みなさんは普段どのようにドライヤーをしていますか?1-1

お風呂から出るとすぐにする人。

パジャマに着替えて少したってからする人。

また、暑くなってくるとそのままでも寒くないし早く寝たいからもういいや!!

と思い、夏場は自然乾燥派になってしまう人

いろいろなタイプの方がいますが、特に意識せずにドライヤーをしている人がほとんどなのではないでしょうか?

自然乾燥は髪の毛に良くない、と言われたりもしますが、なんとなくのドライヤーも実は危険なのです!

そこで今日は意外と知らない人が多い正しいドライヤーの使い方をご紹介します。

 

 

そもそもどうして自然乾燥はダメなの?

髪の毛が濡れている時は通常時よりもデリケートです。

そのままで寝てしまうと、枕やタオルで擦れ

キューティクルが傷ついてしまったり、

蒸れて雑菌が繁殖してしまい臭いや皮膚炎、

頭皮のかゆみや吹き出物の原因になったります。

せっかく、お風呂で髪の毛をケアしても、

きちんと髪の毛を乾かさないと逆効果です。

みなさんきちんと髪の毛を乾かさないと逆効果。絶対にやめましょう!

 

1-2

 

 

ただドライヤーをするだけではダメ!

自然乾燥はNG。

ではドライヤーでただ乾かせば良いか、というと、そうではありません。

びちょびちょに濡れている髪から乾かし始めると、

髪はドライヤーの熱風によりダメージを受けてしまいます。

熱風の当たる時間が長ければ長いほどパーマやカラーの持ちが悪くなったりします。

また、おふろから上がってすぐ乾かさない人も、自然乾燥と同じように

髪が濡れている状態が続き、蒸れてしまい、

同じように臭いや吹き出物の原因になります。

お風呂からあがるとできるだけ早く髪を乾かすことを心がけましょう。

 

 

それでは、正しい髪の乾かし方とは!

1、タオルドライをする
いきなりドライヤーで乾かすのではなく、タオルを使い十分に水分を吸い取ってからドライヤーをします。そうすることによりドライヤーの時間を短縮でき熱風によるダメージが軽減されます。
2、髪の毛は優しく扱う
タオルを使う時はゴシゴシふくのではなく、タオルで髪をはさみパンパンと叩くように水分をとります。ドライヤーをしている時も髪をバサバサせずに優しく乾かします。

3、熱風が気になるのであれば、冷風で
どうしてもドライヤーの熱風が気になる方、夏暑いと感じる方であれば熱風ではなく冷風の使用もオススメです。少し時間はかかってしまいますが冷風使用の場合は髪への影響も少なく消費電力を減らすこともできるので節約にもなります!

これらは、
美容のチカラ 美髪を作る正しい髪の乾かし方【自然乾燥?ドライヤー?】
・マイナビウーマン あなたの「こんな行動」5つが髪を傷めていた!「風呂上がりの髪を自然乾燥はNG」
を参考にしました。

 

今日からは正しいドライヤー習慣を!

頭皮の臭いや髪のパサつきが気になる方は

ついついシャンプーの種類や洗い方などに気にしがちですが、

実は、自然乾燥や長すぎるドライヤーといった

髪の乾かし方にも原因があったかもしれませんね。

毎日ドライヤーをする前にタオルドライをするという一工夫で

様々な地肌トラブル、髪トラブルが改善されるかもしれません!

正しい髪の乾かし方で健康的な頭皮、

より美しい髪を目指してみては!?