同じ年齢なのに見た目が全然違う人、年齢は上なのに若く見える人、うらやましい限りですよね。若い頃はそこまで見た目に差はでませんが、30代、40代、50代・・・と年齢を重ねるごとに、差が出てくるものです。

若さをキープしたい!って誰もが思うところですが、実際にどうすればいいの?

 

○○力 = 免疫力

出典:NOWNOW

免疫力ってよく聞きますが、病気になりにくい?ウイルスと戦ってくれる細胞?くらいのイメージですよね。

若々しさには関係なさそうですが、実は関係があるのです。

出典:Jupiter Glucan

美しくて若々しい人はこのサイクルがうまく回っているそうです。

このサイクルを回す、原動力になっているのが「免疫力」というワケです。

ちなみに、20代と50代を比べると、免疫力は2倍違います。何も対策をとっていなければ年齢と共に低下していくのが普通です。

 

若さをキープ=免疫力をキープすること!

年齢を重ねても美しい人は20代の高い免疫力をそのまま維持しているそうです。

自分の免疫力がどれくらいなのか気になりますよね?実際に免疫力を測る特別な検査もありますが、簡単に知る方法があります。

それは「体温」を測ることです。

体温が高ければ、免疫力は高く、体温が低ければ、免疫力は低い状態です。

出典:太陽笑顔fufufu

あなたの体温はどうでしたか?36.5~37.0℃が最も免疫力が高く、健康的な状態です。

現代人は低体温な人が増えています。体温が36.0℃以下だった人は免疫力が低下しているかも!

 

自分の平熱を知っていますか? 健康的な人の平熱は36.5~37.1度。実は今、36度以下という「低体温」の人が増えているとか。

出典:サワイ健康推進課

体温を上げるために。

低体温の原因は筋肉量の低下が9割を占めるそうです。

要するに運動不足ですね。。。

しかし、運動以外にも体温を上げる方法はあります!いくつか紹介します。

① 入浴

1日1回、お風呂に入って体温を1度上げます。朝でも夜でも自分の生活リズムに合わせて入浴しましょう。湯船に10分程度つかれば、大体体温が1度くらい上がります。大切なのは毎日続けることです。 最近はシャワーで済ませる人も多いようですが、必ず湯船につかりましょう。5分でも10分でもかまいません。

 

②スクワット

ふくらはぎや太もも、腰の筋肉を一度に鍛えることができるスクワットもおすすめです。下半身の脂肪が落ちるとともに、必要な筋肉がつくので、引き締まった下半身をつくりながら血行を改善できます。 入浴後に行えば、入浴と運動で体温を上げることにより、眠りやすくなるという効果もあります。

 

③ 白湯を飲む

朝は1日の中で最も体温が低い状態なので、冷たい水を飲むと体温が下がりすぎてしまいます。冷たい水ではなく白湯を飲みましょう。夜寝る前にも白湯を飲むことで体が温まります。

 

④ GABA(ギャバ)を多く含む食品を食べる

ストレスによる体温の低下を防ぐために、ストレスを緩和する成分「GABA」を多く含む食品を食べましょう。GABAはストレス緩和のほかにも成長ホルモンの分泌を促す効果もあるので、アンチエイジングの面からもおすすめです。玄米、かぼちゃ、じゃがいも、トマトなどに多く含まれます。

 

⑤ 腹巻き、カイロ、湯たんぽ

女性に限らず冷えは大敵です。これからの季節、特に体を冷やさない外側からの工夫もしましょう。女性がズボンの下にタイツを履くように、男性もズボン下用の下着を1枚増やすこともおすすめです。

出典:サワイ健康推進課

 

他にも体温を上げる方法はたくさんあります。私なら簡単で楽にできる「① 入浴」と「③ 白湯を飲む」から実践してみようかなって思います。

若さをキープする秘訣のひとつは免疫力にあります!体温が1度上がると免疫力は約5倍~6倍にアップするとも言われています。

入浴で基礎体温のアップを狙ってみましょう!

出典:CHAiNON