寒くなったり、暖かくなったり、この時期は体調を崩しやすい季節ですよね。

でも3月って、社会人の方は年度末の大事な仕事が、就職活動中の学生さんは、志望企業の説明会などが多かったりと、風邪なんか、ひいている場合じゃない!という方がとても多いと思います。そこで、本日は手軽にできる風邪をひかない体づくりをお教えします。

なぜ、風邪をひくのか?

学校や職場で同じように生活しているのに、風邪をひきやすい人っていますよね。なぜ、風邪をひきやすいのでしょうか?それは、免疫力の低下が原因です。

免疫とは病原菌やウイルス、外敵からからだを防衛するための機能です。この免疫の力が弱まることによって、ひとは風邪をひきやすくなったり大病を患ったりしやすくなります。

出典:免疫力を高めるためのガイドブックhttp://www.e-immuguide.com/occasion/

風邪 男性

免疫力を上げるには・・・

方法はいくつかあります。そのひとつとして、基礎体温を上げることで免疫力をアップさせる、という方法があります。逆に、「体温が下がると免疫力がダウンする」とも言えるので、少し怖いですよね。。。 風邪をひいたときにしか、なかなか確認しない体温ですが、日頃からこまめに確認し、体調管理をしていくことがいいかもしれませんね。

理想的な体温が36度台後半と言われている中、現代人の平均体温は35度台です。みなさん平均体温が1度下がることで体に及ぼす影響ってご存知ですか?体温が1度下がると、なんと基礎代謝は約12%、免疫力は約30%も下がってしまうんです!

出典:他の生姜ドリンクと比べてみてください! http://hjhs.jp/more/meneki_hie.html

お風呂に入って、体温36.5度以上を目指そう

出典:健康ダイエット

健康な体を維持していく上では、体温が36.5度以上であることが理想的だと言われており、免疫力アップの他にも、新陳代謝もUP、腸内細菌も活発に働いてくれるそうです♪

入浴をシャワーで済ます人が増えていますが、入浴の際は必ず湯船につかるようにしましょう。湯船に10分つかると体温が約1度上がります。忙しいとついシャワーで簡単に済ませてしまいがちですが、しっかり湯船につかり体の芯から温める習慣をつけてください。

出典:A!yann  http://ayann.com/health/kisotaion

出典:アマルネス・ガーデン

実は、お風呂の入り方にもコツがあり、効率よく温まるためのポイントがあります。そのコツはまた次回に伝授します。

「冷えは万病のもと」と言われますが、お風呂に入って、健康なカラダを手に入れましょう!