みなさんは最近、汗をかいていますか?冬は汗をかく機会が少ないですよね。久しぶりに汗をかこう!と思って運動すると、

「なかなか汗が出ない」

「ベタっとした汗が出た」

なんて経験はありませんか?その原因は汗腺の働きが悪くなっている可能性がありますよ。

 

いい汗?悪い汗?とは

汗をかくとき、汗腺は血管から塩分やミネラルなどが混ざった水分を汲み取り、体外に出す時に塩分やミネラルは血管に戻します。なので、99%は水分です。

これは汗腺機能が十分に働いている「いい汗」の話です。

出典:セルフドクターネット

次は普段、汗をかいていない人の「悪い汗」の話です。

普段から汗をかいていないと、汗腺の働きが弱くなっていて、塩分やミネラルを血管に戻すことができず、汗と一緒に出てしまいます。

なので、「悪い汗」はベタっとしょっぱい汗で、ニオイも気になります。

出典:セルフドクターネット

汗をかかない生活を続けていると、汗腺はすぐに退化してしまいます。

そして、「悪い汗」は不快なベタベタ感やニオイだけじゃなく、危険も潜んでいます。

汗に塩分がたくさん含まれているということは、汗をかくほど体内から塩分がなくなっていくということです。実は、血液の水分量は塩分の量で決められています。塩分が薄くなりすぎないよう、体がうまく調整しているからです。では、塩分量が少ないときに水を飲んだら?それ以上、塩分濃度が低くならないよう、どんどん尿や汗として外へ排出してしまいます。結果、脱水症状を起こしても水分が吸収されないという、非常に危険な状態になってしまうのです。

出典:その汗かきを改善せよ

普段、汗をかいていない人が、激しい運動で「悪い汗」を大量にかき、水分補給をすると脱水症状になってしまう可能性があるということです。

これから暖かくなり、運動することが増えてくると思います。それまでに、「悪い汗」を「いい汗」に改善しましょう!

 

お風呂で汗腺を目覚めさせよう!

眠っている汗腺を目覚めさせる入浴法を紹介します。世界一受けたい授業で取り上げられた内容です。

ひじから先と、ひざから下を42のお湯に10~15分つける。

出典:【世界一受けたい授業】もっと奥の知りたい情報をお届け

入浴方法は簡単ですね。なぜ手足の先が重要なの?というと、脳から遠い汗腺ほど、老化しやすいからなのです。

汗腺は脳から遠いほど老化しやすいので、老化しやすい所を集中的に目覚めさせます。

出典:世界一受けたい授業

たくさん汗をかくために、お風呂に入る前はコップ1杯の水を飲んで下さいね。

 

まとめ

いかがでしたか?「悪い汗」に心当たりがある方は、ぜひ、汗腺を目覚めさせる入浴法を実践して「いい汗」がかけるようになりましょう。また、「いい汗」をかけるようになったときには、自然と基礎代謝や免疫力もアップしています。

最近、同じ食生活なのに太ってきた方や、よく風邪を引いてしまう方は、基礎代謝や免疫力がダウンしているかもですよ。