みなさんはどんな目的でお風呂に入っていますか?毎日入るのが習慣になって、体をキレイにするだけの空間になっていませんか。私も以前はそうでしたが、結婚を機に湯船に入るようになり、リラックスできる空間に変わってきました。お風呂に入る目的は様々だと思いますが、毎日入るのだから、今の目的にプラスαの価値を見出せたら、得した気分になりますよね。

確かに!って思った方は読んでみて、ぜひ実践してみて下さい。思った以上の効果が期待できます。

何も必要ありません。スイッチを押すだけ。

出典:Spotlight

今回、紹介する入浴法は普段の入浴と全く変わりません。ただ、電気を消して湯船に入るだけ。これだけで、お風呂の空間がガラッと変わります。

試してみれば分かります!私は布団に入って寝る寸前が至福の時間ですが、それに似た感覚になります。ツイッターにもありますが、目の疲れがとれるのが一番大きな効果です。

 

現代人の目は疲れている?

視覚から取り込まれる情報量は9割以上と言われています。さらに、仕事でパソコン、休み時間はスマホ、現代人はブルーライトを浴びまくりですよね。目の疲れは蓄積すると、頭痛や肩こり、めまいや病気などもあります。

やはり、1日の疲れはその日のうちに解消しないといけません!

出典:鯵のワイドショー

現代のパソコン中心業務を行うひとにとってあげられる眼の症状である「ドライアイ」。この乾き目にはお風呂という高湿度の中で目が潤う。さらに体が温まることで血行を良くして筋肉をほぐすことで目の疲れも取れやすいということだ。肝心の暗闇の中での入浴だが電気を消しての暗闇ということで脳が休む時間だと判断することで自律神経が切り替わりリラックス効果が高まる可能性があるだろうと言われている。

出典:鯵のワイドショー

 

闇風呂にプラスα

音楽をプラスするのも効果的です。真っ暗にしたお風呂に浸かり、好きな音楽を聴く。視覚の情報はシャットアウトされ、好きな音楽だけが頭に入ってきます。これで、日常で使い過ぎている視覚を休ませ、聴覚・触覚のみでリラックスできます。真っ暗が嫌いな人はキャンドルや、暗めの照明をセットするのもいいかもしれません。

欲張って嗅覚も使ってリラックス・・・と思いましたが、まずはみなさんも「電気をOFF」から始めてみてはいかがですか。

 

他にも、「星を詰めた瓶」や「闇風呂」なども過去にアップされているので、参考にクリックしてみて下さいね。

・簡単DIY♡「星を詰めた瓶」を作ってお風呂で癒されよう!

・目の疲れスッキリ!今日からできる”闇風呂”とは?

出典:TABIZINE