おふろ部

おふろ×アイデア, おふろ×ダイエット, おふろ×健康, おふろ×美人

【脱水症状の危険はすぐそばに!】知ることで防げる -飲み物編―

bychan4

2017-11-15

皆さんこんにちは!突然ですが!

私は普段からあまり水分を摂りません。

どれほどかというと、じんわり汗をかく日でも500mlのペットボトルを一日で飲みきれません。

 

普段から水分を摂らないため、お風呂に入る前も水分を摂らずに入ってしまいがちで過去に何度かめまいや吐き気に襲われることがありました。そうです、、、脱水症状です。

楽しくお風呂に入っていたのに、突然体が辛く気分は最悪です。

 

「何か(飲み物を)飲んでから入れば大丈夫でしょ。」

あまい!!!!!

単に飲むだけでは予防になりません!何を飲むかによって効果も異なります。

 

 

まず始めに「なぜ脱水症状を起こしてしまうのか」

 

入浴をすると体が温められて汗をかきます。

お湯の中での発汗は気づきにくく、40度のお風呂に10分間入ると約500㏄の水分が失われるといわれています。

出典:教えて!goo

 

約ペットボトル1本分です!シャワーを浴びているので汗をどれくらいかいているのか分かりづらいですが、思っているよりも多く失われていると考えてよいでしょう。

人は体内水分量の5%失われると頭痛や体のほてり、6%失われるとめまいなどの症状が現れます。

この症状が出たときはすでに500ml以上の水分が失われているのです。

 

出典:大塚製薬

 

では本題!脱水症状を防ぐ飲み物とは何か?

 

入浴時に良い飲み物、悪い飲み物を分けて考えてみました!

まず良い飲み物をあげてみたいと思います。

 

ひとーつ!麦茶!!

 

出典:T’s Room

 

麦茶に含まれるミネラルによって血液がサラサラになり血流がよくなることから体温を下げやすいという効果があります。

お茶の中でも麦茶がオススメされるのはなぜでしょう。

それはカフェインが含まれていないということがポイントです!

 

「なんでカフェインがよくないの?」と聞きたい人も多いでしょう。

カフェインの利尿作用によって、体内の水分が尿へと変わりやすくなってしまうのです。つまり!!

脱水症状を防ぐ飲み物と考えたときに

「なるべく、、、避けてほしい!」ということなのです!(利尿作用自体悪いことではありません。)

 

ひとーつ!スポーツドリンク!!

 

出典:アクエリアス/AQUARIUS

 

 

スポーツドリンクには水分、糖分に加えてミネラルが適度に加えられています。

汗にはミネラルが含まれており、水分の他にミネラルも一緒に流れ出てしまっているので、水分補給をするときはミネラルの補給も合わせて行うことが大切です。

出典:アクエリアス

 

では逆に!!

脱水症状を防ぐには向いていない飲みとは

 

ここからは脱水症状を防ぐには向いていない飲み物をあげてみたいと思います。

 

ひとーつ!緑茶!!

 

出典:Googirl

 

健康に良い影響を与えるとされる成分が多く含まれているお茶ですが、苦み成分にカフェインが含まれています。緑茶以外にもウーロン茶などにも含まれています。

 

一般的なコーヒー100㎖に含まれるカフェイン量は約60㎎。

緑茶の中でも玉露に含まれるカフェイン量はなんと約160㎎!ダントツに多いのです!

 

出典:ヘルスケア大学

 

ひとーつ!水!!

 

 

水が水分補給に向かない?これは意外でした!

のどが渇いたからといって急に水を飲むと、体内のミネラルバランスが崩れて体調を崩してしまうことがあります。水分補給をするときは、ミネラルの補給もあわせて行うことができる飲み物を利用し、ミネラルの補給も行いましょう。

 

出典:ヘルスケア大学

 

なぜ利尿作用が入浴時に良くないのか?

利尿作用とは排尿量を多くする作用のこと。

なぜ入浴時に良くないのかというと、利尿作用により尿を排出することで体内の水分量が減るので脱水に繋がるということも、もちろんあります。

その他の理由を調べていくと脱水症状とは離れてしまいますが、気になる記事があったので紹介します!

お風呂で排尿することで起こるリスクとは?

お風呂で尿をする人はおねしょをしやすいと言われています。お風呂の暖かさと布団のぬくもりが似ているため、睡眠中に反射的に排尿してしまうことが原因ではないかと考えられています。

出典:Mocosuku

 

お風呂で尿をしないためにも、利尿作用を避けたいものです。

利尿作用自体は悪いことではありませんが、入浴中にはおすすめできません。

出典:ヘルスケア大学

 

いくつか代表的な飲み物で良い飲み物、悪い飲み物を取り上げてみました。

入浴時間が長ければ長いほど、汗は多く出ますし、同時に脱水症状の危険性も高まっています!

長くは入浴する場合はこまめに水分補給をしつつ、無理をせず適度な汗を流したところで上がるのが一番良いでしょう。

目安はじんわりとおでこに汗がにじみ出てきたくらいが湯船を上がるちょうど良いタイミングと言います。

今回調べてみて、自分が思っていたよりもかなり多くの量の水分が体内から失われていたことが分かり、自分で苦しめていたのだと反省しました。。。

それと緑茶ばかり飲んでいたことにも。(汗)

正しい飲み物を飲んで水分補給をし、自分の汗のかき方を見て、脱水症状に気を付けて体に優しく充実した入浴を心がけていきたいと思います!!

みなさんも試してみてはいかがでしょうか!

 

chan4

chan4

タオルが最高の癒しchan4です。 気を付けていることは無理のない入浴、 適度に健康的な入浴を心掛けています。 お風呂でのカラオケが日課です(笑)

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー