こんにちは!今回の記事は女性の方向けになってしまいますが…


あなたは生理中の温泉での入浴は控えますか?気にせず入りますか?
『温泉へ行く予定があるのに、生理中で入れないかも〜(泣)』『お風呂に浸からずシャワーだけで済まそうかな。』なんて経験はありませんか?

生理が被るといつものように楽しめず、本当にガッカリしますよね。今回は気になる温泉事情と注意点についてまとめました!


「入浴している際は水圧で血が出ない」というのは本当だった!

露天風呂

出典:マイナビウーマン

 

 

水圧の関係で湯船に経血が漏れるということはないそうです。それでも湯船から出た途端、水圧がなくなって洗い場が汚れてしまう可能性はあるので、その点だけ気をつけましょう。

生理中にお風呂はOK?入るときの注意点は?血は出ないの?

水圧ってスゴイ…少しだけ希望が見えた気がする…
でも湯船から出た時が怖い…!

 

温泉は公共の場


まず、頭に入れておくべきなのが温泉は多くの人が利用する“公共の場”であること。温泉によっては『生理中の入浴はお控えください』などといった張り紙がされているところもあります。自分は良くても周りの人がどう思うか?を考える必要がありますね。

 

実は生理中に温泉に入浴するのは身体に良くないこともある

 


温泉はリラックス効果や肩こりなどの身体における様々な治癒効果もあり、多くの人々に親しまれています。しかし、感染症体調の悪化に繋がってしまうこともあるみたいです。

温泉には不特定多数の人が入るため、雑菌もたくさん存在します。
生理中は子宮内膜が剥がれ落ちて起こるので、子宮や膣内の環境が普段とは劇的に変わっている状態です。
ですから、膣や子宮の抵抗力や免疫力が落ちているので感染症や病気にかかりやすくなります。

 

生理や妊娠は女性特有の問題ですが、温泉の中には強い成分が入っていたり、温度が高かったりして、少し刺激が強く、のぼせやすいものもあるみたいです。
また、生理中や妊娠中に長湯をすることはよくないため、無理をしないことが大切ですね。

さらに、生理中に起こる頭痛や腰痛、下腹部の痛みがない際にも、身体の免疫力が落ちていることは忘れてはいけませんね。

 


それでも温泉に入りたい!

出典:ママレピ.com

 

そんな時は市販の生理用品を利用しましょう。

例えば、タンポンです。
タンポンは筒状の吸収体を膣内に直接入れて使用します。
膣の中で経血を吸収してくれるため、短時間の使用であれば経血が外に漏れにくいのが特徴です。

 

タンポンを利用して入浴をする場合、取り出し用の紐が見えてしまうと周りの人を不快な気分にしてしまうかもしれません。エチケットとしてできるだけ周りの人の目につかないようにした方がいいかもしれませんね。

 

でもやっぱりリスクはある!

タンポンなどを装着して入浴する場合も、タンポンに雑菌がついてしまうと感染症のリスクを高めることになります。

生理中の温泉って大丈夫?【4つの方法で入浴を楽しもう!】

もしタンポンを付けて入浴した際は、入浴後にすぐ取り替える必要がありますね。

何があるか分かりません。他人事と考えず、必ずです!

 

エチケットとマナーを守って楽しい旅行を

やはり生理中の温泉の入浴は色々気にする事が多く、いつものように心置き無く入浴するのは難しいです。温泉に来たのだから入らなきゃ損!と考えがちですが、体調が悪くなってしまっては元も子もないですよね。

また、温泉は自分の家のお風呂とは違い、沢山の人が利用する公共の場です。生理中の温泉の入浴について賛否両論あるかと思いますが、やはり、周りの人のことを考えてできるだけ控えるのが望ましいですね。

 

生理だからって憂鬱にならないで。何か新しい発見があるかも?♡

温泉旅行を計画していて、生理が被ってしまった…!なんて時は、旅館やホテルの外をふらっと散策してみてください。温泉地なら足湯が沢山あるはずです♡足湯をするだけで身体がじんわり温まるのでとっても気持ちがいいですよ〜!
また、せっかく計画を立てて温泉旅行に来たのだから、温泉に入れなくても、美味しいお料理や、一緒に行く恋人、家族、友達とのいつもとは違った時間を思いっきり楽しめるといいですね♡