みなさんこんにちはブーヤンです!

早速お風呂の熱めの湯とぬるめの湯の特徴について紹介したいとおもいます。

 

・熱めの湯の特徴

最初に熱めの湯の特徴を紹介します。

お風呂の画像

 

41~43℃の熱めのお風呂に入ると交感神経が刺激されるのでシャキッと活動的になります。朝、スッキリしたい時に効果的です。
●血圧が上がるので、高齢者や高血圧の方は控えましょう
●全身浴向き
●目覚め効果・腰痛緩和・胃酸過多解消・肩こり解消

あすけん

 

 熱めの湯の効果は交感神経が活発になるため汗が出やすくなります。また、体内にタンパク質が増加するため筋肉痛の原因である「乳酸」の発生を抑え、自己回復能力を高めます。 

余談ではありますが私はお風呂のお湯は熱めのお湯派です。他の家族はぬるめのお湯派なので家族がお風呂終えた後に熱湯を加えて、お風呂入ってます。また、最初に熱めの湯にしてお風呂入ると親に怒られます(汗)

・ぬるめの湯の特徴

次にぬるめの湯の特徴を紹介します。

 

 

・副交感神経が働きかけるためリラックス効果が得られる
・深い眠りにつけるので疲労回復にも効果的
・人の体温より少し高い38~40度なのでゆっくり身体を温めるには効果的

スキンケア大学

 

 

 

以上がぬるめの湯の特徴です。疲れを取りたい方やぐっすり眠りたい方にはぬるま湯がいいです

熱めの湯、ぬるめの湯以外にも芸人が体を張ることで知られている熱湯風呂があります。では熱湯風呂について紹介します。

 

 ・熱湯風呂に入ってみた感想

熱湯風呂といえば芸人のダチョウ倶楽部の上島さんや出川哲朗さんが思いつくでしょう。

熱湯風呂はリアクション芸の1つとして用いられています

自分が熱湯風呂に入ってみました。

感想としては熱湯風呂に入った部分が真っ赤っかになったり、入るとじっとしてられないので暴れるということが起きました。そして、尋常じゃないほど汗をかきました。

※よい子はまねしないでください

 

 

いかがでしたか?すっきりとした朝を迎えたい方は「熱めのお湯」、ぐっすり眠りたい方には「ぬるめのお湯」のように状況に応じて使い分けをするのはいかがでしょうか?

目的に応じて変えてもいいかもしれませんね!