夏も近づく八十八夜♪

そう!新茶の季節ですね!!

「緑茶=お風呂前にぜひ飲んでおきたい飲み物」という方程式は

おふろ部員にとっては常識レベル。

でも、実はもっとお茶を有効活用する方法があるのです。

今回は、そんなお茶とお風呂の素敵な関係について掘り下げてみます!

 

八十八夜っていつ?

出典:天竜区観光協会春野支部

 

八十八夜は、立春から88日目を指します。2017年の立春は2月4日ですから、八十八夜は5月2日になります。

(出典:知のソムリエ

 

ちょうど今頃が八十八夜の季節なのですが、この時期が新茶の最盛期なので

茶摘み歌にも歌われているというわけなのです。

 

また、八十八夜に摘まれたお茶は不老不死に効果あり

という言い伝えがあるのをご存知でしたか?

出典:毎日★キレイ

八十八夜に摘み取られるお茶は、古来より不老長寿の縁起物の新茶として珍重されています。

茶摘み最盛期である八十八夜、縁起を担ぐという意味合いと気候条件も含めてこの時期のお茶は極上です。

お茶の新芽には前年の秋からひと冬越えて蓄えられた成分があふれています。

(出典:お茶と八十八夜のお話

 

おいしくて栄養たっぷりの新茶、早く飲みたくなってきました♪♪

 

たかがお茶、されどお茶

出典:china.com

お茶の効能を改めて調べてみると、

「お茶さえ飲んでいればキレイで長生きできるのでは??」と思ってしまうくらい

素晴らしい効果がたくさんあることが分かりました。

 

ざっと見ただけでも・・・

・血中コレステロールの低下

・体脂肪低下作用

・がん予防

・抗酸化作用

・虫歯予防、抗菌作用

・抗インフルエンザ作用

・リラックス作用(α波出現)

・皮膚や粘膜の健康維持(コラーゲン形成)

などなど!!

 

(参考:伊藤園 お茶百科

 

ただでさえこんなに凄いお茶ですが、

お風呂の前に飲むとカテキンの吸収率がアップして、

さらなる効果が期待できるんですよ!

「知らなかった!!」という方はコチラの記事を今すぐチェック☆

世界一受けたい授業でも紹介! 入浴前に○○を飲むだけで 乾燥しらず すべもち肌へ♡

 

出がらしのお茶っ葉は入浴剤に!

出典:バスクリン

 

お風呂の前にお茶を飲んだら、そのお茶っ葉は捨てずに入浴剤に使いましょう!

 

緑茶風呂のおもな効果はこちら。

  • 肌を健康に守る
  • 肌荒れの予防
  • 角質をやわらかくする
  • リラックス効果
  • 水虫の改善
  • 冷え法の改善

(出典:疲労回復の生活

 

緑茶は入浴剤としても優秀なことが分かりました。

今まで捨てていたのがもったいない!

 

緑茶風呂、やってみました!

 

とはいえ、お茶っ葉をそのまま湯船に入れると配管が詰まってしまいますよね。(汗)

というわけで、私は台所の排水口用の水切り袋を使いました。

いらなくなったストッキングなどを使っても良いですね!

 

袋に出がらしのお茶っ葉を入れて、口をくくったら完成。

分量はお茶っ葉2さじ分ほどで良いそうです。

 

湯船に入れてしばらくすると、緑茶のあのリラックスできる香りが

ふわ~~~~~っと漂ってきます・・・!

もうこの時点で和む~。

出典:OZmall

と、ここでプチ事件発生

緑茶の成分を絞り出してやろうと袋を揉んでいたら穴が空きました。(笑)

幸い、小さい穴だったのでお茶っ葉もそんなに出てこなくて済みましたが、

一度投入したらなるべくいじらない方が良いですね・・・。

 

袋と、出てきてしまった茶葉をすくい取ってからお湯を抜いて緑茶風呂終了です。

 

◎感想

→ 今まで捨てていたはずのお茶っ葉でリラックスできる緑茶風呂はコスパ最高

 

 

いかがでしたか?

 

美容や健康への効果は正直1日ではよく分かりませんでしたが、

お金もほとんどかからないので

お茶の香りが好きな人にはぜひやってみてほしいです!

 

これからの新茶の季節、

お風呂の前の飲む緑茶×湯船の緑茶で、内側と外側からWでキレイになりましょう!