最近は暑い日が続いて汗をかく人をよく見かけますね。私もその中の1人で、通学中汗がとまりません…。

そのため、帰宅したら真っ先にお風呂に直行します!(笑)

さてさて、ここからが本題!

みなさん、シャンプーやボディーソープのボトルが空になったとき、詰め替え用のものを購入していますよね?

詰め替え用のものだと、値段が安かったり、ゴミも最小限に抑えることができ、良いことづくめです。

しかし、詰め替える際に気を付けなければいけないことがあったのです!

IMG_5022

ボトルの中で菌が繁殖!?

結論から言うと、正しい詰め替えを行わなければ、ボトルの中で菌が繁殖してしまいます。

つまり、菌が繁殖したシャンプーやボディーソープで身体を洗うことになり、もし菌が血液に入ってしまうと肺炎などの感染症を発症する可能性があります。

そこで、シャンプーやボディーソープの正しい詰め替え方をご紹介します!

 

空になったらボトルを洗おう!

ボトルが空になったら、洗うことが重要です!

洗わずに詰め替えてしまうと、菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

しかし、洗ったらそれだけでいいの?

いえいえ不十分です。

洗った後は乾かすことを忘れずに!

IMG_5007

洗ったあとはしっかりと乾かすことも重要です!

ボトルの中に水気が残ったままシャンプーやボディーソープを入れてしまうと、菌が繁殖して洗った意味がなくなります。

また、シャンプーやボディーソープそのものの劣化にもつながります。

乾く時間が待てないという人は、ボトルを2つ用意しておいて交互に使っていくと余裕をもって乾かすことができるのでオススメですよ!

 

詰め替えるものはボトルと同じ種類のものに!!

菌とは無関係ですが、ボトルと異なるメーカーや種類のものを入れてしまうと、種類によってとろみや粘り気が違うため、ポンプが詰まってしまうことがあります。

また、種類によって容量が異なるため、ボトルに入り切らないこともあります。

私も実際、入り切らなくなって溢れてしまった経験があります(笑)

もし、違う種類のシャンプーやボディーソープに替えるときは、ボトルごと買い替えましょう!!

 

 

普段、何気なく詰め替えていた行為が実は菌の繁殖を進めていたという事実を皆さんはどう感じましたか?

私も、これを知ったとき目を疑いました!

今までは、中身が少し残っていても上から継ぎ足していました(笑)

みなさん、これからは、ボトルの手入れを忘れずに行いましょう!!!