【もう使った?】秋の温泉旅に、コスパ最強「サンキューちばフリーパス」はいかが?【利用は11/30まで】

2017-11-10

こんにちは、旅行の秋ですね!

旅行のときは、家のよりもずっと広いおふろでゆったりするのが醍醐味ですよね。そして、できれば家では味わえない温泉だったらもっと素晴らしいですよね。

でも、温泉旅行ってお金かかるし遠出しないといけないしハードル高いよなぁ……とお悩みではありませんか?

 

そんなあなたに、朗報です!

東京のお隣・千葉県にも素晴らしい温泉はたくさんあるのです

遠出しなくても温泉旅行、しかも“ある切符”を買えば格安になっちゃうって知ってましたか?

その前に、千葉県の温泉を紹介しましょう。

 

 

 

 

火山のない千葉県の温泉って?

 

千葉県は標高の低い県です。それもそのはず、火山が一つもなく、県で一番高い山でもたったの408m。そんな千葉県に湧く温泉は、温度が低い温泉がほとんどです。温度が低くても、炭酸ガスや水素イオンなどの特定の成分が基準値以上入っていれば温泉だと定義されています。温度が高いだけで成分の少ないものも温泉に定義されてしまっているのに比べて、温度が低い温泉は成分の基準があるためにハズレが少ないと言えるでしょう。

温泉の定義を自分なりにまとめてみました。

 

これからの季節にうれしい保湿も期待できる温泉が、千葉県にはたくさんあります。塩化物泉という温泉では、塩分が肌に薄いヴェールをつくって肌の潤いを保ってくれます。

千葉県の養老渓谷温泉の温泉水

 

こんな感じで褐色がかった温泉が多いのも特徴です。この色と塩分は関係していて、かつて千葉県の多くの部分が海の中だった時にたまった植物の成分のうち分解されにくいもの(腐植質)や、その時の海水の塩分などが温泉として出てきているのです。腐植質は温泉を褐色にさせるだけでなく、肌触りがぬめっとしてお風呂上りにはサッパリした感覚になります。

次に、いよいよオトクな切符の紹介をします!

 

♨参考ページ

千葉県「千葉県の温泉」資料のPDFファイル中に詳しく説明があります。)

e-Gov法令検索「温泉法」

温泉ソムリエ協会「泉質別効能と特徴(2)塩化物泉」

温泉の科学 7-0-2「黒湯はなぜできる」

 

 

簡単にモトが取れる!太っ腹な「サンキューちばフリーパス」の実力は?

 

千葉県の温泉巡りに、鉄道もオススメです。駅からのアクセスが良い温泉がたくさんあります。

今回紹介したい「サンキューちばフリーパス」は、千葉県内の

  •  ・ JRの全路線
  •  ・ 小湊鐡道
  •  ・ いすみ鉄道
  •  ・ 銚子電鉄
  •  ・ 指定区間のバス

2日間乗り放題になって、さらに100ヶ所以上の場所で特典を受けられるのです!

一例をあげると、マザー牧場の入園料200円引き(小人100円引き)や、市原ぞうの国の入園料1割引きなど。テーマパークだけでなく、飲食店の大盛無料や道の駅のソフトクリーム値引きなど特典は多種多様です。

それでお値段はなんとたったの3,900円。なんと太っ腹なんだ、JR、そして千葉県……

サンキューちばフリーパスで乗り放題になる鉄道路線(出典:JR東日本「サンキューちばフリーパス」[2016年度版;PDFファイル]より編集)

 

とってもオトクな「サンキューちばフリーパス」は、千葉駅、舞浜駅、成田空港駅、柏駅などの、千葉県内で東京に近い駅のみどりの窓口で購入できます。

さらに、千葉県・茨城県以外の首都圏の主な駅にあるみどりの窓口でも、東京都区内のJR駅⇔千葉県内の鉄道フリーエリアの往復乗車券が、サンキューちばフリーパスとセットになった「サンキューちばフリー乗車券」が4,700円で売られています。

 

 

 

恐るべき「サンキューちばフリーパス」:1泊2日で約5,000円トクした僕の温泉旅行

 

僕はこのフリーパスを駆使して、養老渓谷温泉と矢指ヶ浦温泉に泊まってきました。

 

 

 

 

 

レトロ感がたまらない小湊鉄道と、ムーミンの列車がかわいいいすみ鉄道の乗り換えの合間に温泉に入りました。

乗り換えといってもなんと2時間!これだけあれば温泉をしっかり満喫できます。

 

 

養老渓谷駅からフリーパスで乗れるバスで10分ほどにある養老渓谷温泉では、褐色でぬめりのある温泉が楽しめました。湯上りはポカポカ、肌もツルンとなります。

 

そしてせっかく2日間乗り放題なので、温泉宿に泊まることにしました。なんと、サンキューちばフリーパスの特典として、旭市の指定の宿泊施設の宿泊料金が3,000円引になるのです。

3,900円のフリーパスで3,000円の値引きって……コスパ良すぎです!!

旭市はチーバくんの後頭部あたり。(出典:千葉県「チーバくんのプロフィール」)

 

日が暮れる頃に着いたお宿は「矢指ヶ浦温泉館」。民宿のような小さな旅館ですが、なんと千葉県で初めて温泉の認定を受けたという歴史ある宿なのです!

 

この温泉も腐植質と塩分をたっぷり含んでいます。肌触りはとってもまろやか。いつまで入っていても大丈夫そうです。「優しヶ浦温泉」という別名があるのも納得の優しいお湯でした。

 

温泉のあとは、お待ちかねの晩ご飯!9,500円と7,400円のプランがあるうち、安い方のプランにしましたが、それでもこのボリューム。お刺身と天ぷらがついてきます。ここから宿泊料金が3,000円引になるので、払った額はたったの4,400円でした。安い!

 

すっかり温泉旅を満喫して、大満足で一日が終わりました。

二日目も温泉巡りを楽しみたいところですが、残念ながらこの日は午後から大学の授業がありました。

そんな日でも千葉県に泊まっているので安心。のんびりしてから宿を出ても都心へは十分間に合います。

 

ここまでの移動ルートと、全部乗車券を買った場合の料金を振り返ってみましょう。

市川→(総武線・内房線)→五井         670円

五井→(小湊鉄道)→養老渓谷       1,250円

養老渓谷→(小湊鉄道・いすみ鉄道)→大原  930円

大原→(外房線など)→旭         1,320円

旭→(外房線・総武線)→市川       1,490円


合計     5,660円

3,900円のフリーパスでこれら全部が乗り放題だったので、1,760円のトクでした!恐るべしサンキューちばフリーパス……

このフリーパスのおかげで、さらに宿代でも3,000円トクしています。頭が上がりません。

交通費と宿代を合わせて4,760円もトクしちゃいました!

 

※サンキューちばフリーパスの特典を使って泊まるときは、予約の際にフリーパスを使うことを連絡しましょう。

※今回の旅行のことは、僕の所属する東大温泉サークルOKRのブログにも書かれています。もしよかったらご覧ください。

 

 

 

コスパ最高の「サンキューちばフリーパス」の利用期間は11月30日まで!

 

そんなとってもオトクな「サンキューちばフリーパス」ですが、今年度の利用期間は11月30日(木)まで!まだ買ってないという方は早めにご購入を!!

 

  •  ・ 千葉県内のJRと一部の私鉄・路線バスに2日間乗り放題で3,900円!
  •  ・ しかも旭市の指定の宿泊施設の宿泊料金が3,000円引などたくさんの特典つき!
  •  ・ 千葉県にはまろやかで保湿に良さそうな温泉がたくさん!
  •  ・ のどかな景色とレトロな鉄道で、本格旅気分を近場で味わえちゃう!

 

こんなにメリットだらけの「サンキューちばフリーパス」を使った千葉県の温泉旅行、行くなら今のうちですよ!!

はしも

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー