こんばんは。

アラサーに片足を突っ込んでいる(あくまで両足は突っ込んでいないと主張している)れみぱんです。

「まだ大丈夫、まだセーフ」と信じ込もうとするものの、夕方になってくると正直否めない。

そう、ほうれい線の存在です。

今回は、そんなほうれい線の傾向と対策をご紹介したいと思います。

 

消せるシワ・消せないシワの見分け方

出典:アンチエイジングLife

ほうれい線の中でも、

消える見込みのあるものと、手遅れになってしまったものの

2種類あることをご存知でしたか?

 

その見分け方はとてもかんたん!!

湯船にゆっくり浸かるだけで分かってしまいます。

 

いつものように顔や頭、体を洗い、湯船には少し長めに浸かりましょう。

ポイントはシャワーで済ませるのではなく、湯船に浸かること。

そしてお風呂から上がる前に顔を軽くすすぎ、

浴室の鏡でほうれい線の部分をよく見てみてください。

 

このとき、ほうれい線が消えているという方は、

そのほうれい線が「乾燥が原因でできた初期段階のほうれい線」だということ。

お風呂の中で肌が一時的に水分を含み、乾燥による肌のシワが消えたので、

ほうれい線が見えなくなったのです。

(出典:ほうれい線対策塾

 

お風呂に浸かって消えるようなほうれい線なら、しっかり保湿していれば解決するということですね!

まだ間に合うシワを放置して手遅れになる前に、きちんと対策しましょう。

 

ほうれい線の原因は?

出典:目の下のたるみも解消!整形しないで若返る「たるみ改善プログラム」塾

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。

まずはほうれい線の原因を知りましょう。

 

『逆引きアンチエイジング辞典』などの著書で知られる顔筋コーディネーターのKatsuyoさんによると、

 

「老けて見える顔の要因である、ほうれい線やたるみの原因は『顔のコリ』にあります。顔には無数のコリがありそのコリを放置していると、顔に段差や影・凹凸ができてしまい、老けて見えてしまうのです。老け顔の原因というと、しわやたるみなど表面的に捉えがちですが、大元となるコリをほぐさなければ、印象を変えることは出来ないでしょう」

(出典:マイナビウーマン

 

肩や首のコリはよく聞きますし意識しやすいと思いますが、

顔のコリはなかなか意識することがないのではないでしょうか?

というか、顔コリの存在を始めて知りました。

 

そんな顔のコリをほぐしてほうれい線を消すためには、

直接働きかけるマッサージがおすすめです!

 

タダでできちゃう!口中マッサージの方法

 

マッサージは顔の表面をなでるように働きかける方法もありますが、

ここでご紹介したいのは口の中から作用する「口中マッサージ」!

指を口の中に入れて直接顔の筋肉をほぐしてしまうやり方です。

 

まずは動画をご覧ください。

(マッサージの方法は3分頃から)

 

 

道具も不要で、タダでできるのが良いところですね!

ただしネイルをしている人は、百均で売られているようなビニール手袋を着用しましょう。

 

実際にやってみた

出典:日経WOMAN Online

即効性アリと聞いて、私も試してみました。

 

頬の肉を指で挟むのはなんとも言えない不思議な感覚。。

そして、少し力を加えただけにもかかわらず、意外な痛さに驚きました。

 

1日3回やるのが良いということなので翌朝も歯磨きの時間にやってみると、

昨晩やった時よりも痛くないことで再び驚き。

もしかしたら、顔のコリがほぐれてきた証拠なのかも!?

 

さて、この口中マッサージをやってみていくつか気づいた注意点がありました。

出典:Moteco Beauty

①できるだけお風呂でやる

口の中に指を入れるのははなかなか抵抗がありますが、

お風呂の中なら指も清潔だし、唾液が付いてもすぐに流すことができます。

あとは、歯磨きをするタイミングもおすすめです。

 

②唇はしっかり保湿してから行う

口を普段よりも大きく開けるため、乾燥していると唇が切れてしまうリスクがあります。お風呂に入って水分量が上がっている時でなければ、しっかり保湿をしてから行いましょう。

 

毎日続けていれば予防になりそうなので、お風呂に入った時の習慣にしていきたいです!

 

 

 

いかがでしたか?

 

入浴剤の香りに包まれながらゆったりとアンチエイジング・・・

美容に良くないハズがないと思いませんか?

いつまでも若々しいお肌でいるために、今夜からお風呂で始めてみてくださいね!