だんだん暖かくなってきましたね。春の陽気を感じられるようになってきた、、、と思いつつ、寒い日もまだあり温かさが恋しい季節のように感じます。

少し肌寒いころが丁度よいかと思い、都心の温泉施設を紹介したいと思います!

前から気になっていたみなとみらいにある『万葉倶楽部』。

少し高級そうな雰囲気を感じ、学生の身分で、、、と怖気づいていましたが、先月ついに行ってきました!

施設の完備に感激したので、それを伝えられたらと思います!

いざエントランスへ

中に入ると落ち着いた温かくまったりとした雰囲気が流れていて、少し大人になった気分に♪

万葉倶楽部は会員制になっていて、入館するためには会員にならないといけませんが、通常会員でしたら無料でなることができます。

 

中に入る際、フロントでバーコードのついた自分のロッカーキーが渡されます。

自分の荷物や貴重品は自分のロッカーに入れて、手ぶらで過ごすことができます。施設内で発生する食事代などのお金のやり取りは、このバーコードを使って行うので、お金を持ち歩くことありません。とても楽で過ごしやすいですね!

お金は退館する際にまとめて支払うというシステムになっています。ロッカーキーの管理はしっかり行いましょう!

 

さて、万葉倶楽部の人気はどういうところにあるのか。

泊まれる温泉施設だと思っていませんか?それもそうなのですが魅力はそれだけじゃない!

知らないなんてもったいない、他にも充実した娯楽施設がそろっていました!!

 

万葉庵

お食事処、万葉庵では和食から洋食など美味しいご飯を食べることができます。

かつ丼や海鮮丼、おそば、うどんなど定食を食べたい人は注文して食べることができます。

 

ご飯は注文だけでなく、お総菜などが量り売りされていてすぐに食べたい人や少しの量を食べたい人はそっちがオススメです!

おでんは何とも美味しそうでした。スイーツも少し高めですがケーキ、アイスと充実しています。

私が行ったときはショコラフェアのような、チョコが10種類ほど並んでいました。

もしかしたら、季節ごとにフェアが変わっていくのかもしれません。

 

娯楽処

また、マッサージやボディケアが受けられるエステルームはもちろん、ゲームセンターのようなお祭り広場、漫画がずらっと並ぶ読書処があります。

漫画好きの私にはとてもうれしい空間で、その場で座って読むことができます。

最近の漫画から昔の漫画まであるので家族で楽しめそう!

 

しかし、中でも一番魅力を感じたのは最上階にある展望足湯庭園です。

屋上に円を書くように温泉が川のように流れていて、冷たい外気に温かい足湯はとても気持ちよかったです。

夜には目の前にライトアップされた大きな観覧車とみなとみらいの夜景を一望できます。

 

(※屋根がないので晴れた日に行くことをおすすめします。)

タオルや、寒い場合に羽織れる茶羽織も用意されているので快適でした。

 

また女性の方限定ですが嬉しい選べる浴衣が9種類も用意されています。

好きなものを選んで浴衣で過ごすのも楽しいですね。女子会など気分も上がりそう!

浴衣に着替えるだけで温泉感がグッと増して、みなとみらいにいることを忘れてしまいます。

おすすめは浴衣に着替えて暗くなったころに足湯へ!!浴衣、夜景、足湯。インスタ映え間違いなしです!(笑)

 

万葉俱楽部といえば温泉ですが、これまで温泉以外の館内を紹介しました。

もちろんメインの温泉にも魅力はたくさん。こんなものまであるの!?実はおふろ部の記事で万葉倶楽部を取り上げようと思ったわけはそこにも・・・

 

次回!大浴場をレポートします!!