みなさんこんにちは!

 

私が担当するのは“背中周りの洗い方”です。

 

ちなみにみなさんは背中をどのように洗っていますか?

別に見えないところだからといって雑に洗ったりしていませんか?

その洗い方がもしかすると背中の肌荒れにつながるかもしれません。

そこで、“美背中”を目指すために間違った背中の洗い方とその解決法について3ステップでご紹介します!

意外とNGな洗い方をしている人も多いので、良かったら参考にしてみてくださいね。

taoru

出典:背中の脱毛タオルの効果はある?ソニプラで購入した口コミは?

良くない洗い方①

<ボディータオルでの洗いすぎ>

日本人はよくきれい好きといわれるように、シャワー派の人もお風呂派の人も毎日念入りに自分の体を洗うのですが、逆に洗いすぎて背中ニキビや肩ニキビの原因になってしまっている人が多いんです。特に背中はこの季節、汗をかきやすいということで必要以上にこすりすぎている人がいるので要注意です。

 

~では、どうすればいいの?~

問題を防ぐため重要なのはまず、ボディータオルなどでシャンプーを泡立ててから、決して強く擦らずに、その泡を優しく塗るように体に擦りつけることです。

 

 

 

w621_bath2

出典:乾燥肌にさようなら!カサカサを防ぐ10の正しい入浴法

良くない洗い方②

<体を洗う順番>

みなさんは体を洗うときまず最初にどこから洗いますか?まずは体からという人。要注意です!体から頭にかけて洗う行為はこれもまた背中ニキビの原因になりえます。せっかくボディーソープで洗ったのにもかかわらず、シャンプーが流れ落ちてくると肌が刺激され背中ニキビを誘発します。

 

~では、どの順番が正しいの?~

頭から体、上から下にかけて洗っていくイメージです。

具体的には髪→顔→体の順番で洗うとよいでしょう。

洗いの残しにも気をつけてくださいね。

 

 

 

kesyo

出典:アトピー肌・敏感肌の方の頭皮ケア

良くない洗い方③

<ボディーソープなどの洗浄剤の液体を直接肌につける>

これも多くの人はやってしまいがちなのですが、ボディーソープを直接肌につけて洗う行為は肌にダメージを与えます。一般的なボディーソープは洗浄力が強すぎる為、肌に過度の刺激を与えてしまいます。

 

~では、刺激を和らげるにはどうすればいいの?~

1の解決策を同じなのですが、液体状のシャンプーをボディータオルなどで泡立ててから、その泡を優しく塗るように体に擦りつけることです。

 

 

 

今までごしごしやっていた人は汚れがちゃんと落ちているのか心配になるかもしれませんが今までがそのごしごし洗いにより必要な肌の細胞を傷つけていたと考えてください。泡だけでも汚れは十分落ちます。

 

 

どうでしたか?みなさんも案外どれか1つはやってしまいがちですよね。お肌のトラブルを防ぐためにも、上の3つのことに注意しながら洗うようにしてみてはいかがでしょうか?

 

他の洗い方講座も見てみたいという方は

【おふろでのピンポイント洗い方講座1】~お肌きれいになる顔編~

 

【おふろでのピンポイント洗い方講座2】~浴衣で魅せるうなじ編~

 

【おふろでのピンポイント洗い方講座3】~においが気になる脇編~

 

の3つの記事も合わせて読んでみてはいかがですか?

次回のピンポイント洗い方講座は8月7日にyunkaが足の洗い方についてお教えします。

お楽しみに~🎵