1日の疲れを癒す場所の1つである、お風呂。

私は、そんなお風呂で歌うことが大好きです。お風呂で歌うことの良さを広めたい私は、お風呂で歌うことを「バスオケ」、お風呂で歌いたい曲を「バスソング」と呼んでいます。

そんなお風呂で歌を歌うことで、身体にいいことが2つあることを知っていますか?

①睡眠の質が高まる

お風呂で歌うと、睡眠の質が高まるって本当?

入浴は、体のデトックスさせる効果があります。温かいお湯につかることで、筋肉を和らげ、血行をよくします。そして、体の中の老廃物を流していきます。また、喉や鼻の乾燥解消にも効果的です。

睡眠の質を高めるために重要なのは、緊張を和らげてリラックスすることです。38~40℃のぬるめのお湯に浸かって歌を歌うことは、心身のリラックスに効果的です。つまり、歌うことによって心の緊張が解け、お風呂効果で体をリラックスさせることができ、その結果、質の良い睡眠を得ることができるのです。

出典:NEVERまとめ

 

②ダイエットにつながる

お風呂で歌うと痩せるのか?

よくカラオケに行く人であればイメージできると思いますが、一曲歌うごとに消費カロリーが表示されていますよね?一曲大体10~15キロカロリーです。

数字だけ見ると、「10キロカロリーしか消費していないのか」と思うかもしれませんが、実は10キロカロリーはウォーキングで10分歩くのと同じくらいの消費カロリーなのです。お風呂は毎日の習慣です。

そのお風呂でただ入るだけではなく、歌をプラスすることで消費カロリーがぐっと高まります。何より、お風呂で体温があがっているのでカロリーが消費しやすい状態になっていることもお風呂で歌うことでより高いダイエット効果につながる理由ですね。消費カロリーが高い曲の例としては、コブクロの赤い糸は19キロカロリー、いきものがかりのありがとうは16キロカロリーとなっています。

出典:Cute Life

 

そんなお風呂の時間がもっと楽しくなる、おすすめの歌を3つご紹介しちゃいます!

一度聞くと、思わず口ずさんじゃうかも!?

 

 

(1)大切な人を思い出すかも!?「バスタブ」 aiko

eriasi

 

出典:ETC aiko部

 

一度耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか?

この曲は、

aikoさん曰く『電話でけんかして、「はぁ~っ」て落ち込んでお風呂入って、バスタブの中で考えて「あ、やっぱ謝ろう。」って思う曲ですね』と言っています。

出典:アメーバブログ

やさしいメロディーで、とても心が落ち着きます❤

女性が彼氏を傷つけたことを悩んでいるところがとても可愛らしいです。

収録シングル「えりあし」に入っています。

歌詞はコチラ

映像はコチラ

aikoの公式サイトはコチラ

 

(2)これであなたもバブルガールの仲間入り!?「バブルバスガール コニーちゃんバージョン」

20150817_1203262

 

出典:時計倉庫TOKIA

 

小さい頃に耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?私も小さい頃によく聞いていました。

この歌を聞くと小さい頃が懐かしいです。キャラクターのコニーちゃんがとっても可愛いですよね。

歌詞の中には、泡を使った手遊びも綴られているので、お子さんがいらっしゃる家庭では歌に合わせて一緒に遊ぶのはいかがでしょうか?

歌詞はコチラ

映像はコチラ

コニーちゃんの公式サイトはコチラ

 

(3)気分躍っちゃう!?「バスルーム」 JUDY AND MARY

141679

出典:Ranking Share

 

歌っている人は知らないけど、曲は耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか?

この曲は、とっても明るい曲で、聞いていると勝手に体が動いちゃいそうになります。

歌詞の中には、女性が彼氏に対する恋心を綴っているところがあるので、共感する方もいるのではないでしょうか?

歌詞はコチラ

映像はコチラ

JUDY AND MARYの公式サイトはコチラ

 

 

 

いかがでしたか?

歌を口ずさむだけでも、バスタイムがより楽しくなりますよ!

この他にもバスソングはたくさんあるので、自分だけのバスソングを探してみてはいかがでしょうか?