おふろ部

みなさんは何で体を洗っていますか?固形石鹸orボディソープですよね?私は小さい頃は固形石鹸を使っていたような記憶があるのですが、最近はボディソープ派になりました。

こだわりがあって、ボディソープを使っているわけではなく、単純に泡立ちが速いからという理由だけです。(笑)

しかし、この2つにはそれぞれの特徴があるんです。ボディソープは固形石鹸を溶かして液体にしていると思っていた方はいませんか?実は成分から違うのです。

 

合成界面活性剤

出典:eco-le

ゴウセイカイメンカッセイザイ?聞いたことはあったとしても、どんな特徴なのか説明できる人は少ないですよね。合成界面活性剤は、ほとんどのボディソープに含まれている成分です。簡単に説明します。

 

合成界面活性剤

・石鹸に比べて洗浄力や脱脂力が高く皮膚刺激がやや高め

・皮膚バリアを形成する皮脂を取り過ぎ肌のかさつきをもたらす原因のひとつにも考えられる

・肌や髪に吸着し水分を外に放出する(内部乾燥=インナードライ)

・皮膚に残留した合成界面活性剤は、皮膚バリアを壊しながら皮下浸透しタンパク変性の心配も

・自然界での成分分解に時間を要するものや分解が出来ないものがある

出典:無添加石鹸 専門店

 

やはり、「合成」とついているので、人工的なイメージですね

肌が弱い人にはよくない要因ばかりです。

 

対して、固形石鹸の成分は・・・?

出典:Tiens

 

石けんの主成分は脂肪酸とアルカリからできています。原料はパームヤシやココヤシなど天然の植物を使用しています。

出典:花王

 

石鹸

・洗浄時には脂肪酸イオンが肌に吸着し保湿力を高める

・タンパク質変性(細胞破壊)の心配はなく、安全性は高く肌・髪・頭皮にも良好

・ほとんど自然分解され、そのサイクルも早い

・人にも環境にやさしい製品である

出典:無添加石鹸 専門店

 

やはり「天然」という言葉があるだけで、いいイメージです。

石鹸の方がいいことが多いですね。

 

どっちがオトク?

いい効果があると分かっていても、やはり値段が気になりますよね。高級なものはいいものに決まっていますし。

そこで、ボディソープから固形石鹸に変更した場合、どちらがお得なのか、経済性比較をやっている方のHPを見つけました!

 

一般的な家庭にあるアイテムを使っている場合と比べると、1万円以上安くなっています。

出典:ノマド的節約術

 

個人差はあると思いますが、年間で1万円以上の節約になったそうなので、誰が試しても石鹸を使った方が安くなるのでは?

これはぜひ試してみたい!!

 

総合評価

出典:洋服の選び方

 

① 肌荒れやアトピー体質の方は、固形石鹸(無添加)がオススメ

② 節約面を重視したい方は、固形石鹸がオススメ

③ すぐにでも泡立って欲しい方は、ボディソープがオススメ。笑

 

総合評価をするのであれば、2対1で固形石鹸の勝ちです!

ボディソープを使っていたみなさん、石鹸に興味が湧きませんか?私も次から石鹸にしてみようかなって思います。

中には合成界面活性剤が入っていない、ボディソープもあります(値段は高い)。また、固形石鹸でも値段が高いものはいくらでもあります。

購入するときは、成分や値段をしっかり確認してくださいね。

 

バンディ

バンディ

一人暮らしの独身時代、湯船に一切入らなかったバンディです。結婚を機に湯船に浸かり始めました。ただシャワーを浴びる「作業場」から「疲れをリセットする場」に変わりつつあります。今はお風呂ダイエットを実験中。笑

このライターの記事一覧

  • 前の記事を読む
  • 次の記事を読む

カテゴリー