ハリウッド映画を観ていると、
シャワーを浴びる

殺人鬼登場

(絶望)
という場面がよく出てくるように思うのですが、
気のせいでしょうか?
日本のホラーでも、お風呂に入っている時に何か来るのは鉄板の恐怖シーンですよね。

リラックスしている上に無防備かつ狭い空間で逃げ場もないお風呂場。
そんな時に襲撃されたらひとたまりもないのですが、、、

暑~い夏は、そんな恐怖映画の主人公になりきれるシャワーカーテンを使ってみてはいかがでしょうか?

 

「誰!!??」何も知らない人が見たら絶叫するカーテン

 

出典:インテリアハック

とてもリアルな人影が浮かび上がるカーテンです。

Is it a ghost, an alien or your next door neighbor lurking behind your shower curtain?
出典:Perpetual Kid

「幽霊か、エイリアンか、それともカーテンの陰で待ち伏せしている隣人か!?」
入る度に思わずドキッとさせられること間違いなしです。

さて、一体どんな人が隠れているんでしょう?
体格はそんなに大きくなさそうだから女性かな・・・
立派な手だからピアニストだったりして・・・
いやいや実は宇宙人かも・・・?
なんて、バスタブに浸かりながらこの人影の人物設定を妄想するのも楽しそうです。

リング付きで23.99ドル(約2,650円)ですが、残念ながら現在は在庫切れ。
入荷を待ちたい方はコチラ(※英語サイト)

 

ベイツ・モーテルの惨劇が蘇る…血の手形付きカーテン

出典:Gigazine

ヒッチコック監督の映画『サイコ』(1960年・アメリカ)の
有名なシャワーシーンの中にいるような気分が味わえるカーテンです。

映画を観たことがなくても、この画像の顔には見覚えがあるという人もいるのではないでしょうか?

出典:午前10時の映画祭

すさまじいシーンなので詳しい説明は控えたいと思います。

このカーテンを使う人はかなり悪趣味認定されそうですが、
映画好きにはたまらないかも??
ヒッチコック好きの人にプレゼントしてみてもいいかもしれません。

こちらは現在アマゾンで1,603円で売られていました。
サイコごっこがしたい方はこちら

 

今回は、ゾクッと涼が取れるシャワーカーテンを厳選してご紹介しました。

ちなみに、『サイコ』の血が出ている場面では意外にもチョコレートシロップが使われたそうです。

モノクロだからこそできるワザですね!

 

血まみれ風呂よりもチョコレート風呂に入ってみたいよ!という方はこちらの記事をチェック
【今日は何の日?】おふろの中でもあれを楽しんじゃいましょう!

なんだか背後が気になってきた方はこちらの記事をチェックしてお風呂に備えてくださいね。
【背後に気配が・・・】お風呂での恐怖回避策4選

 

 

最後に・・・
映画の中に限らず、現実でも誰かに侵入される可能性はあります
お風呂に入る前には必ず戸締まりを確認するようにしてくださいね!!