ようやく、8月下旬になりましたが、毎日暑い日が続きますね。もうクーラーがないと生きていけません。でも、クーラーに頼った生活を続けていると、「現代型夏バテ」になっているかもしれませんよ。

女性の2人に1人が「現代型夏バテ」!?

あるアンケートでは50%を超える女性が身体の不調を感じていると回答していました。みんながみんな「現代型夏バテ」とは限りませんが、最近、とっても増加傾向なんです。

出典:ウェルラボ

例年の猛暑により、クーラーの使用頻度が多くなったことが「現代型夏バテ」が増加している理由のようです。
また、男性に比べて女性は筋肉量が少ないため、体内で熱を作る力も弱いので冷えやすいのです。
それともう一つ、面白いデータがあります。それは、女性は「アイス」を食べる頻度が多いということ。
あるアンケート結果では、女性の3人に1人は週3回以上アイスを食べていて、33%を超えていました。でも、冷たいアイスを食べすぎると、内臓が冷えてしまい、食欲不振になってしまいます。

出典:ウェルラボ

 

夏バテ、解消法

出典:ザ・チェンジ

 

毎日、毎日、体がだるいとやる気も出ませんよね。少しでも早く、夏バテ解消のためにできることをしましょう。
夏バテ解消には
① しっかり食事し、栄養をとる ⇒ そもそも食欲がない
② しっかり睡眠をとる     ⇒ 暑くて眠れない
③ 適度な運度をする      ⇒ 暑くてやる気が出ない

代表的な3例です。が、分かっていても、実践できないものが多いですよね。
で、結局、やらずに夏バテ延長。。。負のスパイラルから抜け出す方法があります。

 

ぬるめのお湯でリラックス~

出典:眼精疲労BOX

夏場はシャワーだけで済ませがちですよね。でも、ぬるめのお湯で入浴することで、リラックスし、副交感神経を優位にさせることで睡眠の質を上げることができます。
38~40℃の温度なら、お風呂上がりにも暑くなりすぎませんので、安心です。
これで、「②しっかり睡眠をとる」はクリアです。

また、エアコンに頼りっぱなしの生活を続けていると、自分のチカラで体温調節をしなくなるので、自律神経の働きが低下するとも言われます。
眠れなかったのは暑さだけではなく、自律神経の低下も関係していたのかもしれません。
※自律神経とは、副交感神経と交換神経のこと

お風呂に入ると約800ml汗をかくと言います(41℃のお風呂に15分間入浴後30分間安静時)。ぬるま湯なのでそこまで量は多くないにしろ、軽い運度と同じ効果は期待できます。
ということで、「③適度な運動をする」もクリアです。
いかがでしたか?お風呂に入ると、食欲が増すということは難しいかもしれませんが、3つのうち2つがクリアできれば、だんだん夏バテも解消していくはずです。
女性に多いと言われる「現代型夏バテ」を解消するために、ぬるま湯に入ってみましょう!また予防するという意味でも、いいかもしれません。