みなさんこんにちは。

6月といえば梅雨ですよね。

梅雨といえば雨です!!

雨が降ると髪が広がってまとまらないことが多いのではないでしょうか?

私自身、髪にくせ毛が少しあるので雨になると毎回大変な思いをします!

そこで今回、梅雨に向かって湿気で広がる髪の原因と解決策を紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

湿気で髪が広がる原因

雨の日や雨上がりの時、湿気があるとなんで髪が広がるのはどうしてと疑問に思ったことはありませんか?

それにはちゃんとした理由があったんです。

ダメージヘアは外気の水分を必要以上に吸収してしまい、膨張することで髪の毛がくねくねとうねるのです。

出典:スキンケア大学

私自身、ダメージヘアと湿気の広がりが結びつかなかったので驚きました!

髪にダメージを与えないことが重要なんですね。

 

 

 

ダメージヘアになってしまう行為

ダメージヘアには誰もがなりたくないですよね。

傷んだ髪の修復は不可能ですが、これ以上ダメージヘアを悪化させない為にはやってはいけない行為を知っておく必要があります。

そこでダメージヘアになってしまう行為を紹介していきたいと思います。

 

・カラーリング

カラーリングは髪に大きなダメージを与えてしまいます。

特に、自宅で行うセルフカラーは美容院で染めるよりダメージヘアになってしまいます。

 

・ドライヤー(自然乾燥、オーバードライ)

ドライヤーの熱で髪を痛めてしまいますが、それ以上に自然乾燥の方がダメージヘアを進行させてしまうんです。

また、ドライヤーの乾かしすぎも髪には良くないので注意しましょう。

 

・摩擦

髪は摩擦にとても弱いです。

なので、タオルでごしごし拭いたり、乱暴なブラッシングなどの摩擦が起こる行為はなるべくやめましょう。

参考:Beauty Air

 

こんなにもダメージヘアを引き起こす行為があるなんて知りませんでした。

知らず知らずのうちにやってしまっている行為はありませんでしたか?

私はやっている行為がありショックでした・・・

 

 

 

解決策~3つのPOINT~

今回は、3つのPOINTで解決策を紹介していきたいと思います。

 

POINT1 シャンプーの後は洗い流さないトリートメント!

シャンプーの後何を使っていますか?

リンスやコンディショナー、トリートメントとシャンプーの後につけるものは主にこの3種類が挙げられると思います。

この3種類の中でもっとも湿気の広がりから髪を守ってくれるのは洗い流さないトリートメントなんです!!

洗い流さないトリートメントの油分は髪の毛1本1本を包み込み、乾燥した空気や湿気の高い空気を取り込みにくくし、保護してくれます。

また、洗い流さないトリートメントに配合された保湿成分が髪にうるおいを与えてくれるので、しっとりとまとまる髪に仕上げたい方にはおすすめのアイテムです。

出典:肌らぼ

トリートメントにそんな効果があったなんて知らなかったので驚きました

普段、私はシャンプーの後はコンディショナーなので、湿気が多い時期はトリートメントに変えてみようと思いました。

 

POINT2 ドライヤーの乾かし方が重要!

ドライヤーを毎日乾かすことはもちろんのこと乾かし方も重要なんです。

間違った方法で髪を乾かしてしまうと髪の広がりに繋がってしまうんです。

 

髪の正しい乾かし方

  1. 乾かす順番は、頭頂部から徐々に下へ
  2. 根元からしっかり乾かす
  3. ドライヤーの風は下から当てるのはNG
  4. 根元が乾いたらブローブラシなどでスタイリングをしながら乾かす
  5. 最後は冷風を髪全体に当てる

出典:女性の美学

普段、乾かし方を意識せずに髪を乾かしていたので、これからは正しい乾かし方を意識して乾かしたいと思いました。

 

POINT3 ブラッシングを忘れないで

湿気で広がる髪の解決策の中にブラッシングと聞いて疑問に思いますよね。

しかし、湿気で広がる髪にはブラッシングは大きな役割を果たしてくれるんです!

ブラッシングをすることで、かたよった水分を全体に行き渡らせます。

出典:Beauty answer 

髪の水分の必要以上の吸収は髪の広がりの原因であるため、水分の偏りを解消してくれるブラッシングは効果があると思いました。

 

 

 

みなさん、いかがでしたか?

髪が広がる原因・対策を知ることができたと思います。

その中で自分が思っている以上に無意識に髪にダメージを与えているかもと思った人もいるのではないでしょうか。

そんな人はぜひ簡単ですので3つのPOINTを実践してみてください(^^♪