目がかゆい…。鼻がかゆい…。ムズムズする…。

へッ、ヘッ、ヘッ、ヘックショーーーーーーーーーン!!!!

またこの季節がやってきたか!

…と、花粉症に悩まされている皆さん!少しでも症状を和らげたいですよね?

実は、毎日入るお風呂で“花粉症対策”ができちゃうんです!

 

 

☆「疲れ」「ストレス」は厳禁

women

出典:GATAGフリー素材

花粉症のせいでイライラしてストレスは溜まっていませんか?

私は中学生の時の合唱の時間、花粉症がひどい時はいつも、な行の発音に濁点がついてしまい

上手く歌えないのであまり声を出せずモヤモヤ….。

そんな経験ありません???

お仕事や学校、運動などで疲れが溜まるだけでなく、花粉症であることがストレスの原因にもなっています。

この「疲れ」「ストレス」が体の抵抗力を弱め症状を出やすくするのです。

 

ではみなさん、お風呂では湯船に浸かっていますか?

シャワーだけでは疲れがとれませんよ!

しっかり湯船に浸かり、リラックスして体の疲れをとりましょう。

症状が和らぐだけでだいぶ楽になります(´▽`)

 

しかーーーーーーし!!!!!!!

花粉症対策をする時のお風呂には少しポイントがあります!

 

*38℃~40℃のぬるめのお湯

 (⇒42℃以上の熱いお湯に浸かるとヒスタミンというかゆみの原因物質が出てしまいます)

*15分間を目安に入る

 

これに気をつけて入浴しましょう!

出典:42℃以上で悪化?花粉症を和らげる正しいお風呂のコツ

出典:花粉症対策になるお風呂の入り方

 

 

☆鼻を温めよう

taoru

出典:ヤフー画像

耳鼻科の先生によると、花粉症の鼻は温めるのが良いそうです!

お風呂で簡単に鼻を温める方法があります。

ここで使うのは、タオル1枚とお風呂にあるもの!

あるものとは、熱いものから自然に出て、モワモワして、掴んで持つことができないもの!

それは……そう!アレです!!アレ!!!!!!!

 

湯気なのです!!!!

 

タオルと湯気をどう使うの?

実に簡単です。

 

*湯船に浸かり、湯気を吸い込む

⇒長く湯船に浸かるのが苦手な人は、給湯時にフタを開けて浴室内を湯気でいっぱいにしましょう。

 また、給湯の湯に向けて熱いシャワーをかけてもOK!

*蒸しタオルをのせる

⇒熱い蒸しタオルを冷めるまで鼻周りにのせる

 (洗顔後にやると美肌効果もありますよ♡)

 (蒸しタオルは、水につけたタオルを軽く絞ってラップで包み電子レンジで1分温めてね)

出典:花粉症には鼻を温める-お風呂アドバイザー【洗いの殿堂】

これだけです!

 

>>>ここで!「鼻づまり」について<<<

花粉症の鼻づまりは、鼻の粘膜の充血が原因です。

こんなこと考えたことなかったでしょ?

花粉症による鼻づまりは、鼻の粘膜の充血によるものです。そこで、お風呂に入って血流を良くし、温かな湯気を吸い込むことで、花粉症による鼻づまりも一時的に解消します。湯気を吸い込むことは気道に適度な湿り気を与え、気管の異物を排出させるための繊毛運動を正常化するのです。

出典:42℃以上で悪化?花粉症を和らげる正しいお風呂のコツ

原因が何であるかが分かれば、それに対してどうすれば解消できるかを考えることができます。

 

家にあるタオルと勝手に出てくる湯気だけで簡単に、いつも苦しめられている鼻づまりが解消できるなんて

嬉しいですよね!

寝る前にやって、ぐっすり眠れることが期待できます♡♡♡

 

待った!!!!!!

ヘッ、ヘッ、へックション!!へックション!!へックション!!

鼻づまりは良くなったがくしゃみが止まらない!!助けて><

 

そんな時は…

 

 

 

☆柑橘系アロマオイル

lemon

出典:GATAGフリー素材

お風呂上がりにくしゃみが止まらなくなるのは、自律神経のうち副交感神経だけが

活発なままになっているからです。

交感神経を活発化する必要があります。

ここで登場するのが柑橘系のアロマオイル☆☆☆

「オレンジ」「グレープフルーツ」「レモン」などなど。

これらのオイルには「リモネン」という成分が入っていて交感神経を活発にします。

出典:花粉症の症状緩和の方法と花粉症やアレルギーを悪化させる食べ物を紹介

 

部屋でアロマを炊くのもいいですが、お風呂から部屋に行くまでにもうくしゃみが!

って人は、洗面所で炊いてみては???

早速、アロマオイルを買っちゃおう(^^♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://ease-aroma.ocnk.net/

 

 

tree

出典:GATAGフリー素材

私も、お風呂で花粉症対策ができるなんて知りませんでした。

「もともとそういう体質だからしょうがないか。」

って、いつも花粉症であることを素直に受け止め、少しでも症状を和らげる努力をしたり、

対策をしたりするということはありませんでした。

でも、毎日入るお風呂で簡単にできるなら、やってみるべき!

いつ花粉が襲ってきてもいいように、今回紹介した対策を復習しておきましょう(^O^)

 

「かかって来い!花粉!!!!!!!」