暑い・・・暑すぎる・・・こんな季節は怖い話が聞きたくなりませんか?

背筋が凍る思いをすれば、夏の暑さも紛れますよね。

 

しかし、つい心霊系の番組を見たりネットで怖い話を読んだりして、後から怖くなって後悔した!という経験、ありませんか?

 

特に、怖い話を聞いた後のお風呂は最大の関門ではないでしょうか。

心霊モノを見聞きした後だと、いけないと分かっているのに、ついつい余計な想像力を働かせてしまいがちです。

夜に入るのが怖くて朝風呂にしてしまう、なんてこともありえますが、朝シャンよりも夜シャンの方が断然良いのはおふろ部読者のみなさんならご存知のはずです。

参考:おふろ部過去記事

朝シャンしていると、ハゲて、老ける!?!?

【警告】ついついしてしまう朝風呂の実は…!

 

そこで、怖い話を聞いてしまった後の恐怖対策について調べてみました。

 

1 歌う

出典:Smartlog

おなかの底から大声で歌えば、適度な緊張とリラックスのバランスが、自律神経を整えるのによい影響を与えます。大きな声で歌うことで汗をかき、体内の老廃物を発散すると同時に、精神的なストレスも発散できます。

出典:ストレス・ラボ

 

人が恐怖を感じている時は、自律神経の内「交感神経」が働いています。好きな歌を歌うことで恐怖=ストレスを発散し、「副交感神経」にスイッチが切り替わって恐怖心を和らげることができるのです!

うっかり怖い妄想が始まらないように、できれば音楽をかけておきましょう。

どんな歌でもOKですが、迷ってしまう方はおふろ部のコチラの記事も要チェック♪

【バスオケ】お風呂でこそ歌いたい♪思わず口ずさんじゃう!?バスソング3選

 

2 家族と一緒に入る

出典:子育て応援サイトMARCH

定番の対策ですが、1人で入るのが怖いなら、誰かと一緒に入ってしまいましょう!

カップルや夫婦で一緒に怖い話を見た後なら、吊り橋効果もあいまって、仲良し度アップもますます期待できそうです。

そんな相手がいない方も、お盆のこの時期、普段かまってあげられていない親戚の小さい子が近くにいるのでは?怖い時は思いっきり相手をしてあげましょう(&相手になってもらいましょう)。一緒なら怖くなくなりますし、相手もきっと喜んでくれるので、一石二鳥ですね!

 

3 シャンプーハットを使う

出典:TT-Mall

お風呂でも最も怖い時間・・・それは目をつぶっておかなければならないシャンプーの時間ですよね。

そんな時でもシャンプーハットがあれば、目をつぶる必要がなくなります!持っている方は少数派かもしれませんが、怖がりさんは持っておいて損はなさそうです。

100円ショップでも売っていますので、意外とすぐにゲットできるのもポイント。

 

ネットでこだわりのハットを買いたい方はコチラ

 

4 他の人ならどうするだろう?と想像を働かせる

出典:lifehacker

(怖さをなくす方法について)他の人だったら、その話を聞いたとき怖がるだろうか?なんというだろうか?などと想像してみます。

出典:教えて!goo

他の人ならどうだろう?と考えることで、自分が今置かれている「怖い環境」を想像の源に変えることができます。

自分の身近な人でもいいですが、アニメキャラなどで想像するとかなり気が紛れますよ!怖い想像が始まらないように、思いっきり楽しい方向に妄想力を発揮させましょう。

例)

ドラえもんはお風呂が怖いのび太にどんな道具を出すだろう?

おそ松さんの6つ子は、怖い話を聞いたらそれぞれどんなリアクションを取るかな?

・・・などなど。

 

お分かりいただけたでしょうか?

心霊モノ真っ盛りの今日この頃ですが、私の経験上、いちばん怖いのは幽霊よりも自分の想像力です!笑

ご紹介した方法で恐怖心に打ち勝ち、こわ~い思いをした後はお風呂でのリラックスも忘れずに!!