おふろ部

おふろ×アイデア

【3週間でマイナス○.○キロ⁉】Haruka流全身浴でどれだけ痩せられるか本気で検証してみた

byharuka

2017-08-19

 

夏って汗たくさんかくし、勝手に痩せるっしょ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

と思っているあなた?

そんなことありません。

結局努力しないと痩せないんです。

 

でもでも

私は楽に痩せたいのです。

極力運動はしたくないのです。

 

私も今まで沢山のダイエットを経てきました。

・キャベツダイエット(キャベツに飽きた)

・酵素サプリメントダイエット(効果あるけどリバウンドすさまじい、しっかり・体重戻った)

・ホットヨーグルトダイエット(ヨーグルトは冷たい方がうまい)

・ジム通い(高い金払ったのに結局通うの諦めた)

・スムージーダイエット(ミキサー洗うの面倒い)

 

しかしどれも本気になれない。

飽きる、面倒のダブルパンチに加え、食欲という三大欲求を制限された日にはもう( ^∀^)

結局どれも長続きしない。

 

 

しかし、今回はおふろ部の記事として【ダイエット大成功】と結果を残さなければならない。

すぐ諦めがちな私には丁度いいプレッシャーだ。やってやろうではないか。フハ

 

Haruka基本情報

年齢:20歳

身長:165cm

体重:57.3kg ( ^∀^)7月9日時点

 

「50kgいっちゃってる女子はヤヴァイ」とかほざいている男子。

これが現実だよ!!!!!

 

Haruka流 ダイエット方法

 

▼期間

3週間

 

短期間集中決戦。

長く期間を設定するとすぐ忘れる・諦める私には、3週間が丁度良い。

 

▼入浴方法

今回のダイエットの基本は半身浴…ではなく全身浴

私の勝手な想像で、全身浴の方が絶対あついし、汗かきそう!なんてったって肩まで全部浸かるんだからね(・∀・)/、というわけで全身浴を選んだのだ。

 

てことで38℃〜40℃のお風呂に20分以上浸かる。

出典:女性の美学

お風呂に浸かっている20分間は、スマホをジップロックに入れ、映画、ドラマを鬼見まくり。

案外時間はあっという間に過ぎていくもの。

 

▼水分補給+マッサージ

!!!

 

これは本当に重要。

お風呂前に1杯。全身浴中に2杯飲む。

水を飲んでからお風呂に浸かるのと浸からないのでは汗の量が断然違う。

体の奥底に溜まっていたモノたちが、ドクドク流れ出てくるような感覚を味わえるはず。

(無理して倒れないように…)

 

お風呂に浸かっているときは、モミモミマッサージ。二の腕、太もも、ふくらはぎ。

暑さから早く出たい気持ちと太い体に対する憎しみが、モミモミを加速させた。

 

▼食生活

お菓子を徹底的に排除。

バイトから帰ってきた夜10:30ごろ、私はお菓子、フルーツを爆食いしていた。

それをやめた。

 

食事はそれほど制限はかけなかったが、野菜を多く摂るように心がけた。

Haruka流で忘れちゃいけないこと

・水分補給忘れずに!

・お菓子はほどほどに!

・野菜ジュースでもいいから野菜を摂取☆

 

 

3週間のダイエットの結果

7/9      57.3kg

 

7/29    54.8kg

 

マイナス2.5キロ

 

3週間で!!!マイナス2.5kg!!!!!

 

ウワァーイ(OvO)(OvO)(OvO)

 

四捨五入すれば50kg

 

ウワァーイ(OvO)(OvO)(OvO)アゲアゲポジティブ

 

汗ダラダラ全身浴の効果を感じられた。

私の皮膚から溢れ出ていたのは汗ではなく、脂だったのかな?と思わせるような減量具合。

 

いつもは両足の太ももの肉達が歩く時にバシバシ当たるが、心なしかスッキリ。当たらない。

 

足取りも軽やかになった気がする。

気分も軽くアゲアゲになってきた。

 

☆☆全身浴の効果絶大☆☆イェイ

 

 

今回の検証は完全にHaruka流のため、やはり個人差はあると思います。倒れてからでは遅いので、無理をしない程度に全身浴して下さい。

 

みなさん、一緒に痩せましょう。決意しましょう。

今こうしている間にもあなたの腹回りには肉がぶくぶくとついてきていますよ。

足にはセルライトの塊ができてゴリゴリになっていきますよ。

Haruka流はお風呂に浸かるだけ、ただそれだけです。

私も頑張ります、みんなで痩せましょう。

 

リバウンドしないようにします。

また報告するかもしれないので、乞うご期待。

 

 

haruka

haruka

おふろでは必ずNetflixかHuluを見ながら、長風呂してしまうHarukaです。いろいろ難しいことを考えなくてすむおふろが大好き。

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー