こんにちは、NATSUKINGです!

昨日は急な夕立に遭い、

梅雨入りを感じる今日この頃です。

 

ところで、皆さんはリノベーションという

言葉をご存知でしょうか??

 

リノベーションとは、中古住宅に対して、

機能・価値の再生のための改修、

その家での暮らし全体に対処した、

包括的な改修を行うこと。

 

引用:リノベーション住宅推進委員会

 

近年、古民家や新聞社など様々な建物の

リノベーション施設が話題になっています。

元の建物の雰囲気を色濃く醸し、

歴史を感じられるところが人気のようです!

 

また、環境問題や地方創生などの

社会的課題に対して効果的な手段としても

世間の注目を集めています。

 

そこで、今回は銭湯をリノベーションして

建てられたカフェをご紹介したいと思います。

 

【京都嵐山にあるリノベカフェとは?】

街歩きスポットのご紹介

El desván secreto

京都嵐山と言えば、渡月橋や竹林の小径が

有名ですが、隠れた人気スポットも数知れず。

 

JR嵯峨嵐山駅から少し歩くと

暖簾のかかった一軒のカフェがあります。

 

そこが、『嵯峨野湯』です。

 

『嵯峨野湯』は大正12年に大衆の憩いの場

として建てられた、銭湯でした。

しかし、時代の変化により生活風土が変わり、

銭湯は2004年に幕を閉じました。

そして、昭和・大正時代の面影を残し、

カフェとして生まれ変わりました。

 

*Before

SAGANOYU

*After

winwin associa/inc.

暖簾が銭湯の空気感を演出していますね。

カフェに暖簾って、斬新で面白いですよね。

winwin associa/inc.

winwin associa/inc.

壁はタイル張りのところが多く、

浴室の面影が垣間見えます。

winwin associa/inc.

この電話は実際に使われていたのでしょうか。

レトロな家具は私たち世代の人にとって

反って新鮮に感じられます。

 

winwin associa/inc.

 

このタイルアートは銭湯だった頃から

ここで嵯峨野湯に集う人々を

出迎えていたのかと思うと

なんだか感慨深いものがあります。

 

*******************

 

このように、あちこちに銭湯を感じられる

インテリアの要素がちりばめられています。

 

時代の流れとともに形は変わっても、

大衆の憩いの場として、今も

地域コミュニティを育んでいるのは

とても素敵なことですね!

 

【実際に行ってみました。】

実を言うと、このカフェとは

2年ほど前に出会っていました。

ですが、その時は待ち時間が長く、

中に入ることができませんでした。

ということで、今回は現地調査を

名目にリベンジしてきました。

撮影:NATSUKING

入り口には『氷』の幟があり、

早くも夏の装いになっていました。

 

撮影:NATSUKING

私が注文したのは、『パンケーキ(アイスのせ)』。

生地に豆腐とおからが練りこまれていて、

弾力があり、風味豊かな味わいでした。

 

そして、母が注文したのは『山カレー』です。

山型に盛りつけられた五穀米は、

嵐山をイメージしているそうです。

中辛くらいの辛さで、

甘いカフェオレと相性抜群でした。

 

【カフェの後は、嵐山温泉を満喫しよう!】

『嵯峨野湯』でランチを楽しんだ後は、

『風風の湯』に行ってみてはいかがでしょう。

 

『風風の湯』とは、天然の嵐山温泉を

愉しめる日帰り温泉施設です。

風風の湯

 

泉質は弱アルカリ性の単純温泉で、

神経痛、筋肉痛等に効能があり、

美肌効果も期待できると言われています。

引用:風風の湯

 

風風の湯

JR嵯峨嵐山駅から徒歩20分の所にあり、

『嵯峨野湯』からも歩いて行けます。

 

『風風の湯』の入泉料は

大人(中学生以上)1000円〈土日祝:1200円〉、

子ども(3歳~小学生)600円、

乳幼児(2歳以下)300円です。

 

シャンプー、ボディーソープは備え付けてあり、

バスタオルはレンタル200円、

タオルは100円で購入できるようです。

手ぶらで行っても大丈夫なのは

嬉しいところですよね!

 

ぜひ、皆さんも行ってみてください!