夏真っ盛りですが、みなさん暑さを乗り越えられてますでしょうか?

暑い時こそ、浴槽に浸かって日頃の疲れを取り除いてくださいね。

 

これで私が書いてきた、外国人への取材も3つめになります!

これまでは中国とインドネシアと、割と近い距離にある国にスポットを当てていたので、今回はもう少し距離の離れた国の入浴方法を知りたいな~。と思っていたところ、ドイツの方にお話を訊くチャンスを得ることができました!

ヨーロッパなので、今までの国の入浴方法とはどう違うのでしょうか?

 

今回は、日本に、結婚後およそ4年間住んでいるドイツの方にお話を伺いました。

 

 

特徴のあるドイツの入浴法は何ですか??

 

私は、この取材をして初めて知ったのですが、ドイツは「サウナ」の長い伝統を持っているそうです。サウナでは、タオルのみを使用するところは日本と変わりませんが、通常男女関係なく一緒にサウナを利用するようです。

「サウナ村」と呼ばれる1つの施設には、さまざまな温度・湿度・庭園・プールなどの数々のサウナルームがあることも教えていただきました。

 

http://www.ryugaku-voice.com/seikatsu/manner/ger_an_onsen.html

出典:留学voice

また、ドイツは日本と並ぶ温泉大国であるようです。ドイツ南西部に位置するバーデン・バーデンという名前に聞き覚えはないでしょうか?

 

古代から温泉保養地として知られていたバーデン=バーデンですが、17世紀、戦争によって一時荒廃。しかし鉄道などの交通網や宿泊施設が整った19世紀になると、多くの観光客(特に王侯貴族や文化人)が集まり、高級温泉保養地として世界に名を広めたのだそうです。

ちなみにバーデンとは、温泉、温浴という意味。その名の通り、街の観光資源のメインは温浴施設ですが、他にも、かのマレーネ・ディートリッヒが「世界で最も美しいカジノ」と賞賛したバーデン=バーデン・カジノ、美しい『社交館』のあるクアハウス、ヨーロッパ第二位の規模を誇るオペラハウス、古城やローマ浴場跡、美術館など見どころがいっぱい。美しい自然にも囲まれた、あらゆる人が豊かな時間を過ごせる保養地となっています。

出典:METOS

 

日本と同じように温泉というものが身近にあることが分かります。

調べてみると、ドイツにはサウナを中心としたクアハウスの発祥でもあり、サウナが重宝されていることも分かりました。

 

 

 

温泉とサウナが融合したクア施設“クアハウス”

 

 

https://www.baden-baden.de/jp/tourist-information/%E8%A6%8B%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%8D/%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9

出典:BADEN BADEN

 

クアハウスの中には、お風呂やサウナだけでなく、マッサージや休憩室、レストランもあります。

お風呂といっても温水プールのようなかたちで、泳いでいる人もいるようです笑

この温水プールが、いわゆる、ヨーロッパ流温泉風呂なのでしょうか。

 

調べてみると、ドイツのクアハウスでは健康療法として、入浴よりもサウナ利用の方が、重きをおいているようです。

 

お風呂だけでなく健康増進もできる施設、行ってみたくなりませんか?

 

実は日本にもこの「クアハウス」があるんです!

数多くあるクアハウスのなかでも、私がいいなあ~と思った施設をいくつかご紹介します。

 

日本のクアハウス

ホテルリステル猪苗代 クアハウス &プール「C’s」

福島県にあるクアハウスです。

ゲームセンターやフィットネスクラブなどの施設があります。

この写真に惹かれてしまいました。

 

 

神戸クアハウス

日本で唯一、天然水と温泉で美と健康を追求した施設だそうです。

 

 

湯都ピア浜脇

クアハウスは意外にも日本各地にあり、健康にも良いという新たな発見がありました!

 

そこで私、一番近くにある神戸のクアハウスに行ってみようと思います~

後編にて体験してきたことを報告するのでお楽しみに!

 

ではまた!